胃腸薬



消化性潰瘍
一般名 トロキシピド
商品名 [アプレース][アニトラール][トロキシン][プララース]
作用
機序
胃粘膜の修復促進作用
  • 防御因子強化成分
血流量増加作用
代謝賦活作用
  • 活動のエネルギーNINARUATPの合成を増やすことで新しい胃粘膜細胞の再生を促します。
構成成分正常化作用
プロスタグランジン量増加作用
効能・
用途
胃潰瘍
以下の疾患の胃粘膜病変(びらん・出血・発赤・浮腫)の改善
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎の急性増悪期
用法
用量
1回100mg 1日3回 (増減)








アナフィラキシー様症状
嘔気
黄疸・・・・・中止
かゆみ
肝機能障害・・・・・・・異常で中止
ショック
全身倦怠感
動悸
腹部膨満感
浮腫
便秘
発疹
胸やけ


TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬