なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス
チトクローム
チトクロームP450

チェック


チトクロームC
■タンパク質を注入
  • 「2009年、東京大学の片岡一則教授とヤン・イー特任助教らは、細胞中にタンパク質を入れる新しい技術を開発した。
    成果は3/18のドイツ化学会誌(電子版)で発表。
    開発した技術では、タンパク質をポリエチレングリコールを主成分とする直径100ナノbのカプセル(高分子ナノミセル)に封入する。細胞の中に入ると、水素イオン濃度が変わってカプセルが壊れる。
    実験では、緑色蛍光色素をつけたタンパク質「チトクロームC」を封入したカプセルを開発し、培養した人間の肝ガンの細胞に入れた。24時間以内にガン細胞内に侵入し、チトクロムCが飛び出した。
    チトクロムCには細胞の呼吸を阻害する作用があり、研究グループは現在、チトクロームCによってガン細胞内でアポトーシスが進む様子を確認している



CYP(薬物代謝酵素)の阻害・誘導と作用の発現
未変化体+代謝物
未変化体が薬効を発揮し、代謝物は排泄される
未変化体+(代謝物)
代謝が抑制され、未変化物が増加し、作用が増強される
(未変化体)+代謝物
代謝が促進されて代謝物が増加し、作用が弱まる


CYP2D6
  • 『チトクロームP450』という薬物代謝酵素を作り出す遺伝子。
    この酵素を作る遺伝子には複数の種類があるが、特に<CYP2D6>と呼ぶ遺伝子に着目した。
    CYP2D6は肝臓でチトクロームP450を作る働きをしている。
    できた酵素は不整脈の治療薬やウツ薬を分解するため、これらの薬の効き目や副作用と深く関わっている。
    SRLの社員から162人のボランティアを募り、採血してCYP2D6の塩基配列を調べた。CYP2D6には、人によって塩基の配列がわずかに異なる多型がすでに約40種類知られているが、調査の結果、このうち4種類の多型がボランティアから見つかった。
    欧米人には一般に見られる多型とは種類が異なっているという。
    多型の種類によって薬物代謝酵素の働きにも違いが出るとみて、薬物を分解する作用を比較した。ボランティアのうち35人の同意を得て副作用のない風邪薬を飲んでもらい、血中の濃度の時間変化を調べた。その結果、分解能力の弱い酵素を作る多型の人ほど濃度が高くなるなど、一定の規則性を確認できた。
    薬を飲む前に患者の遺伝子を調べ、今回特定した多型のどれに当てはまるかを見れば、薬の効き目の目安になり、飲み薬の種類や量を最適に選ぶことが出来る
チトクロムP4501A
  • 「動植物の体内に有害物質が入ると細胞内の酵素「チトクロム」が活性化する。
    チトクロムは約600種類が存在し、有害物質によって活性化するものが異なる。
    ガンを誘発するとされるのが、「チトクロムP4501A」

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴






トップページ栄養病気老化予防病院ランキング血液検査副作用SEX会員サービス