ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



TNF(腫瘍壊死因子)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



関連情報 アトピー」「シソ」「ホウレンソウ」「ローズマリー」「バラ」「タマネギ」「キャベツ」「サリドマイド





TNF 腫瘍壊死因子

ガン細胞を破壊するタンパク質を作る働きを強める作用がある

インターフェロンの抗ガン剤と同等の効力
(帝京大薬学部・山崎政利教授




過剰に作られると、炎症性の細胞を活性化するばかりでなく、血管の内皮細胞や上皮細胞を傷害します

IgE抗体が過剰に産生され、肥満細胞に接着すると、この悪さに拍車がかかり、さらに肥満細胞や表皮内にあるケラチノイド細胞などでも多量にTNFが作られるという悪循環に陥るのです。
従って、過剰に産生されるTNFを抑制することが、アトピー性皮膚炎に対する1つの対処の仕方ということになります。
実際、[シソ][ローズマリー][ヨモギ]などいろいろの植物から抗アレルギー、抗炎症を示す物質が見つかっています。
そのなかでもシソは、非常に効率よくTNFの産生を抑制することが分かりました。
人工的に炎症を起こしたネズミにシソジュースをを飲ませ、普通の水を飲ませたネズミと比べたところ、TNFの量は半分以下となりました。ちなみに強力なステロイド剤を投与されたネズミではTNFの産生を100%抑えることが出来ましたが、植物由来物質のマイルドな抑制効果は、長期間の服用を可能にするなどの利点があります。
又、ネズミの耳に浮腫を作ったり、ひっかく回数で比較してみてもシソの有効性は明らかでした。
さらに近年の研究から、シソに含まれるフラボノイドの1つ「テリオン」にTNFの産生を抑制する効果が強く、抗炎症、抗アレルギー効果も高いことが分かっています。」
(山崎正利・帝京大学薬学部薬品化学教授) 毎日ライフ1998.8.p91








(TNF複合体)
2010年、医薬基盤研究所などは、関節リウマチや潰瘍性大腸炎などに関係する生理活性物質の腫瘍壊死因子(TNF)が、受容体と結合してつくる複合体の立体構造を解明した。
成果はサイエンス・シグナリングに掲載。
TNFは、体内でTNFR1とTNFR2という2つの受容体と結合する。
R1とくっつくと、炎症を増大させ、R2とくっつくと感染を防ぐように働く。
基盤研の角田慎一プロジェクトリーダーと大阪大学、熊本大学などのチームは、SPring-8を使って、TNFとR2との複合体をX線を使って解析し、立体構造を突き止めた。TNFとR1の複合体構造はすでに明になっており、2つを比較すれば、結合の仕方の違いが分かるという。
現在の抗TNF薬は2種類ある受容体の双方との結合をジャマしているため、炎症を抑えると同時に、感染症も起こりやすくなる。





・キャベツ
タマネギ
ホウレンソウ
に含有・・・
  • ホウレンソウには、TNFの働きを10倍活性化する物質が含まれている











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬