ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



トリプタノール(Tryptanol)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





三環系抗うつ薬
一般名 塩酸アミトリプチリン
商品
「アデプレス」「アトリプタール」「アミプタノール」「アミプリン」「塩酸アミトリプチリン「トリプタノール」「ノーマルン」「ミケトリン」「ミタプチリン」「ラントロン」



◎脳に直接働いて、感情の調節と高揚作用を示し、さらに自律神経を安定させます。そして抑うつ状態を改善し、精神活動を活発にします。
◎脳内神経終末へのノルアドレナリン及びセロトニンの取り込みを阻害する。
◎抗コリン作用(アトロピン様作用)がある。





うつ状態
うつ病
夜尿症
催眠・鎮静効果が比較的強い抗うつ薬



うつ病・うつ状態
・初期・・・1日30〜75mg
・1日150mgまで漸増  分割投与
・1日300mgまで増量可
夜尿症
・1日10〜30mg 就寝前




三環系抗うつ薬過敏症
心筋梗塞の回復初期。
緑内障





が必要
1.眼内圧亢進
2.ケイレン性疾患
3.狭心症
4.甲状腺機能亢進症
5.高齢者
6.小児
7.心筋梗塞
8.心不全
9.精神分裂病素因がある者。
10.躁鬱病
11.脳器質障害
12.排尿困難の者・・・・悪化の恐れ
13.不整脈



◎以下の薬との併用で作用が増強する:
1.アドレナリン作動薬
2.アルコール摂取
3.MAO阻害薬
4.抗コリン作動薬
5.中枢神経抑制薬
◎降圧薬の作用が減弱する:




○治療有効濃度範囲・・・100〜250µg/ml
○中毒症状
[眠気]
[昏迷]
[運動失調]
[手指の振戦]




過量投与した場合の症状・徴候と処置
嘔吐
筋硬直
傾眠
激越
ケイレン
幻視
高熱(異常高熱)
昏迷
錯乱
散瞳
心不全
低血圧(重篤な)
低体温
伝導障害
反射亢進
頻脈
不整脈
特異的解毒剤は無い。

胃洗浄
気道確保
補液
心電図チェック
ケイレン・・→ジアゼパム静注





副作用(五十音順)

1.悪性症候群
2.運動失調
3.嘔吐
4.悪心
5.肝障害
6.眼内圧亢進
7.血圧上昇
8.血圧低下
9.下痢
10.幻覚
11.倦怠感
12.構音障害
13.口渇
14.口唇部の不随運動(長期投与で)
15.抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
16.焦燥感
17.視調節障害
18.食欲不振
19.ジンマシン
20.心筋梗塞
21.心発作
22.心ブロック
23.頭痛
24.精神錯乱
25.譫妄
26.知覚異常(四肢の)
27.腸管マヒから麻痺性イレウスに移行
28.動悸
29.ねむけ
30.パーキンソン症状
31.排尿困難
32.発汗
33.白血球減少
34.頻脈
35.不安
36.不整脈
37.不眠
38.浮腫(顔・舌)
39.ふらつき
40.便秘
41.発疹
42.味覚異常
43.無顆粒球症

44.めまい
平成18年9/1〜12/31厚生労働省
  1. 食欲不振1
  2. 血圧上昇2
  3. 乳癌1
  4. 脚ブロック1
  5. 心肺停止1
  6. 意識レベルの低下2
  7. 播種性血管内凝固1
  8. 浮動性めまい1
    薬物毒性1
  9. 薬剤離脱症候群1
  10. 頭痛1
  11. 間質性肺疾患1
  12. 動悸1
  13. 血小板数減少1
  14. 頻脈1
  15. 尿閉
平成20年4/1〜9/31厚生労働省副作用情報
  1. 食欲不振
  2. 譫妄
  3. 糖尿病
  4. ニコチン酸欠乏
  5. プリンツメタル狭心症
  6. スティーブンス・ジョンソン症候群
  7. 尿閉
  8. 視神経障害






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬