毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

鳥インフルエンザ


HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬





鳥インフルエンザとは?
  • A型インフルエンザウイルスが鳥に感染して起きる鳥の病気。2種類のタンパク質の組み合わせで分類される。鳥ウイルスの運び役であるカモは無症状だが、ニワトリでは死ぬこともある。
    2003年、香港で通常は人間に移らない鳥のA型インフルエンザウイルス(H5N1)に家族5人が感染し、うち2人が死亡したことが分かった。
    • H5N1は1997年に初めて香港でヒトへの感染が確認され、6人が死亡している。

    香港当局の発表によると、家族5人は旧正月で1月中旬から中国福建省の親類宅を訪問。1月28日に次女(8才)が肺炎を起こし、現地の病院で死亡。父親(33)も香港に帰ってから肺炎になり、2月17日に死亡。長男(9)も発熱などの症状が出て入院したが、快方に向かっている。
    H5N1は長男と父親から検出された。香港衛生当局によると、ウイルスは97年に流行したものとは微妙に異なっているという。
    また、オランダではH7N7型が人間に感染し1人が死亡している。
  • 2004年1/12、日本(山口県)で79年ぶりに鳥インフルエンザが確認された
    「2004年1/20、農林水産省は検出したウイルス(H5N1型)は、香港で見つかったH5N1型ウイルスとは異なると発表した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)が実施したウイルス遺伝子の塩基配列解析で分かった。
  • 2004年3/8、京都府丹波町の船井農場と、隣接する園部町でカラスの死骸2羽から鳥インフルエンザウイルスが発見された。

アヒル
  • 2004年10/29、WHOはアヒルは鳥インフルエンザのウイルスに感染しても健康状態を保ち、長期間ウイルスをまき散らす恐れがあるという研究成果を発表した。
    1. 2004年ベトナムで発生した、感染力の強い『H5N1型ウイルス』をアヒルに感染させたところ、何の症状も示さないケースがほとんどだった。
    2. 感染したアヒルは呼吸や排泄物を通じて17日以上もウイルスを排出し続けた。
    2003年の場合はウイルスの排出は長くても10日にとどまっていた。
    1997年に発生したウイルスの場合は37℃で2日しか持たず鳥インフルエンザウイルスは熱に弱いとされていたが、2004年のウイルスは37℃で6日間も持ち、耐性が高まっていることが判明




変異が
  • 鳥類に感染するインフルエンザが鳥インフルエンザ。1997年に香港で人にも感染するH5N1型が見つかった。人が感染すると、通常のインフルエンザのように「高熱」「せき」「全身のだるさ」や「呼吸不全」を発症する。
    鳥から人への感染は簡単には起きないが、通常のインフルエンザのように人から人へ感染して世界的な大流行が起きる可能性がある。
    専門家が中止するのは鳥での感染拡大。2005年の夏ロシア・カザフスタン・ルーマニア・トルコなどで新たな感染が見つかった。ベトナムではすでに41人が死亡。
上海の医師・・死亡
  • 2014年1/20、中国上海市の衛生当局は市内の31歳の男性医師がH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染し死亡したと発表した。
  • 死亡した医師がつとめる「浦東新区人民医院」にはH7N9型の鳥インフルエンザ患者jはいない。人から人への感染では無いとしている。
エジプトで死者
  • 2914年11/17、エジプト南部アシュートで22歳の女性がH5N1型の鳥インフルエンザウイルスに感染し、死亡した。(AFP通信)







呼吸不全
  • 新型インフルエンザに罹ると重度の呼吸不全や免疫機能が暴走する。その原因の一端を秋田大学・オーストリア科学アカデミー分子生物学研究所などのチームが突き止めた。
    成果は2008年4/18のセル電子版に発表
    今井由美子・秋田大学主任研究員らは毒性が強くて新型インフルエンザに変異すると云われる鳥インフルエンザウイルス(H5N11型)を使って実験した。
    マウスの肺に投与したところ、肺から『酸化リン脂質』が分泌されることが分かった。之を引き金に本来は病原体の侵入を見張る役目を担っているタンパク質『TLR4』(Toll様受容体)が過剰に働くようになり、炎症物質が大量にできた。
    遺伝子操作でTLR4を欠損させたマウスにも呼吸不全の症状が現れたが症状は軽かった。さらに研究チームは、鳥インフルエンザウイルスに感染・発症して死亡した患者の肺で、免疫が過剰に働いた痕跡を見つけた


ノイラミニダーゼの変異
  • タミフルが効かない「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに対し、別の藥である「リレンザ」が効く可能性があるとする研究成果を英国立医学研究所がまとめた。
    タミフルはインフルエンザウイルスが増殖するのに不可欠な酵素「ノイラミニダーゼ」の働きを抑えて治療を早める。タミフルが効かないH5N1型を調べたところ、ノイラミニダーゼの構造の一部が変異すると効果を失わせることがわかった。
    リレンザはこの変異があっても、効果がほとんど変わらなかった

小型センサーで監視
  • 2009年、産業技術総合研究所などのグループは、鶏の健康状態を遠隔で監視できるシステムを開発した。温度センサーで「体温」、加速度センサーで[運動量]を測定し、データを無線送信する小型端末を開発した。
    大きさは1円サイズで、3g以下。



T-705
  • 2009年、東京大学医科学研究所の河岡義裕教授と木曽真紀研究員らにグループは、富山化学工業が臨床試験中のインフルエンザ薬[T-705]の効果を確認した。既存の治療薬タミフルより治療効果が高いことをマウス実験で確認。
    タミフル耐性遺伝子のあるH5N1型ウイルスにも効果があることを同様の実験で確認。
    成果は米科学アカデミー紀要(電子版)に発表。
    研究チームは、ベトナムで人から採取されたH5N1型ウイルスをマウスに感染させ、グループ分けした上でその1時間後から、T-705とタミフルをそれぞれ8日間経口投与して効果を比較。T-705を高用量で投与した10匹は、21日が経過してもすべて生き残った。
    一方タミフルを投与した10匹のうち半分が死んだ。
    何もしなかったグループは観察期間中にすべて死亡した。
    T-705はウイルスの遺伝子複製を担っているRNAポリメラーゼの働きを阻害し、細胞内でのウイルス増殖そのものをジャマする。

ベトナムで治療に成功
  • 2010年、国立国際医療研究センターの工藤宏一郎センター長らのグループは、病原性の高い「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスに感染したベトナムの女性2人を治療することに成功したと発表。
    同センターは患者の血液を体外に取りだして浄化し、血液中のウイルスなどを除去する治療法の臨床研究に取り組んでいる。
    3/10にH5N1ウイルスに感染してハノイ市の国立バクマイ病院に入院した25歳の女性患者にこの治療法をテスト。従来であれば治療が困難だった重症肺炎が回復し、救命に成功したという。

ヒトの細胞で増殖・・・・ウイルス変異を特定
  • 2012年、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が、人の細胞内で増えるのに必要な遺伝子変異を、ドイツのフライブルク大学のチームが培養細胞の実験で突き止めた。
  • 成果はネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載。
  • 研究チームは、タイで感染し死亡した患者から採取したウイルスを利用。詳しく調べたところ、ウイルウsの増殖にかかわる「核外輸送タンパク質」をつくる遺伝子に、変異が起きていた。この変異を取り除いたウイルスは、培養したヒトの細胞で増えなかったが、変異を加えたウイルスは活発に増殖した。



  • H5N1型と季節性インフルエンザが混合
    • 2010年、東京大学・医科学研究所などのチームは、病原性の高い鳥インフルエンザであるH5N1型と人の季節性インフルエンザういるが混合した場合、より病原性や感染力が高いウイルスが生まれる可能性が高いことを、マウス実験で確かめた。
      研究チームはインドネシアで採取された「H5N1型」と、人の季節性、A香港型「H3N2型」ウイルスを遺伝子操作技術で動物の細胞内で人為的に混合。遺伝子が少しづつ異なる新ウイルスを作製した。このうち親ウイルスから「H5」の遺伝子を受け継いだ75種類のウイルスをマウス4匹づつに感染させた。そのうち22種類のウイルスが感染したマウス4匹はすべてが死に、親ウイルスより病原性が高かった。これらのウイルスはすべてA香港型から「PB2」という遺伝子を受け継いでいた。
      PB2遺伝子はウイルスが人や鳥の細胞で増速する際の最適な温度などを決定する。
  • H5N1型ウイルス向けのワクチン
    • 2013年、動物衛生研究所は、薬品で不活性化したH5N1型ウイルスをもとにワクチンを作った。目薬として投与する。16羽のニワトリに点眼したところ、14羽で血液中に抗体ができた。粘膜細胞にも抗体が出来た。
    • ニワトリがH5N1型に感染すると通常、焼く2日で死ぬ。
  • H7N9型
    • 2013年、中国で人への感染が広がる鳥インフルエンザウイルスH7N9型に備えた研究が進んでいる
    • 2013年4/26、政府は感染症法に基づく「指定伝染症」として5/6に施行すると閣議決定した。
    • 政令が施行されると、都道府県知事が冠者や感染した疑いの強い人に入院を勧告できる。
全米で猛威 2015年5月
  • H5N2型の鳥インフルエンザが全米で猛威を振るっている。
  • 発症事例の半数は七面鳥の生産地であるミネソタ州。



インフルエンザ」「新型インフルエンザ」「急性脳症」「ツツガ虫病」「ウエストナイル熱」「白血球減少症」「かぜ」「傷寒」「肺炎」「中耳炎」「毒素性ショック症候群」「筋肉痛」「関節痛」「人喰いバクテリア」「ギランバレー症候群







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬