ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



知覚異常(感覚異常)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



知覚異常の漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 九味檳榔湯
  3. 桂枝湯
  4. 桂枝湯+麻黄湯
  5. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
    1. 四肢の感覚(知覚)異常:63歳男性。平素より健康にすぐれず、冷え症で、陰嚢ヘルニヤがあり、時々腹痛を訴えていたが、友人の葬式に参列して雨に濡れてから、左の脚に疼痛を覚えるようになった。それが日毎に増劇して夜も安眠出来なくなった。脈は沈小でやや弦、腹部は一体に筋肉が弾力を欠き、腹直筋が臍下で少し突っ張っている。脚は寒冷を覚え、いくら温めても冷たいという。私はこれに当帰四逆加呉茱萸生姜湯に更に附子0.5を加えて用いたが、急速には軽快せず。3週間目頃より安眠出来るようになり、2ヶ月後には平素の通り仕事も出来るようになったが、脚のシビレが完全にとれるには5ヶ月ほどかかった。《大塚敬節》



知覚異常
  • 刺激に対して異常に敏感になること。
  • アロディニアと痛覚過敏の総称。
アロディニア 本来なら痛みを伴わない軽い接触や温度刺激で痛みを感じること。
痛覚過敏 本来なら軽い痛みしか起きない程度の刺激で、強い痛みを感じること。
傷口で起きる痛覚過敏は、傷口から漏れ出たプロスタグランジンなどがキズのまわりにまで広がることで、痛覚神経の受容体が発痛物質を受けとりやすくなるなるためにおきる。そのため、触れるような軽い刺激でも痛覚神経は反応する。これは冷やすことで痛覚神経の感度を下げることができる。



知覚異常
=皮膚の感覚がおかしい。

感覚異常(感覚障害)。
  • ・痛感、温度感覚、触覚あるいは深部感覚などの感度に異常を生じた状態で、知覚神経およびその伝導路のいずれかに障害をきたしたもので、知覚過敏・知覚鈍麻および知覚消失などの状態がある。
    ・一般に触覚の異常をいうが、温度覚・痛覚などに分けて考える必要がある。
    (薬学大辞典p348)

(副作用で知覚異常)

「カプトプリル」「ダイクロトライド」「フルイトラン」「ベイスン」「ラシックス」「リピトール」「ルジオミール」






痛覚神経
痛覚神経は「Aδ線維」と「C線維」の2種類があります
  1. Aδ線維の伝える痛みの信号・・・
    • 鋭い痛み。時速100km。
  2. C線維の伝える痛みの信号・・・・
    • 鈍い痛み。時速1km。

  1. 痛覚は「Aδ線維」や「C線維」によって伝えられるが、
  2. 触覚は「Aβ線維」によって伝えられる。
何かのけがで脊髄でC線維が失われたとき、脊髄の中でAβ神経が伸びて、本来はC線維と接続していた経路に乗り換えてしまう。そうすると、触った刺激が脊髄で痛覚の信号に替わり、脳がそれを痛みとして感じてしまう。これが、脳や脊髄で起きる痛覚過敏のメカニズム。





アリが皮膚の上を歩き回っている様に感じる。
皮膚にアリがはうような感覚がある。

→「レストレスレッグズ症候群




血痺 (けつぴ)
=知覚鈍麻で痛を伴わないもの。




歯周病などで知覚過敏
歯周病などで歯肉が下がり、象牙層がむき出しになると、象牙細管という細い管から、刺激が歯の神経に伝わり、「歯がしみる」という症状が出てきます。


これが知覚過敏のことです



【原因】
  1. 間違った歯磨きの仕方(力の入れ過ぎ)
  2. 硬すぎる歯ブラシ
  3. 歯周病
  4. 加齢による歯ぐきのヤセ
  5. 歯ぎしり・虫歯
  6. 酸味飲料の多量摂取
  7. 唾液の減少







触覚の仕組み
2015年5月、理化学研究所の村上正宣チームリーダーが突きとめた。

ものにふれたという信号は皮膚から脊髄を経て大脳に届く。

(従来の見方)
  • 大脳に届いた皮膚からの信号は感覚を担う部位に入り、そこから運動を担う部位に向けて一方通行に流れると思われていた。
  • 村上氏は、いったん信号を受け取った運動を担う部位から感覚を担う部位へと逆方向に信号が伝わる「反響回路」があることを突きとめた。
  • 反響回路の働きを抑えたマウスは、床のザラザラとツルツルの材質の違いを見分けられなくなる。
  • 2016年には、反響回路が働くと睡眠不足でも記憶の定着が進むことも突きとめた。
  • 通常、触覚の記憶が定着するには、睡眠よりも反響回路が重要なことが分かった。





関連情報 異痛症
ギランバレー
閉塞性動脈硬化症
男性更年期障害
しびれ
感覚異常性大腿神経痛
ムズムズする
ヒ素中毒







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査