ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



突然死



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)





突然死
SUDSudden Unexpected Death


突然死とは、転倒などによる外傷が原因でないのに体に変調を来し、24時間以内に急死するもの。

年間100人前後いるとされる。その8割以上が心臓のトラブルと言われる

手術に要注意
  • →「肺塞栓症
  • →「肥満の人」はさらに注意が必要







血液のつまりが致命傷
日本では突然死は「瞬間死を含めて発症から24時間以内の予期せぬ内因性死亡」と定義されている。

一見健康そうな人が発病してから24時間以内に起きる不慮の病死を「内因性急死」とか「予期しない急死(SUD)」と呼ぶ。
東京都監察医医務院と大阪府監察医事務所の統計では、SUDの約45%が心臓病によって起きている。

これらの突然死は、寝ている間にも起こるが、興奮・飲食・入浴 ・そして性交など、何らかの活動で心筋の酸素需要が増加したときに起こりやすい。

(東嶋和子著「死因事典」講談社p54〜)





ダイエットで
無理な減量をしているところへ、下剤を使うことで、血中のカリウム濃度が低下し、心室細動を引き起こし、突然死することになります。

カリウムはほとんどの食品に含まれていますが、カリウムは嘔吐や下痢で大量に喪失します。

カレン・カーペンターの死因も心室細動と言われています。

カレンのそのときの血中カリウム値は1.8mmol/lでした。正常値の半分以下になると危険です。






青少年に多い心臓性の突然死
5歳〜19歳の突然死の7割以上が心臓性の突然死であることが、大阪府成人病センターなどの調査で分かった。

1995年1年間に大阪府内で死亡したこの年齢の人を調べたところ、突然死した38人のうち28人が心臓性、次いで気管支喘息が4人だったという。

調査をまとめた同センターの北田実男・循環器健診第三科部長によると、心臓性突然死の原因別では、肥大型心筋症など心臓にもともと基礎疾患があったひとは17人で最も多く、基礎疾患は認められなかった者の心臓麻痺などで死亡した人は11人だった。

また、死亡した際の体調や行動を詳しく調べた結果、基礎心疾患のあった17人のうち11人は普段通りの生活をしていたが、呼吸器感染症に罹っていた人と風邪や睡眠不足などで体調が良くなかった人がそれぞれ2人いた。
残りの6は部活動などの運動中だった。 →死因








スポーツ中の突然死
東京都監察医務院は、1948〜1999年にかけて東京都内で運動中に突然死した事例を調査し、2002年2月「スポーツ中の突然死」という報告書をまとめた。それによると、52年間で534人が亡くなり、男性が84%を占める。年齢別では10代が116人と最多で、2番目が50代の83人。

競技別ではランニング中(118人)、水泳(68人)、野球(42人)、ゴルフ(40人)。
55歳以上に限ると、上位3位は、ゴルフ、ダンス、ゲートボールの順番だった。

さらに、スポーツ中に突然死した人の死因を調べたところ、病歴がなかったり、「自分は健康と確信」していた事例が半数にのぼった。
リスク
Jリーグの柏レイソルなどトップアスリートをサポートする平岩貴久医師は、突然死の予防には「心拍数を自分で測る習慣をつけるべきだ」と指摘する。


そこで参考になる心拍数は、

「1分当たり最大心拍数×0.65」

最大心拍数=(220−年齢)なので、
  • 50歳なら・・・110 =(220-50)×0.65
    40歳なら・・・117 =(220-40)×0.65
が心臓に負担をかけない目安の心拍数になる。


た、運動から遠ざかっている人は「週に2〜3回、45分程度歩いて、うっすら汗をかく程度の運動が望ましい」


普段は歩くのもおっくうがる人が、早朝ゴルフの前夜に深酒し、睡眠不足のままティーグラウンドに立つなどもってのほか。
しかも準備運動無しとくれば“突然死志願者”と言われても仕方ない。


そこで、準備運動をする場合の鉄則は、心臓への負担を避けるため、体の先端部から動かし始めること。

つまり、つま先・かかとのストレッチを行い→ひざ→太もも→上半身へ、と移る。

「最低でも20分以上かけてほしい」(平岩医師)。

体の隅々まで血が通えば、危険な血圧の急上昇を抑え、万一のリスクを減らすことが出来る。
最も大切なことは運動中に「苦しくなったら運動を止めること」。胸の痛みなどを感じたら、いさぎよく“撤退”すること。


ゴルフ
ゴルフのプレー中に突然死した人が年平均で[28.7人]に上り、そのうち中高年で心臓病などの持病のある人が半数以上を占めていることが、東京都監察医務院の調査で分かった。28日開かれた東京都衛生局学会で報告したもので、ゴルフ中の突然死の実態の全国的な報告は珍しいという。
調査は84年〜96年までの13年間に全国でゴルフの最中に突然死した人を対象に、健康状態、死因などを調べたもの。
調査対象期間中に突然死した人は373人(うち女性4人)で、年齢別では40歳代が19.3%、50歳代が33.5%、60歳代が29.0%と、圧倒的に中高年に多かった。
また持病があり何らかの治療を受けていた人が243人(65.1%)に上り、死因は心臓や血管にかかわる病気が全体の85.5%を占めた。代表的な持病(複数回答)は
  • 心臓と血管にかかわるもの43.6%、
  • 高血圧28.5%、
  • 糖尿病11.7%
など。
同院は「突然死を予防するには、通常の健康診断に加え、運動時の脈拍や血圧などをチェックすることが必要だ」と呼びかけている。





(副作用で突然死を招く医薬品)
「アレビアチン」「コントミン」「スターシス」 「ニューレプチル」「ベゲタミン」「ロドピン」「ワーファリン」





月曜日と木曜日に集中している
4月と週末に多発
4月は突然死にご用心・・・・・・・。

心筋梗塞脳卒中などが原因で発症から24時間以内に亡くなる突然死は、1年のうちで4月に発生する危険性が最も高いことが、勤労者20万人を対象にした実態調査で分かった。
川村孝・京大保健管理センター所長らのグループが、東京で開
催中の日本医学総会で3日に発表した。

曜日別では日曜、土曜の順で週末に多く、仕事中の急死は2割以下。冬場に突然死が増えて季節要因に左右される高齢者と比べ、働き盛りの世代では社会的な生活環境の影響が大きいと言えそうだ。
川村所長らは、愛知県内の10の事業所に勤務する男女を、87年から7年間調査した。交通事故などを除いた内因性の病気で突然死した人は、約20万人中64人で、年間発生率は人口10万人あたり19人となった。
田村康二著「病気の時刻表」p24)

学校で子供が突然死・・・毎年70〜80人
  • 心臓系の病気が原因とみられている。
    乳幼児期に見つからないで、小学生〜高校1年生になって、先天性心疾患が見つかることもある。

人間ドックでOK→その1年後

私の父親は、人間ドックに入り、8日間かけて、ありとあらゆる検査(脳内の写真も撮りました)を受けて、「大丈夫、どこにも問題はありません」と医師からOKのサインをもらいました。

それからは、週に2回、ゴルフに行っていました。

ところが、その1年後の4月に、夕食で一杯飲んでから、2時間後ぐらいに発作を起こし、30分後には返らぬ人になりました。

死因
は「急性心不全」ということでした。満57歳の4月でした。






突然死はマグネシウム(Mg)不足が主原因


  • マグネシウム減少の原因
    1. ストレスで、血中のマグネシウム量は (30〜40%/1ヶ月)ダウンする
    2. 睡眠不足は、マグネシウムが激減する

  • マグネシウムとカルシウム
    • Mg(マグネシウム)=血管を緩める。
    • Ca(カルシウム)=血管を縮める
    • マグネシウム不足が続くと、相対的にカルシウムが多くなり、血管を縮める作用が強くなり、動脈攣縮を引き起こす。動脈攣縮は冠動脈で起こりやすく、それが心停止につながる


  • マグネシウムは食事で摂取
    • 肉中心の食生活は、Mgが不足する
    • 野菜キライは要注意.・・・・・
      • 「マグネシウムはクロロフィルの無機質イオンであるから、野菜は重要なマグネシウム供給源です。」
    • 無農薬野菜と農薬入りの野菜では、30%の差がある
    • カット野菜は、50%ダウン

  • マグネシウムを含むもの
    1. マメ類
    2. ゴマ
    3. ワカメ
    4. 野菜
    5. さかな
    6. シイタケ

遺伝子・・・特定
  • 運動中の不整脈による突然死にかかわる遺伝子を、東京医科歯科大学の古川哲史教授らが、特定した。
  • 血液を動脈に送り出す心室には、電気信号をすばやく伝える働きを持つ細胞などがある。この働きをコントールする遺伝子「IRX3」に着目し、詳しく調べた。
  • 遺伝子IRX3がうまく働かないマウスは、活発に動いた時に突然死につながる不整脈が多く起きた。





突然死症候群
Sudden Death Syndrome


睡眠時無呼吸症候群
Sleep Apnea Syndrome


青壮年突然死症候群
  • ポックリ病
    青壮年の男性が、夜半や明け方、寝床で唸り声をあげて死亡する


ブルガダ症候群
Brugada Syndrome
  • ブルガダ型心電図(右側胸部誘導心電図にて右脚ブロック様の心電図波形と特徴的なST上昇)を伴う、明らかな器質的心疾患を認めない特発性心室細動のこと。
    日本や東南アジアでの頻度が高い。
    40歳前後の男性に多い。


乳幼児突然死症候群
Sudden Infant Death Syndrome(SIDS)
  • 被虐待児症候群との鑑別が重要だが、虐待があっても明らかな外傷が認められないこともある。
    また、揺さぶられっ子症候群(育児ノイローゼから、親がNY氏を激しく揺さぶった結果、硬膜下出血で死亡)との鑑別。

シャーガス病






チェック
関連情報
突然死症候群大動脈弁狭窄症」「肺塞栓症」「心筋症」「検査死因心筋梗塞」「狭心症」「鬱血性心不全」「心臓発作」「マグネシウム」「ドキドキ」「ふるえる」「ストレス」「ダイエット」「スポーツ障害」「ショック」「心室細動」「頭汗」「乳幼児突然死症候群」「医療ミス」「血栓おけつ








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬