なおるコム/治るかも
HOME病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
ツツガムシ病

チェック
虫さされ」「リケッチア」「発熱」「高熱」「発疹」「かぜ」「アレルギー」「ライム病




よく使う漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴

ツツガムシ病
  • リケッチア症の1つ。発疹を伴う感染症日本特有の地方病。病原体のリケッチアは患部に壊死を引き起こし、潰瘍をつくる。潜伏期は7〜10日で、39℃〜40℃の高熱を出す。
  • 死亡:1998年には日本で、2名が亡くなっている
  • ツツガムシ病は古くから秋田県雄物川、山形県最上川、新潟県信濃川の流域の多発する風土病で、病因はツツガムシの幼虫が媒介するリケッチアである。
  • 患者数は1980年ごろから再び増え始め年間1000人近くになっている。
    1. 東日本:フトゲツツガムシ。山菜採りと栗拾いの頃
    2. 西日本:タテツツガムシ。ミカン狩りの頃に好発
ツツガムシ病の症状

「ツツガムシに刺されると黒いかさぶたができるが、発熱・頭痛・関節痛などの症状が現れるまでに1〜2週間の潜伏期間があるので、風邪やアレルギー疾患と間違われやすい。発見が遅れて命取りになることもある。」
  1. 頭痛
  2. 発熱・・・・高熱が出る
  3. 結膜充血
  4. リンパ節腫張
    • ダニに刺された部位の紅暈を伴う黒色痂皮と所属するリンパ節が腫れる。
  5. 発疹
    • 3〜9病日の直径5mm前後の紅色の斑状丘疹



血清反応(間接免疫蛍光法)でR.tsutsubamushiの抗体を証明

河原や野山などに入るときには、帽子をかぶり、肌を露出させないようにすること


江戸時代、旅行の途中、ダニの一種「ツツガムシ」にかまれたあとに、お灸をして病気を防いだ。

手遅れは・・・命取り
  • ツツガ虫はなかなか厄介な病気である。かっては手紙の冒頭に「つつがなくお暮らしのことと」という具合に日々心配された病気だったが、現在はあまり話題にならない。しかし、スポーツドクターの菅栄一医師によれば、“今でもツツガ虫病はあり、手当が遅れると命取りになる。2〜3年に1〜2人の死亡例はあり、楽観できない”と話す。

    この虫はケダニの幼虫でリケッチアを保有(すべてとは限らない)、北海道と沖縄を除く全国にいる。どちらか言うと、高い山より、比較的低い草原などにいて四季を通じて発症している。


    刺されると10日ほどの潜伏期間があり、やがて
      40度近い熱が出て、
      頭痛・筋肉痛などの症状になる。
    そして全身に淡紅色の斑点が多数出来る。
    治療が早ければ治るが、遅れると手遅れになる可能性がある。
    “最近ではオートキャンプをしている人が危ない。野原に寝ているうちに刺されるようです。キャンプを楽しむ時は素肌を留出しないで自宅に帰ってから1〜2週間は体調を観察してほしい”」


恙なきや
  • 607年、第33代の推古天皇(554〜628)と聖徳太子(574〜622)は、随の時代であった中国大陸に遣隋使として小野妹子を遣わした。そのときの国書の一節に“日出処天子致書日没処天子無恙乎”(日出ずる処の天子、書を日の没する処の天子に致す、恙なきや)
  • 恙とは、病気や災いのような意味でも使われるが、もともとはツツガムシ(恙虫)による害のこと。




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査