医薬品の略語
薬効分類


抗ヒスタミン薬


「トラベルミン」
(錠)サリチル酸ジフェンヒドラミン40mg。ジプロフィリン26mg
(注)塩酸ジフェンヒドラミン30mg、ジプロフィリン26mg



迷走神経を介して、前庭部より大脳皮質中枢への伝達経路に働く。
脳幹の興奮を鎮静する作用がある。





動揺病
メニエール症候群による悪心・嘔吐・めまい



(内服)
1回1錠  必要により1日3〜4回
(注射)
1回1A 皮下注・筋注




緑内障・・・抗コリン作用によって眼圧上昇の恐れ
前立腺肥大など・・・抗コリン作用によって排尿困難・尿閉の恐れ。



中枢神経抑制薬・・・・バルビツール酸誘導体
アルコール
MAO阻害剤
他のキサンチン系薬剤・・・テオフィリン、アミノフィリン、カフェイン
中枢神経興奮薬・・・塩酸エフェドリン、マオウ(麻黄)








嘔吐
悪心
倦怠感
口渇
神経過敏
頭重感
頭痛
手足のシビレ
動悸
ねむけ
発疹・・・・→中止





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬