ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




督経(GV)


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





経穴名 適応する症状・病名



GV-1
(チョウキョウ)
痔核、痔瘻、脱肛、直腸炎、
テンカン発作、精神病の発作。

寧神鎮痙・通便消痔の作用がある

直腸の誤刺に注意


○尾骨下端と肛門の間。
○知覚神経(陰部神経)
○外肛門括約筋




●督脈の絡穴
斜刺0.5~1寸



GV-2
(ヨウユ)
腰痛一切。腰部の冷感、
痔疾、膀胱麻痺
月経不順、半身不随下肢マ
○仙骨裂孔の中央陥凹部(仙骨管裂孔中央)に取る。
○知覚神経(仙骨神経後枝)
○腰背筋膜
斜刺0.5~1寸




GV-3
(コシノヨウカン)
頭痛、腰痛、臍痛、膀胱疾患、下肢不随、月経不順、遺精、陽痿、腸炎

任脈の「関元CV-4」が元気の関所に対して、これは陽気の関所である。
○第4・5腰椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(腰神経後枝)
○棘間筋
(取穴)
第4腰椎棘突起の下にとる。
両腸骨稜の最高点を結んだ手兵線(ヤコビー線)が、後正中線と交わるところは第4腰椎棘突起が、第3、4腰椎棘突起の間にあたる。

直刺0.5~1寸



GV-4
(メイモン)(Life Gate)(Ming Men)
腰痛、腰椎カリエス、
下肢麻痺、下痢、腹膜炎

淋疾、性欲減退

遺尿陽痿、異性、白帯(多い)、
子宮内膜炎、頭痛、耳鳴

副腎ホルモンの調節
養生/強壮作用
命門は命の門である。門は入り口。
危急の場合にこの穴を用いて効がある。

○命門というのは副腎のことで、難経などに右を命門といい左を腎というのは間違い(沢田流針灸神髄)


○第2・3腰椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(腰神経後枝)
○棘間筋


命門は腎兪(BL-23)と同じ高さにある。
腎経の内分枝がここで合流する。

澤田流の命門
一般の命門が督脈に属し
14椎下にある。
沢田流では、14椎の棘状突起の両側5分のところ。腎兪の上5分、脊柱を開く5分のところ。腎兪の第1行の穴。子供には多くこの命門へ灸する。
直刺0.5~1寸

脊椎と器官の位置



GV-5
(ケンスウ)
腰背痛、消化不良、腸炎、下痢

○第1・2腰椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(腰神経後枝
○棘間筋

直刺0.5~1寸



GV-6
(セキチュウ)
テンカン、黄疸、下痢、小児脱肛、痔

○第11・12胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋

斜刺0.5~1寸



GV-7
(チュウスウ)
腰背痛、胃痛、食欲不振、視力減退

視神経の調節作用
斜刺0.5~1寸



GV-8
(キンシュク)
運動神経麻痺(弛緩性麻痺)、
中風、小児麻痺、テンカン、
ヒステリー、顔面麻痺、
不眠症、神経衰弱、胸膜炎

○第9・10胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋

斜刺0.5~1寸



GV-9
(シヨウ)
頭痛、ヒステリー、
胃病、肋膜炎、肋間神経痛、
肺門リンパ腺炎、気管支炎、
四肢倦怠。

「至」とはこれ以上進めない地点に来るという意味。
本穴は横隔膜の水平位置にあたり、上焦と中焦の境で、上焦は陽に属し、ここまでは陽が至るという意味。

○第7・8胸椎棘突起間。
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋
(取穴)
第7胸椎棘突起の下にとる。
両肩胛骨の下角を水平線で結び、後正中線と交わるところは第7胸椎棘突起の高さにあり、その下に至陽をとる

斜刺0.5~1寸



GV-10
(レイダイ)
哮喘、気管支炎、腿背痛、胃痛

○第6・7胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋


斜刺0.5~1寸



GV-11
(シンドウ)
神経衰弱の主治穴。
中風、肋間神経痛、心臓神経症。

○第5・6胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋
(取穴)
第5胸椎棘突起の下にとる。
斜刺0.5~1寸



GV-12
(シンチュウ)
中枢神経の病気・呼吸器疾患・小児疾患に特効。
脳神経を調節する急所。


子どもの病気はチリケ(身柱)で治る。これが大腸へ引きつっているので、腸のゆるむのなども、これで治る。疳病、驚風、虫気なども身柱1穴で治ります(沢田流)
小児の養生保健穴

○第3・4胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋

(取穴)
第3胸椎棘突起の下にとる

(沢田流)
身柱(ちりげ)を
斜刺0.5~1寸



GV-13
(トウドウ)
風邪・感冒の特効穴。
頭痛、めまい

解熱/降圧作用

○第1・2胸椎棘突起間。(※1)
○知覚神経(胸神経後枝)
○棘間筋

斜刺0.5~1寸



GV-14
(ダイツイ)(Great Hammer)(Da Zhui)
頸項部強直、頭痛、
脳溢血、脳膜炎、精神病、
衂血、咽喉痛、マラリア熱。


陽経から外感病邪を去る。
体の表を癒やす
血をめぐらせる
神を落ち着かせる。
解熱/強壮作用

○第7頸椎、第1胸椎棘突起間。(※1) C7を現代は隆椎、古代では大椎という。
○知覚神経(頸神経後枝)
○棘間筋 項靱帯


六腑に放射状に交会するのでスパイダー(蜘蛛)とも呼ばれる。
“三陽と督脉の会”《甲乙経》で、すべての陽の経絡が会する。
  1. 足の太陽膀胱経
  2. 手の太陽小腸経
  3. 足の少陽胆経
  4. 手の少陽三焦経
  5. 足の陽明胃経
  6. 手の陽明大腸経

第7頚椎棘突起の下にとる。
頭部を前屈させ、母指を頚椎棘突起にそって下方に押し下げ、止まる最も隆起している部位(C7突起)が確認できれば、大椎は容易に取穴できる。
頭部を左右に回転させると、頚椎は動くが、胸椎は動かない。
斜刺0.5~1寸


GV-15
(アモン)(Mute's Gate)(Ya Men)
中風、脳障害による言語障害、舌筋麻痺。


言語障害(特に子ども)、失語症、
テンカン、脳卒中、
首の硬直、発語を促す。
五感をハッキリさせる。
神をハッキリさせる。熱を消す。
内風を抑える。
延髄の誤刺に注意。

○頭蓋骨の下 第1・2頸椎の間(項窪の中央)。
○知覚神経(頸神経後枝)
○棘間筋 項靱帯

斜刺0.5~1寸



GV-16
(フウフ)(Wind Mansion)(Feng Fu)
風邪、鼻疾患、衂血、
脳溢血、血圧亢進、言語障害、充血正頭痛、ヒステリー、神経衰弱。


内風と外風の疾患に
耳鳴り、精神錯乱
延髄の誤刺に注意

○後頭部、外後頭隆起の直下1寸。
○知覚神経(大後頭神経)
○項靱帯

斜刺0.5~1寸


GV-17
(ノウコ)
頭項強痛、眩暈、テンカン


○外後頭隆起の上際の中央 
○知覚神経(大後頭神経)
○後頭筋



横刺0.5~1寸



GV-18
(キョウカン)
頭痛、項強、目眩、嘔吐
「強」は硬く、「間」は骨のすきまの意味。この経穴は後頭部の人字縫合上にあるので、名づけられた。

○後頭部正中線 人字縫合上
○知覚神経(大後頭神経)
○帽状腱膜

横刺0.5~1寸



GV-19
(ゴチョウ)
頭痛、項強、目眩、嘔吐
○後頭部の正中線 百会の1横指半 
○知覚神経(大後頭神経)
○帽状腱膜

横刺0.5~1寸



GV-20
(ヒャクエ)
○鎮静効果
不眠症、頭痛、神経衰弱、高血圧、中風
脳充血、脳溢血、血圧亢進、神経衰弱、精神病、テンカン、頭痛、めまい、鼻疾患、痔、脱肛、中風失語。

清頭散風・開竅醒神・回陽固脱の作用がある。
眩暈・耳鳴り・中風による言語障害・癲狂。
鎮静/降圧作用
痔によく効く
「百」=多種多様。
この経穴は頭(諸陽の会)の頂点正中に位置する。


○左右の耳線を結んだ正中線交点
○手足の三陽経、足の厥陰肝経、督脈の交会穴で、「三陽五会」とも呼ばれる。

○知覚神経(大後頭神経)
○帽状腱膜

(取穴)
両耳尖の上縁を結ぶ線と正中線が頭頂で交差する点にとる。

横刺0.5~0.8寸



GV-21
(ゼンチョウ)
頭頂痛、眩暈、顔面紅潮、小児驚風

○前頭部前髪際より4横指上 
○知覚神経(眼窩上神経)
○帽状腱膜
横刺0.3~0.5寸


GV-22
(シンエ)
神経衰弱、不眠症、頭重、
血圧亢進、涙嚢炎
蓄膿症、肥厚性鼻炎、嘔吐、胃痛。

頭痛、めまい、鼻炎、不眠、高血圧。
小児の驚風、目眩
○清頭散風の作用がある。

」=大泉のこと。いくつもの縫合が集まるところ。
古代では「泉門」のことを「」という。大泉門にあることがの由来。


○前頭部前髪際より2横指上 
○知覚神経(眼窩上神経)
○帽状腱膜
(取穴)
前正中線上で、百会の前4寸、前髪際の上1寸にとる

横刺0.3~0.5寸



GV-23
(ジョウセイ)
頭痛、眼痛、鼻炎、鼻衂

○前頭部前髪際1横指上
○知覚神経(眼窩上神経)
○前頭筋



GV-24
(シンテイ)
前頭痛、眩暈、鼻炎、
テンカン、動悸、失眠

頭痛、めまい、鼻や目の疾患、
不眠、高血圧。
頭痛の常用穴

○前頭部正中前髪際より半横指上
○知覚神経(眼窩上神経)
○前頭筋

(取穴)
前正中線上で、前髪際を入ること5分にとる。


横刺0.3~0.5寸


GV-25
(ソリョウ)
鼻炎、鼻衂、酒渣鼻、ショック


清熱開竅、回陽救逆の作用がある。
「素」=白色
」=骨に挟まれた陥没の意味。
肺は鼻に開竅し、その色は白(五行から)。鼻先の正中にあるところからの名がある。
○鼻尖付近
○知覚神経(眼神経)
○鼻筋

前正中線上で、鼻先の陥凹部にとる。
斜刺0.3~0.5寸



GV-26
(スイコウ)
ショック、虚脱、中暑、
昏迷、ヒステリー、テンカン、

救急の常用穴

別名を「人中」という。
鼻は呼吸により天の気を、口は飲食により地の気を主り、この経穴はその中間に位置するので、人中と呼ばれる。

○鼻の下中央
○知覚神経(上顎神経)
○口輪筋

(取穴)
前正中線上で、人中の中央のやや上にとる。
上斜刺0.3~0.5寸



GV-27
(ダタン)
牙痛、口舌生瘡、口臭、精神病

○上唇の中央
○知覚神経(上顎神経)
○口輪筋

斜刺0.2~0.3寸



GV-28
(ギンコウ)
歯根腫痛、口腔潰瘍、鼻炎、精神病

○上唇小帯の直下(唇内上面)
○知覚神経(上顎神経)

斜刺0.2~0.3寸




<13>Governor Vessel (督)(28穴)
督脈は、
  • 生殖器内部から起こり、脊椎にそって上行し、頭部に入り、頭頂を通って顔面を下り、上口唇へ行く。
    分枝は腎をまとう。

督脈は、
  • 下極の兪すなわち両陰の間の会陰より起こり尾骶の長強(GV-1)を経て脊裏を上行し、背の中行の腰兪(GV-2)・腰関(GV-3)・命門(GV-4)・縣枢(GV-5)・脊中(GV-6)・中枢(GV-7)・筋縮(GV-8)・至陽(GV-9)・靈台(GV-10)・神道(GV-11)・身柱(GV-12)の諸穴を循って、身柱より風門を過ぎ陶道(GV-13)を経て大椎(GV-14)に至り、
  • ここにて手足の三陽の脈と会し、上って(GV-15)・風府(GV-16)に至り、風府より入って脳に属し、脳戸(GV-17)に出でて強間(GV-18)・後頂(GV-19)を過ぎ、頭頂の百会(GV-20)に至る。

  • ここにて膀胱経と交り、前行して前頂(GV-21)・(GV-22)・上星(GV-23)を過ぎて前額髪際の神庭(GV-24)に循り、下って鼻柱に至って(GV-25)・水溝(GV-26)・兌端(GV-27)の3穴を経て上唇の齦交(GV-28) 穴に至って終わる。



関連情報 針灸のツボ

すべてのツボ






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬