免疫療法  
放射線療法
  
ウイルス療法
  
温熱療法
  
重粒子線がん治療
 
ガン治療




凍結療法
(KKR札幌医療センター斗南病院)
  • 腎臓ガンなどに2011年導入。
  • 切らずに凍らせて壊死させる。
  • 治療手順は
  • まず局所麻酔をかける。
  • 患者のガン細胞に長さ20㌢、直径1.5㍉の専用針を刺す。
  • 次に、二重構造となっている針の内部に高圧のアルゴンガスを注入。
  • →気体が膨張する際に熱を奪う性質から。針先がマイナス40℃まで一気に低下する。
  • 針の周囲にある細胞内液が凍結し、ガン細胞を破壊する。

  • 凍結と解糖を2回繰り返す。
  • 凍結時間は30分。
  • 手術中は凍結状態がMRIで映し出される。





(応用範囲)
  • 保険適用・・・腎臓ガン
  • 自由診療
    1. 肝臓ガン
    2. 子宮筋腫
    3. 骨に転移した腫瘍



チェック
関連情報
ガンの種類と症状 」「ガンの転移」「抗がん剤
ガンの痛み」「免疫療法


解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査