毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

津波



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬



地震

低体温症

放射能汚染




津波   tsunami
流れが速い
  • チリ地震では地球の反対側に位置する日本に1mを超える津波が到達した。予想より小さかったと安心した人も多かったが、実は高さ数十cmの津波にも人を押し流す力がある。
    2mを超えると木造家屋を押しつぶしてしまう。
    陸上では、ひざ上程度の高さでもほとんどの人が流されてしまう。
    津波は“高波”とは仕組みも威力も異なる。
  • 2004年の23号台風では13mを超える高波が発生。高知県室戸市では堤防が壊れ家屋に大きな被害が出た。これに対し、津波では高さが2〜3mでも堤防を破壊する。
    高波は海面付近の水が動き波長は最大でも200mほど。
  • 1つひとつの波の力はそれほど大きくない。
    これに対して津波は海底〜海面までの水が巨大な塊となって押し寄せる。
  • 波長は数百kmに達することがあり、強い力が長時間かかり続ける。
    独立行政法人・港湾空港技術研究所の有川太郎主任研究官は「津波は頭で考える以上に水量が多く流れ速い」と警告する。
    「地形によっては津波が引くときの方が怖い」と語るのは高知大学の岡村真教授。
    津波の高さが1mなら海抜3mまで海水が侵入する恐れがある。それが戻っていくときに速さを増し、破壊した材木やがれきが凶器となる。
  • さらに、下り坂から平地になる場所には渦が発生して足を取られやすくなる




1498年の明応東海地震
海抜36b
  • 室町時代の1498年に発生した大地震「明応東海地震」で、古文書の記録や伝承から、静岡県沼津市で津波が斜面を駆け上がり海抜36メートルを超える地点まで達していたことが2011年、東京大学地震研究所の調査で分かった。
  • 東日本大震災では、岩手県宮古市の斜面を39.7bまで津波が遡ったとする報告がある。
  • 明応東海地震は東海沖から四国沖の海底にある溝状の地形「南海トラフ」沿いに起きた大地震。





東日本大震災
東日本大震災・・・・高速の「射流」だった
  • 2011年、東日本大震災の津波は高速で一気に押し寄せる「射流」と呼ばれる特殊な状態だったことが東京大地震研究所の都司嘉宣准教授の分析で分かった。
    通常の津波より数倍速く強いエネルギーを持ち、被害拡大につながった。
    通常の津波は「常流」と呼ばれる状態で、時速10km以下で押し寄せ、人がおぼれる危険はあるが家屋を押し流す力はない。
  • 一方、射流は時速数十`で、水位が低くても家屋を簡単にさらうほどのエネルギーという。
    東大地震研が岩手県釜石市の30〜50`沖に2基設置した津波計のデータに着目。地震発生から12分程度は約1.5bまで水位が徐々に上昇し、その後約2分で6b近くまで跳ね上がったことが判明した。
    今回のような海溝型地震では海底がプレート境界に沿って隆起し津波を引き起こす。
  • ただ、一様に隆起しただけでは「射流」は起きないといい、都司准教授は震源域の中で特に大きく隆起した場所があったと推定。
    地形や観測データなどから震源のやや東側の約50`四方の地盤が周囲より3〜4b多く盛り上がり、海岸で高さ約15bに達する津波が発生、持ち上がった大量の海水が落下したエネルギーで射流が起きたと結論づけた


原発の津波・・・14b以上
  • 2011年3/21、東京電力は東日本大震災(3/11)の際に福島第1・第2電子力発電所を襲った津波の高さは14b以上だったとみられるとの見解を発表。
  • 地震の前は、土木学会の指針に基づいて津波の高さを第1原発でも最大5.5bと見積もっていた。
  • 2011年、福島第1原子力発電所がある福島県大熊町沿岸で、最大22bの津波が押し寄せていたことが広島大学の後藤秀昭準教授らの調査で分かった。5/27の日本地球惑星科学連合大会で発表。


想定できた!
  • 2011年、3/11に起きた大震災は、「想定外」ではなく、発生日時や震源などは予測できないものの、起こること自体は容易に想定できた。
  • ロバート・ゲラー東大教授が「ネイチャー」(電子版)に発表。
  • 同教授によると、チリやスマトラ沖など環太平洋地域では過去100年間に、東日本大震災と同様のメカニズムをもつマグニチュード9以上の地震が4回発生。
  • 東北の太平洋沿岸でも大きな津波を記録した1896年の明治三陸地震が起きている。


貞観地震を上回る
  1. 東北大学などのチームは、東日本大震災で仙台平野を襲った津波が869年の貞観地震で起きた津波の規模を上回っていたと報告した。
  2. 2011年、北海道大学の平川一臣特任教授らは岩手県宮古市の地層調査から、869年の「貞観地震」の規模が東日本大震災並みのM9級だった可能性があることを明らかにした。また宮城県気仙沼の海岸のガケで、過去6000年間に6回の大規模な津波があったことを示す明確な痕跡も見つけた。


電離層に異常
  • 2012年、鴨川仁・東京学芸大学助教らは、東日本大震災で起きた巨大津波が起きたすぐ後に、約300km上空にある電離層で電子の密度が低くなったことを突き止めた。
  • GPSから届く電波で調べた。
  • 震源域の上空では、地震発生8分後から電子の密度が下がり始め、30%程小さくなった。
  • 津波が経過して海面が下がって大気も大きく影響を受けた結果、電離層の電子も高度が低下した。その一部がイオンとくっついて酸素や窒素の分子に変化したためだと分析している。




若狭湾
400年前
  • 敦賀、美浜などに14基の原子力発電所が集まる福井県の若狭湾で、400年以上前に、地震による津波と見られる大きな波で多数の被害が出た記録が複数の文献に残されていた。
  • 2011年4月上旬に、敦賀短期大学の外岡慎一郎教授(日本中世史)が、敦賀市の依頼を受けて調べたところ、京都の神社の神主が戦国時代〜江戸時代つづった日記《兼見卿記》に、1586年に「丹後、若狭、越前の海岸沿いで、家々が波に押し流されて人が死亡した」という記述があった。
  • 前日に「夜に地震があった」との記載があるところから地震による津波を記録したものと推定できるという。
  • 外岡教授によると、兼見卿記(かねみきょうき)は中世史の研究者には知られた一級の史料。
  • また当時来日していたポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが記した《日本史》にも「山のような波が押し寄せて家や人が流された」とある。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬