情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





トフラニール






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






抗うつ薬



三環性抗ウツ薬
一般名 塩酸イミプラミン


「イミドール」「クリミチン」「トフラニール



◎脳に直接作用して、感情の調節と高揚作用を示します。それによって、理由のないゆううつ感や気分が沈むのを改善します。
◎脳内神経終末へのNA及び5-HTの取り込みを阻害します。


・用

遺尿症
うつ状態
うつ病





三環系抗うつ薬過敏症
心筋梗塞の回復初期。
緑内障




投与

が必要
眼内圧亢進
ケイレン性疾患
狭心症
甲状腺機能亢進症
高齢者
小児
心筋梗塞
心不全
精神分裂病素因がある者。
躁鬱病
脳器質障害
排尿困難の者。
不整脈



◎以下の薬との併用で作用が増強する:
アドレナリン作動薬
アルコール摂取
MAO阻害薬
黄体ホルモン製剤
キニジン
抗コリン作動薬
抗不安薬
シメチジン
全身麻酔薬
中枢神経抑制薬
フェノチアジン系精神神経薬
メチルフェニデート
卵胞ホルモン製剤
◎肝酵素誘導作用をもつ薬品との併用で作用が減弱する。
◎以下の薬との併用で過度の低血糖を引き起こす可能性がある。
インスリン製剤
スルホニル尿素系糖尿病薬
◎降圧薬の作用が減弱する。
◎ケイレン閾値を低下させるための電気ショック療法時には十分な注意が必要。





○治療有効濃度範囲・・・100〜350µg/ml
○中毒症状
[アカシジアなどの錐体外路症状]
[心身症(心電図異常・起立性低血圧)]
[抗コリン様症状]




妊婦へ
の影響
投与しないことが望ましい
授乳を避ける






副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群
  2. 運動失調
  3. 嘔吐
  4. 悪心
  5. 肝障害
  6. 眼内圧亢進
  7. 血圧上昇
  8. 血圧低下
  9. 下痢
  10. 幻覚
  11. 倦怠感
  12. 構音障害
  13. 口渇
  14. 口唇部の不随運動(長期投与で)
  15. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
  16. 焦燥感
  17. 視調節障害
  18. 食欲不振
  19. ジンマシン
  20. 心筋梗塞
  21. 心発作
  22. 心ブロック
  23. 頭痛
  24. 精神錯乱
  25. 譫妄
  26. 知覚異常(四肢の)
  27. 乳房肥大
  28. 腸管マヒから麻痺性イレウスに移行
  29. 動悸
  30. 乳汁漏出
  31. ねむけ
  32. パーキンソン症状
  33. 排尿困難
  34. 発汗
  35. 白血球減少
  36. 頻脈
  37. 不安
  38. 不整脈
  39. 不眠
  40. 浮腫(顔・舌)
  41. ふらつき
  42. 便秘
  43. 発疹
  44. 味覚異常
  45. 耳鳴り
  46. 無顆粒球症
  47. めまい






平成18年9/1〜12/31厚生労働省
  1. 抱合ビリルビン増加1
  2. 血中ビリルビン増加1
  3. 血圧低下1
  4. 妄想1
  5. 抑うつ気分1
  6. 薬物過敏症1
  7. てんかん1
  8. γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加1
  9. 肝機能異常1
  10. 高カリウム血症1
  11. 自殺念慮1
  12. 振戦1
  13. 血中アルカリホスファターゼ増加

平成20年4/1〜9/31厚生労働省副作用情報
  1. 意識変容状態
  2. 血圧低下
  3. 血圧上昇
  4. 痙攣
  5. コントロール不良の糖尿病
  6. 下痢
  7. 薬物相互作用
  8. 心電図DRS群延長
  9. 心拍数増加
  10. 高血糖
  11. 多汗症
  12. 副甲状腺機能亢進症
  13. 異常高熱
  14. 肝障害
  15. 筋痙縮
  16. ミオクローヌス
  17. セロトニン症候群
  18. 自殺企図
  19. 頻脈
  20. 心室性頻脈
  21. 腎機能障害



安全性情報222号 イミドール糖衣錠(10),同糖衣錠(25)(三菱ウェルファーマ),トフラニール錠10mg,同錠25mg(ノバルティスファーマ)
アナフラニール錠10mg,同錠25mg(アルフレッサファーマ)
[重要な基本的注意] うつ病の患者では,自殺企図の危険が伴うため,注意すること。また,自殺目的での過量服用を防ぐため,自殺傾向が認められる患者に処方する場合には,1回分の処方日数を最小限にとどめること
投与量の急激な減少ないし投与の中止により,嘔気,頭痛,倦怠感,易刺激性,情動不安,睡眠障害,筋攣縮等の離脱症状があらわれることがある。投与を中止する場合には,徐々に減量するなど慎重に行うこと。









TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬