ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



透明化



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



透明化
(試薬)

1914年、ドイツのグループ
  • 有機溶媒を材料に世界で初めて作った。
    生物の筋肉を透明化した骨格標本は構造解明に役立った。
    生体で起きている現象には応用できなかった。有機溶媒はタンパク質に変性を起こすため。
 
2011年、
  • 理化学研究所が「Sca1e」を開発

「C1earSee」
  • 栗原大輔・名古屋大学特任助教が開発.
    植物を透明化する

「LUCID」
  • 小野寺宏・東京大学特任教授
    生物組織を3〜4日で透明化できる
    3年以上の長期保存が可能

cubic
  • 2014年、理化学研究所の上田泰己コア長。
    マウスの全身




透明化試薬で生体内現象の解明
2016年、東京大学医科学研究所の山崎聡助教が米スタンフォード大と共同で骨髄内の造血幹細胞分布を調べ、成果を4/2ネイチャーに報告。
造血幹細胞だけで発言するタンパク質を赤く光るようにし、透明にした骨髄を顕微鏡で観察すると、造血幹細胞は骨髄内の血管周囲に局在していることが分かった。
  • CUBICが一番キレイに観察できた(山崎助教)
    CUBICはアミノアルコールを主成分とする溶液で、生体から摘出した組織を2週間程度浸しておけば、血液中のヘムと呼ぶ色素を効率的に脱色する。細胞内の物質の屈折率を調節することで、組織が透明に見えるようにした



関連情報 アトピー
シソ
ホウレンソウ
ローズマリー
バラ
タマネギ
キャベツ
サリドマイド






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査