情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





チック






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






不随意運動
アテトーゼ
歩行障害
眼瞼ケイレン
ジスキネジア
運動障害





チック
チックとは?
  • 神経精神疾患の1つ
  • 音声や行動の異常症状を主体とする。

チックによく見られる動作
  • 目の動作
    1. まばたきが多い。
    2. くるくる回す
    3. 左右に寄せる
  • 鼻の動作
    1. くんくん鳴らす。
    2. よく鼻をすする
  • 口の動作
    1. 口を曲げる・とんがらす。
    2. 咳払いが多い
    3. ウー、ハッなど大声を出す。
    4. 思わず汚い言葉を使う。
    5. 指をしゃぶる
  • 首の動作
    • 首をよく振る
  • 腕の動作
    • しきりに動かす

全身チック
  1. 小児期に始まる遺伝性多発性チック疾患
  2. 人前でも汚い言葉を使うcoprolaliaが特徴
  3. Gilles de la Touretts症候群トゥレット症候群





トゥレット症候群
  • 重度のチック症

  • ・・・ヒスタミンの生産量低下が一因?
  • エール大学の神経遺伝学のチームは、父親とその子供8人の全員がトゥレット症候群の家族を調べた。この家族は脳でのヒスタミンの生産に関与している遺伝子が通常よりも短く、生産量も少なかった。


  • 研究チームはヒスタミン濃度が低いためにチックが生じると考えている。
  • この家族とヒスタミン欠乏マウスに類似点が見つかった。

  • トゥレット症候群患者の多くが「プレパルス抑制」が弱く、平均的な人よりも驚いたり取り乱したりしやすい。

  • 2011年の米国生物学的精神医学会でエール大学のピッテンジャーはトゥレット症候群の家族とヒスタミン遺伝子欠損マウスのどちらもプレパルス抑制が弱く、チックを起こしたと報告。
  • 別の実験では、ヒスタミン増加薬によってマウスのチック様行動が減ることが分かった。

  • ヒスタミン 
    1. アレルギー反応の一因となる。
    2. 夜には眠れなくする働きがある。
    3. トゥレット症候群に関連する脳領域を含め、脳の全域に存在する神経伝達物質でもある。

  • 向精神薬はドーパミンを遮断することによってチックを和らげる。
  • ドーパミン濃度が下がるとヒスタミン 濃度が下がる。
  • ヒスタミン は脳の全域の存在する神経伝達物質でもある











チックは・・・
本来は自分の意思で動かす筋肉が勝手に動く状態
  • 本来は自分の意思で動かす筋肉が、
    1. まばたきをしたり、
    2. 口を歪めたり、
    3. クンクンのどを鳴らしたり、
    4. うなずき運動
    5. 拍手をしたり、
    6. あたまを振る
    などのように、勝手に動く状態。
  • 1つひとつなら単なるくせとして見過ごせそうだが、同時期的に複数の仕草を繰り返すことで目立ち、外見的には落ち着きのない子に見える。

錐体外路系統の疾患とされている。
  • 「5歳の頃から、
    1. 目をパチパチさせる、
    2. “ウーウー”など大きな声を出す
    3. ピョンピョンはねる
    などチック症状が続いています。小児科で精神安定剤をもらっていますが、あまり良いように思えません。私には、まるでノイローゼに罹ったように、イライラしています。どんなふうに相手をしてやればいいのか、教えて下さい。

チックはなぜ起こるのですか?
  • 「チックは子供のノイローゼの現れ、ストレスへの注意信号と考える人が多いのです。脳や神経に何らかの障害があるのが原因と言う人もいます。しかし、私の経験からはそうしたものは少数です。チックの子と家族、特に母親にはかなり性格上の共通点があります。
    それは、子供が完全主義、つまり何でもちゃんと出来ないと気が済まない、そして子供と同じように母親も完全主義で似ていることが多いようです。」

父親の存在は?
  • 「夫婦が気持ちを合わせて子育てしている家庭に、チックはほとんどありません。多くの家庭では、父親に比べると、はるかに母親の方が接触が多く、子供の対する許容度が少なくなりがちです。母親は子供への責任を1人で負ってしまうのです。」

母親の態度から?
  • 「親は自分が子供の時の状況と我が子の状況とを、知らず知らずのうちに比べています。子供をわがままとか勉強嫌いとか見ている場合も、“自分はこんなにわがままじゃなかった。勉強もした”と、自分との比較の中で、自分の価値観を押しつけることが多いのです。それが子供の心に負担をかけ、チックを起こす元になります。」

チックを治すには?   
  • 「軽い症状では、大きくなれば自然に治ります。しかし、このケースでは、お母さんが精神的な治療を受けるべきでしょう。お子さんが薬をもらっているだけのようですね。具体的には、子供に詳しい精神科の病院へ行くことをお勧めします。精神科がつらければ、児童相談所でも良いでしょう。」

母親に治療が必要とは意外な気もしますが?
  • 「もちろん、子供への治療は必要で、神経質にならないようにいろいろと指導いたします。でも、私たち子供の精神科医は、特別な病気は別として、子供の患者が来たら、少なくとも母親も治療の対象ではないか、と考えることにしています。こんな言い方だと母親を悪者にするみたいですが、治療する医師は母親の苦しさを共感し、“お母さん大変ですね”という思いで迎えるようにしています。」

治療効果?
  • 「母親の生きる姿勢が変わることによって、子供のチックも治っていきます。
    医師との対話の中で、自分の本質がよく見えてくると、ものの感じ方に変化が生まれます。“この子をかわいがっていたのに、実際はどうだっただろう。そこかに憎しみが無かっただろうか”と、いろいろな思いが正直に出るので、それを医師が支えながら良い方向を探ればいいでしょう」
  • (平田一成・神奈川県立こども医療センター部長)




チックに要注意の医薬品





【色彩療法】 <1>すみれ色
<2>赤紫色
<3>オレンジ色
【宝石療法】 [マラカイト][真珠]
針灸のツボ 「身柱」「行間」





チックの漢方薬
  1. 甘麦大棗湯
  2. 当帰芍薬散
  3. 抑肝散加陳皮半夏湯




チェック
不随意運動
アテトーゼ
歩行障害
眼瞼ケイレン
ジスキネジア
運動障害









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬