ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



糖尿病の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告










糖尿病の漢方薬
  1. 温清飲
    1. (陽証、虚証)
  2. 黄連解毒湯
    1. (陽証、実証)
  3. 桂枝加朮附湯
    1. 下肢の脱力感、シビレ感
    2. やせ型、虚弱、冷え症の末梢神経障害
    3. 手足の痛み、足の筋肉がひきつる。
    4. 牛車腎気丸で胃腸障害を起こす者。
  4. 桂枝茯苓丸
    1. (陽証、実証)
  5. 牛車腎気丸
    1. (陰証)
    2. 口渇、多尿、多飲
    3. 糖尿病性末梢神経障害
    4. 糖尿病性腎症
    5. 下肢の脱力感、シビレ感
  6. 五苓散
  7. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. (陽証、実証)
  8. 柴胡桂枝湯
    1. (陽証、虚証)
  9. 柴胡桂枝乾姜湯
    1. (陽証、虚証)
  10. 柴苓湯
    1. 糖尿病性腎症
  11. 四物湯
    1. (陰証)
    2. 三消にて血虚に属して津液を生ぜざる者:加減して用いる《万病回春》
  12. 小建中湯
    1. (陰証)
  13. 十全大補湯
    1. (陰証)
  14. 真武湯
    1. (陰証)
  15. 清心蓮子飲
    1. (陽証、虚証)
  16. 大建中湯
    1. (陰証)
  17. 大柴胡湯
    1. (陽証、実証)
  18. 大柴胡湯五苓散
    • 排尿回数多く、尿量減少し、のどが渇いて、みぞおち硬く便秘する
  19. 調胃承気湯
    1. (陽証、実証)
  20. 釣藤散
    1. (陽証、虚証)
  21. 当帰芍薬散
    1. (陰証)
    2. 肥満して口渇があり、疲れやすく、性欲減退し、尿量少ない。
  22. 麦門冬湯
    1. 八味地黄丸を使用して胃腸をこわしやすい者に。《矢野》
    2. 消渇、身熱し、喘して咽喉利せざる者は、天瓜粉を加う。大便燥結し、腹微満する者は、「「調胃承気湯」を兼用す《類聚方広義》
  23. 麦門冬湯桔梗石膏
    • 体力が衰え、咳が出たり、肺結核を併発する者
  24. 八味地黄丸
    1. (陰証)
    2. (消渇) 口渇、多尿、多飲
    3. 糖尿病性末梢神経障害
    4. 排尿回数多く、尿量も増加。のどが渇き、疲労倦怠感、腰痛や腰が冷えて性欲減退する者。腫れ物が出ている者
    5. 疲労倦怠感は強いが、胃腸は丈夫で下痢・嘔吐はなく、便秘がちで、小便が出にくい者と頻尿・多尿の者がある。
    6. 手足が冷え、口渇する者で、下腹部が軟弱でふわふわの者と、突っ張って苦しい者がある。
    7. 糖尿病、及び尿崩症等にして、その脈微なる者《奥田謙蔵》
    8. 糖尿病で口渇多尿の者《大塚敬節》
    9. 金匱要略に“男子の消渇は小便反って多く、一斗を飲むを以て、小便一斗なるは、腎気丸之を主る”とあり、腎気丸と八味丸は同体異名である。これによって、八味丸を糖尿病に用いる。(漢方診療医典)
    10. 八味丸は、元来、口渇、多尿、疲労倦怠、腰痛、性欲減退などを目標にして用いているから、糖尿病に用いることが多い。ただし胃腸障害があって食欲不振、嘔吐、下痢などがみられる場合には用いない方がよい(漢方診療医典)
    11. 52歳の男性。
      「2ヶ月前から全身倦怠感がある。体中がかゆく、頭痛がして、のどが渇いて水を飲みたがる。動悸・脱力感・下腹と背中の締め付けられるような感じを訴える。病院で検査し、糖尿病と診断された。
      体格はでっぷりとして肥満タイプ。顔色は赤い。腹診すると、胸脇苦満が認められる。血圧は(130-90)で、検尿してみると、糖はプラスであった。
      柴胡加竜骨牡蛎湯八味地黄丸を与えたところ、2週間後の検査で血糖の低下が認められた。自覚症状も徐々に良くなったので、以後は八味地黄丸を丸薬で服用させたところ、経過は良好である。」《矢数圭堂》
  25. 八味地黄丸紅参陳久散
  26. 八味地黄丸紅参霊芝
  27. 白虎加人参湯
    1. (陽証、実証)
    2. 口渇が著しい、多尿、多飲
    3. 尿量が多く、むやみに口がかわいて、皮膚がカサカサ。
    4. 血色よく、口が渇き、多飲多尿、腹満、汗をかく者。
    5. 中消渇症を治す。胃火穀を消し、飢えやすく、肥肉を生せず、小水黄赤なるもの。《万病回春》
    6. 消渇、脈洪数にして、昼夜引飲歇まず、心下痞硬し、夜間肢体煩熱すること更に甚だしく、肌肉日々に消鑠(ショウシャク)する者を治す。《類聚方広義》
  28. 半夏瀉心湯
    1. (陽証、虚証)
  29. 防風通聖散
    1. (陽証、実証)
  30. 抑肝散加陳皮半夏
    1. (陽証、虚証)
  31. 六君子湯
    1. (陰証)
  32. 六味丸
    1. (陰証)





[ギムネマ][コウジン(紅参)][カイアポイモ][クワ][SOD][亜鉛][霊芝][スクアレン][コーヒー]



○アカマツ・アカヤジオウ・アズキ・イタドリ・イチイ・ウツボグサ・エビスグサ・カキドウシ・カタツムリ・カボチャ・キカラスウリ・キササゲ・クコ・クサスギカズラ・クズ・クワ・コウジン・サルトリイバラ・ジャノヒゲ・ダイコン・ダイコンソウ・タラノキ・チャ・トウモロコシ・ドクダミ・ナスビ・ナルコユリ・ニシキギ・ネナシカズラ・ハス・ハトムギ・ヒトツバ・フジバカマ・ホオノキ・メギ。
○[アズキ+カボチャ+コンブ]



[ダイヤモンド][エメラルド][真珠]



関連情報 糖尿病の病院ランキング 
糖尿病薬
血糖値が高い
HbA1c
1型糖尿病
2型糖尿病
糖代謝異常









通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査