ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



糖尿病のクスリです



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





糖尿病薬 種類 主な作用
インスリンの働きを良くする ピグアナイド系 肝臓で糖が新しく作られるのを抑える
チアゾリジン薬 骨格筋や肝臓でインスリンを働きやすくする
インスリンの分泌を促進する スルホニル系尿素薬(SU薬) インスリンの分泌を促進する
グリニド薬 インスリンの分泌を促進、食後高血糖を改善する
DPP-4阻害薬 インスリンの分泌を促進し、党を作るグルカゴンの分泌を抑える
糖の吸収や排出を調節する αーGI 炭水化物の吸収を遅らせ、食後高血糖を改善する
SGLT2阻害薬 糖の尿への排出を促進する




分類・解説 一般名 商品名
スルホニルウレア系
(SU剤)



膵臓のβ細胞を刺激してインスリン分泌を促進する。

2型糖尿病に使う
食事・運動療法との併用で効果が出る

低血糖の恐れあり
アセトヘキサミド [ジメリン]
グリクラジド [グリミクロン]
グリクロピラミド [デアメリンS]
グリベンクラミド [オイグルコン]
[ダオニール]
グリメピリド [アマリール]
クロルプロパミド [アベマイド]
トリブタミド [ブタマイド]
[ヘキストラスチノン]
スルホンアミド系


膵臓のβ細胞を刺激してインスリン分泌を促進する。

2型糖尿病に使う
食事・運動療法との併用で効果が出る

低血糖の恐れあり
グリブゾール [グルデアーゼ]
ピグアナイド系

肝での糖新生を抑制
インスリン抵抗性を改善

  • 肝臓でブドウ糖が新しく作られるのを抑えて、インスリンの働きをよくする。
  • 腸からブドウ糖が吸収されるのを抑える。
ブホルミン塩酸酸 [ジベトスB]
メトホルミン塩酸塩 [グリコラン]
[メルビン]
インスリン抵抗性改善薬

浮腫・体重増加の可能性
肝機能障害あり
塩酸ピオグリタゾン [アクトス]
食後過血糖改善薬

(αグルコシダーゼ阻害薬)

食後の血糖上昇抑制
軽症に

腸からの糖の吸収をゆるやかにする。
アカルボース [グルコバイ]
ボグリボース [ベイスン]
ミグリトール [セイブル]
速効性食後血糖降下薬

食前服用で食後血糖を改善
HbA1c(8.5未満)に有効
ナテグリド [スターシス]
[ファスティック]
ミチグリニドカルシウム水和物 [グルファスト]
糖尿病性末梢神経障害治療薬

有効性を3ヶ月で判断
エバレスタット [キネダック]
  • ▽1種類だけでは難しい




(SGLT2阻害薬)
▽糖を尿と一緒に出す仕組みで血糖値を下げる
  • SGLTはタンパク質の一種で、栄養運を細胞に取り込む役割を担う。その一種のSGLT2は腎臓の近位尿細管と呼ぶ部分にあり、血液から必要な栄養分あどを取り込む。
  • SGLT2阻害薬はSGLT2の役割を止め、尿を通じて糖分が体外へ出ていくことを促そうとする。
  • 体内のカロリー消費も高まるので、体重低下につながりやすい
  • 脱水症状のリスクがある
  • 副作用には尿路感染症など。
    • 一般名 商品名
      アプラグリフロジン スーグラ(アステラス)
      ダパグリフロジン フォーシガ(アストラゼネカ)
      ルセオグリフロジン ルセフィ(ノバルティス)
      トホグリフロジン アプルウェイ(サノフィ)
      デベルザ(興和)
      カナグリフロジン
      エンパグリフロジン
    従来の糖尿病薬がすい臓やその周辺のタンパク質に作用していたのに対し、SGLT2薬は腎臓付近で作用する。





(DPP4阻害薬)
▽インスリンの分泌を適度に促す薬
  • 血糖値のコントロールに重要な役割を果たすインスリンの働きを強める消化管ホルモンの1つに「インクレチン」がある。
  • インクレチンを分解する酵素「DPP4」の働きを止めることでインクレチンの働きを促し、インスリン分泌を円滑にする。
  • 低血糖や体重増加を起こしにくい。











インスリン製剤
 
インスリンを体内に入れブドウ糖の代謝を促す。


タンパク質EPac2が効き目を左右
2009年、神戸大学の清野進教授らと科学技術振興機構(JST)のグループは、糖尿病治療薬の効き目を左右しているとみられるタンパク質を発見した。
このタンパク質を体内で作れなくしたマウスは糖尿病治療薬を与えても、血糖値が改善しにくかった。
成果は7/31のサイエンスに掲載。
発見したのは『EPac2』と呼ぶタンパク質。インスリンの分泌を調節する分子の一部に結合していた。
すい臓の細胞でインスリンの生産にかかわっているとみられる。
糖尿病治療薬と反応するすると、このタンパク質の構造が変化した。治療薬が作用している可能性があり、研究チームはこのタンパク質を欠くマウスを遺伝子工学で作って調べた。
治療薬を与えてインスリンの生産量は普通のマウスの半分にとどまった。血糖値も高止まりしていた。
治療効果が高い薬でも、このタンパク質が正常でなければ、治療成績が上がらない恐れがあるという。



関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査