【学名】 Thymus vulgaris (T.serpyllum、T.pulegioides)
【英名】 Thyme、common thyme、garden thyme
【和名】 (タチジャコウソウ)(イブキジャコウソウ)
【分類】 シソ科、常緑小低木
【原産地】 地中海沿岸〜北半球
【使用部位】 開花中の地上部
【成分】 精油(約1%):
 フェノール
 チモール:抗菌作用
        抗真菌作用
         駆虫作用(十二指腸虫、回虫)
 カルバクロール
モノテルペン炭化水素:
 テルピネン
アルコール類
タンニン
フラボノイド
サポニン
【利用】 調理用
【参考】 幾つかの種類がありますが、ふつうのタイムThymus vulgarisが
アロマテラピーで使用されます
【仲間】 「コモンタイム」(Thymus vulgaris)
「レモンタイム」(Thymus×citiodorus(Pers.)Schreb)
「ゴールデンレモンタイム」(Thymus×citiodorus‘Aureus’)
「ワイルドタイム」(Thymus)serpyllum
「キャラウェイタイム」(Thymus herba-barona)



タイムの効能・効果
去痰作用(百日咳・気管支炎)
精油は、かぜ・せき・咽喉痛を治す
精油は、肺のすばらしい殺菌消毒剤。呼吸器系のあらゆる感染症に役立つ。
精油は、泌尿器系の殺菌消毒剤。
精油は、利尿剤。
精油は、白血球の産生を刺激し、抵抗力を強化する。
精油は、循環を全体的に刺激し、低い血圧を高めます。疲労・抑鬱状態・無気力な人に有効。
精油は、病後、減退している食欲を刺激します。
精油は、脳を刺激し、記憶力を向上させ、心身両面にわたって活力を回復させる。
精油は、細菌の増殖を低下させ、3日間その培地が腐るのを防ぎました。
精油は、不眠症を沐浴で治す。
温浸出液は発汗作用がある。
ハーブティ:鼓腸を和らげ、消化器を鎮静する




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬