情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





痛みの漢方薬





腹痛の漢方薬/ 頭痛の漢方薬/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








痛みが激しい

モルヒネ

痛み」 

腹痛の漢方薬

頭痛の漢方薬




疼痛(痛み)に用いる漢方薬
1>越婢加朮湯
  1. 43歳女性。
    左側膝関節の疼痛を主訴として来院した。患者は、硬く肥満し、1回も妊娠したことがない。月経は異常なく、大便は1日1行。尿はやや頻数、舌には白苔がある。膝の痛みは、歩行時はもちろん、5分間以上坐っていると、痛みに堪えられなくなるという。医師は神経痛といい、按摩師は脂肪塊が神経を圧迫するためだと言ったという。しかしなかなか治らないという。患部を触診するに、拇指頭大の脂肪塊状のものがあって、これを圧すると痛む。私はこれに越婢加朮湯を与えたが、15日分の服用で、塊状物が消失して、疼痛も拭うようになくなった。
    私はこの治験に気をよくして、結核性の膝関節炎にこの方を用い、反って疼痛が増し、食欲も減少して面目を失ったことがある。越婢加朮湯は老人や虚弱者には注意してほしい。《大塚敬節》
  2. 比較的体力がある人で、冷え性でなく、浮腫、発汗傾向、口渇があり、尿量減少する場合に用いる
  3. 四肢関節の腫脹、疼痛、熱感があるもの

2>黄連解毒湯
  1. 食物が胃に停滞して始終腹が張り、のぼせて顔色が赤く、頭痛を訴える者。
  2. 高血圧症、動脈硬化症の頭痛。
  3. 便秘があれば→「三黄瀉心湯」

3>葛根加朮附湯
  1. 上肢の神経痛に用いることがある《大塚敬節》

4>葛根湯
  1. 筋緊張性頭痛
  2. 頭痛・悪寒・発熱・項背強急・無汗・脈浮緊数。

5>加味逍遥散
  1. 血の道症の片頭痛
  2. 心因性の頭痛
  3. 筋緊張性頭痛
  4. 頭が痛いというより重い感じが強く、同時に肩こり、めまい、月経異常などがある。
  5. 血の道症の患者にみられる、のぼせ、頭痛、肩凝り、めまい、月経不順などの有る者によい。便秘している者に用いて、大便を快通せしめる力がある《大塚敬節》
  6. 28歳女性。
    3回妊娠中絶をしたという。主訴は頭痛で、いつも頭が重く、肩が凝り、欠伸が出て、疲れやすく、仕事をする気力がないと云う。大便は快通せず、下剤を飲むと腹が痛んで、渋り腹で、気持が 悪い。月経不順で、月経時に腹痛を訴える。
    加味逍遥散を与える。これを飲むと、大便が気持ちよく出て、肩凝りも頭痛も良いが、何となくサッパリしない。1ヶ月ほどたってから、加味逍遥散に香附子3.0を加えたところ、1ヶ月ほどで、頭痛を忘れ、からだがしっかりして、仕事がしたくなり、家庭が明るくなった。《大塚敬節》

6>桂枝加朮附湯
  1. j冷え症で痛み
  2. 四肢のマヒ感、屈伸困難。
  3. やや虚証の人で、冷えや湿気により痛みの増強するものに用いられる(漢方診療医典)
  4. プラスエラスチン
  5. プラススクアレンプラスサメ軟骨
  6. プラス霊芝
  7. プラス マキョウヨッカントウ

7>桂枝加附子湯
  1. 身痛・疼痛<激甚>・悪寒・脈浮虚

8>桂枝加竜骨牡蛎湯

9>桂枝茯苓丸
  1. 血分に属し動かし難きは:「桂枝茯苓丸プラス附子」しばしば験あり。《橘窓書影》
  2. 打撲の後遺症として、手足の神経質要の疼痛に用いる《大塚敬節》

10>桂芍知母湯
  1. 関節腫痛(疼痛)
  2. 関節に発赤・熱感・疼痛がある《中医処方解説》
  3. 痛風なる者は風熱骨節に入るなり。発汗すべし。麻黄湯に宜し。桂芍知母湯も亦之を主る。表証やめば、当に禹功散を以て之を下すべし。《先哲医話》

11>
五積散
  1. 冷え症、易疲労
  2. 胃腸虚弱
  3. 冷えや湿気の順応性が乏しい
  4. 痛みが足、腰、背などにあって、しかも軽く、慢性の経過で、久しく治らない者に用いる。冷え症で、脈も沈んで弱く、腹に力のないものを目標にする(漢方診療医典)

12>呉茱萸湯
  1. (発作性)<冷痛>
  2. 片頭痛
  3. 頭痛・乾嘔・冷症・上衝。
  4. 発作性の激しい頭痛で、胃腸部に冷感・水分停滞感を訴える《矢野》
  5. 頭痛がいくらひどいものであっても、頭を冷やすと気分が悪いと訴え患者が2例あった《大塚敬節》
  6. 冷たいものを食べて起こった頭痛
  7. 寒冷頭痛で熱性のものではない。だから頭が燃えるように熱くても、冷やさない方がよい。《大塚敬節》
  8. 発作的に起きる激しい頭痛で、吐き気を伴い、手足が冷え、気分が悪く、ものを言うのも苦しく、脈沈遅の者。
  9. 発作の時に診察すると、心下部が膨満し、患者も胃がつまったようだと訴えることが多い。漢方で、心下逆満と呼ぶかたちになる。もし激しい頭痛があっても、髄膜炎のときのように、腹部が陥没していたなら、呉茱萸湯を用いても効果を期待できない。《大塚敬節》
  10. 発作時には、足がひどく冷え、脈が沈遅の傾向にあり、また一種の煩躁状態を伴うことがある。すなわち、じっと安静にしておれないで、起きたり、寝たりして苦悶する傾向がある。又、発作が強いと、患者は言語を発することが出来ないで、ただうなるだけのことがある。《大塚敬節》
  11. 頭痛して乾嘔を発し、手足寒冷、尿利減少し、脈微にして細なる証《奥田謙蔵》
  12. 吐き気が強くて嘔吐しない頭痛は、「半夏白朮天麻湯」を考える。

13>五苓散
  1. これも片頭痛に用いられ、呉茱萸湯を用いる場合と、区別のつきにくいことがある。五苓散は口渇と尿利の減少があって、頭痛する者に用いることになっているが、口渇があまり激しくないこともある。
    理論上では、呉茱萸湯は陰証に用いられ、五苓散は陽証にもちいられることになっているので、呉茱萸湯では、脈沈遅、五苓散では脈浮数になるハズであるが、これにも例外がある。そこで呉茱萸証と診断して、呉茱萸湯を用いたが効がないというような時には、五苓散を考えてみるがよい(漢方診療医典)

14>柴胡疏肝湯
  1. 肋間神経痛に用いる。胸部に炎症、腫瘍などがあって、それに併発するものに用いる機会がある。肺ガンと診断された患者の激しい胸背痛がこれで治ったことがある。腹筋は一体に緊張している。本方は四逆散を原方とするのであるから、服証は四逆散のそれに準ずる(漢方診療医典)

15>芍薬甘草湯
  1. 腹直筋の攣急がなくて、手足の筋肉だけが攣急していることがある《大塚敬節》
  2. 関節痛や筋肉痛で、筋の緊張を伴う者に用いられる。鎮痛作用増強のために附子を加えて用いると良い(漢方診療医典)

16>芍薬甘草附子湯

17>小建中湯

18>続命湯
  1. 中風後遺症、身体痛、麻痺、頭痛、喘鳴、口渇、言語障害、知覚障害

19>
疎経活血湯
  1. 坐骨神経痛に用いる。本方は万病回春にでていて“遍身走り痛んで刺すが如く左の足痛尤も激しきを治す。左は血に属す。多くは酒色によって損じ傷れ金脈空虚し風寒湿熱を被り内に感じ、熱が寒を包むときは痛んで筋絡をやぶる。是を以て昼は軽く夜は重きに宜しく、経をすかして血を活し湿をめぐらすべし。此れ白虎歴節風に非ざるなり”とあって、左の足の痛みが甚だしいことと、昼よりも夜がひどく痛むこと、酒色の過度が原因であることに注目していたところ、まさに、この処方の正証と思われる冠者に遭遇した、その患者は平素から酒客でよく飲む方であるが、仕事が忙しいための疲労と夜更けまで酒を飲むための睡眠不足がかさなり、左足の坐骨神経痛となった。しかも痛みがひどくて夜間は全く眠れない。それが5日間も続いたという。そこで本方を用いたところ、その夜は少々眠れるほどに痛みが軽くなり、2、3日で安眠できるようになり、10日たつと便所に歩いて行けるようになり、1ヵ月ほどたって仕事ができるようになった。ところで、この処方は右足の坐骨神経痛にも効があり、左足に限るわけではない(漢方診療医典)
  2. 下腹部うっ血、しびれ、四肢疼痛、水毒

20>大柴胡湯

21>大防風湯

22>風湿舒筋丸

23>桃核承気湯
  1. おけつによるものにぷらす「附子」《浅田宗伯》
  2. 打撲の後遺症として、手足の神経質様の疼痛に用いる《大塚敬節》

24>当帰建中湯

25>当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 27歳男性。
    3年前に結核に罹ったが、これは全快している。
    主訴は、からだのあちこちに移動する疼痛で、多発性神経炎とか、筋肉リウマチとか筋肉炎とか、種々の病名がつけられたが、すでに1年あまり治らない。
    現在、痛むところは、右の上腕と右の側腹から腰にかけて、ちょうど洋服のバンドの通る部位で、疼痛は右側だけである。夜も疼痛のためによく眠れず、疼痛のために眼が覚める。腹診すると臍上で振水音を証明し、全体に軟くて膨満感がある。大便は1日1行。
    なお患者はひどく疲れて、元気がなく、気分が悪くてたまらないと云う。しかし一見したところ、病人らしいところはない。
    私はこれに次に上げるような処方を用いてみたが、どれを用いても、良くならず、悪くもならないとう状態で、そのうちに1年がたってしまった。
    次にその処方を列記してみる。
    清湿化痰湯、五積散、疎経活血湯、分心気飲、桂枝加竜骨牡蛎湯+半夏厚朴湯、烏苓通気湯、神効湯、当帰四逆湯《衛生宝鑑》、不換金正気散、柴胡桂枝湯
    そして最後に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を用いたところ、始めて薬効が現れ、これを飲むようになってから、夜間眠れないような疼痛はなくなり、仕事が忙しい時には、時々前のような症状になるが、病の8分通りは良くなり、目下服薬中である。《大塚敬節》

26>
当帰芍薬散
  1. 29歳主婦。
    今から4~5年前に盲腸の手術をしてから腰が痛くなり、昨年、骨盤腹膜炎を患って手術した。2~3年前から、腰痛のせいか、膝の下がだるく、土踏まずの下の外側の筋が痛い。いろいろな薬を飲み、神経痛の注射もしてみたが、いっこうに効かない。時々立ちくらみや頭痛も覚えるという。もともと冷え性で生理不順の傾向もあったので、当帰芍薬散を飲み続けたところ、今ではすっかり元気になり、畑仕事に励んでいる《山田光胤》

27>人参湯

28>八味地黄丸

29>防已黄蓍湯
  1. 急に生じる関節痛・腫痛《中医処方解説》
  2. 膝関節炎、リウマチ
  3. 水太り体質。色白で汗をかきやすい。
  4. 風湿相打ち皮膚に客す。四肢無力、関節煩疼する者を治す:「+苡仁・独活」《雑病翼方》

30>防風通聖散

31>麻黄湯

32>麻黄附子細辛湯
  1. 神経痛様疼痛ありて顔面蒼白、尿意頻数、大便に異常なく、脈沈なる等の証。《奥田謙蔵》
  2. 「ロイマチス」様疾患にして、熱候無く、脈沈微にして、数、舌苔なく身体疼痛、手足に冷感ある等の証。《奥田謙蔵》

33>マキョウヨッカントウ
  1. 疼痛<風湿>・神経痛
  2. 患部に熱を持つ。
  3. 関節炎、リウマチ
  4. 冷えると痛む
  5. (夕方になると悪化「日哺所劇者」)
  6. 諸種の神経痛、及びその類似疾患等、《奥田謙蔵》

34>苓姜朮甘湯

35>六味丸







漢方用語
【懸痛】 (けんつう)=ひきつり痛む。
サンツウ (さんつう)=疼痛。
【酸疼】 (さんとう)=わるだるく痛む。
【掣痛】 (せいつう)=ひきつれ痛む。
【走痛】 (そうつう)=痛みがあちこちと移動する。






<漢方医学>
「上に在るは風に属す:
  • (羗活・桔梗・桂枝・威霊仙)を主薬とし

「下に在るは湿に属す:
  • (牛膝・木通・防已・黄柏)を主薬とすべし

「諸痛を止むるには、乳香・没薬を主薬とすべし」《万病回春》
しか [霊芝][コウジン(紅参)]

腹痛の漢方薬
頭痛の漢方薬


チェック
関連情報
痛みが激しい」「モルヒネ」「線維筋痛症」「複合性局所疼痛」「疝痛」「気痛」」「関節が痛い手足が痛い」「慢性関節リウマチ」「関節リウマチ」「歯痛」「シェーグレン症候群」「多発性動脈炎」「全身性エリテマトーデス」「自己免疫性疾患」「側頭動脈炎」「リンパ球減少」「タンパク尿」「多発性筋炎」「リウマチ熱」「全身性強皮症」「発熱」「単球増多」「Wegener肉芽腫症」「ステロイド」「神経痛」「霊芝








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬