ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



吐乳



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



吐乳の漢方薬

  1. 五苓散
  2. 橘皮竹茹湯
  3. 四君子湯
  4. 小柴胡湯
    1. 小児、乳食を吐し、発熱する証《奥田謙蔵》
  5. 小半夏加茯苓湯
    1. 小児の吐乳症等《奥田謙蔵》

  6. 旋覆代赭湯
  7. 人参湯
    1. 小児の吐乳等《奥田謙蔵》


乳児嘔吐・・胃腸病かも?
「Kちゃんは3200gで生まれた元気な赤ちゃん。ミルクの飲み具合は順調だったが、生後2〜3週目から嘔吐が始まり、次第に授乳のたびに吐くようになった。嘔吐が噴水のようになり、体重もあまり増えなかった。このため病院を受診したところ、上腹部にしこりを触れ、肥厚性幽門狭窄症と診断された。
 赤ちゃんの嘔吐はよく見られるもので問題のないことがほとんどだが、単にゲップが上手に出せないだけでなく、
  • 肥厚性幽門狭窄症をはじめとして
  • 胃潰瘍、食道・十二指腸狭窄症、胃食道逆流症などとともに、
  • まれには腸回転異常症など緊急を要する病気の場合がある。

 

注意すべき症状としては、

1.授乳後しばらくしてから吐く、
2.吐瀉物に胆汁が混じっている、
3.吐瀉物に出血や褐色のかす状のものがある時です。

ゲップがうまくない場合には胃がねじれているもとも多い。
ミルクの1回量を減らすとともに回数を増やして、ゲップを十分に出す(場合によっては授乳する前、授乳中にも)ことが大切だ。





関連情報 新生児メレナ






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査