ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



長寿



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




健康寿命 
養生
 
予防
 
栄養療法

老化予防 
地中海食
 
介護

やせすぎ 
肥満

長寿遺伝子




長寿 (元気で長生き)
上も下も元気なことです。
そして
快食・快便・快眠・快歩が出来ることです
  • “青春とは、人生のある時期ではなく、心の持ち方をいう。
    年を重ねただけで、人は老いない。
    理想を失うとき、初めて老いる”
    S・ウルマン



100歳長寿への道 

  1. “遺伝的に特別でなくても、運が良ければ誰でも100歳までたどり着くことができるだろう”(広瀬信義・慶應義塾大学病院老年内科診療部長)
  2. 動脈硬化糖尿病が無いこと
  3. 腹八分で栄養不足が無い食事
  4. 以下の性格のどれにあてまはるか?
  • 〈外向性〉
    • (社交的、活動的、派手好き)

  • 〈誠実性〉
    • (意志が強い、几帳面、頑固)

  • 〈開放性〉
    • (創造的、好奇心旺盛、新しいことにチャレンジ)

  • 〈神経症傾向〉
    • (不安が強い、細かいことに気づく)

  • 〈調和性〉
    • (思いやりが強い、周りにあわせる)

100歳以上の方は〈外向性〉〈誠実性〉〈開放性〉が多い。





元気で長生きの10ヶ条
(東京都老人総合研究所) 
  1. 血清アルブミン値が高い
    • 血清アルブミンは肝臓で合成されるタンパク質。
    • 値が低いのは肝臓や腎臓の働きが衰えていることを示し、動物性タンパク質が必要になる。
  2. 血清総コレステロール値は高すぎず低すぎず
  3. 足が丈夫である。
  4. 主観的健康感がよい。
  5. 短期の記憶力がよい。
  6. 太り方は中くらい。
  7. タバコを吸わない。
  8. お酒は飲み過ぎない。
  9. 血圧は高すぎず低すぎず
  10. 社会参加が活発である





女性は長生き

  1. 鉄が体内に過剰になると、活性酸素の酸性を促し、酸化ストレスが生じる。
    鉄はウイスル性肝炎の増悪原因の1つにもなる。
  2. 基礎代謝
    小柄な女性の方が男性より基礎代謝が少なく、酸素の消費量も少ない。その結果、活性酸素の発生量も少なくなる。
  3. 女性ホルモン
    女性ホルモンは活性酸素を消去する能力を持つ






やせると・・・死亡リスクが高い
2010年、厚生労働省研究班は中年以降に体重が5kg以上減少すると、変化が無かった人と比べて死亡リスクが男性で約4割、女性で7割高くなるという疫学調査を発表。

特にガンで死亡するリスクが高くなった

体重が5kg以上増えた場合も死亡リスクが3割アップした。





短命・・・やせるとダメ
2009年、東北大公衆衛生学のグループが宮城県内の44000人の10年分のデータをまとめた。
40才の人の平均余命は、肥満別に見ると「やせ」の人が最も短く、「太りすぎ」の人より6年も短命だった。

肥満度=体格指数(BMI)=体重(`)÷身長(b)÷身長(b)

WHOの基準
   BMI・・・18.5未満=やせ
   BMI・・・18.5〜25.0未満=普通
   BMI・・・25.0〜30.0未満=太りすぎ
   BMI・・・30.0以上=肥満

40歳の人の肥満度ごとに平均余命(男女とも順位は同じ)は
  @太りすぎ・・・♂40.5年(♀47.0年)
  A普通・・・・・・♂38.7年(♀46.3年)
  B肥満・・・・・・♂37.9年(♀44.9年)
  Cやせ・・・・・・♂33.8年(♀41.1年) 





エサを減らす・・・飢餓状態
「2008年、京都大学の西田栄介教授らは、エサを毎日でなく2日おきに与えてあえて飢餓状態を作ると、寿命が大幅に延びることを線虫を使った実験であきらかにした.
成果は12/15のネイチャー電子版に発表。

線虫が成虫になってからエサを自由に食べさせると平均20日ぐらいで死ぬが、エサを2日おきに与えたところ、寿命が50%延びて、約30日間生きた。

寿命延長をもたらす遺伝子も判明した。『Rheb』(レブ)という栄養やエネルギーの情報伝達に関わる遺伝子で、別の寿命関連遺伝子の働きを活性化させて老化を抑えていた。
遺伝子操作でRhebを働かないように操作すると、断続的な飢餓状態をつくっても寿命は延びなかった。





(腹七分目)
アカゲザル
  1. 20年にわたる長期実験で、エサのカロリー量を3割減らすと、糖尿病ガン・循環器病にかかりにくく、死亡率が約1/3に留まったことがわかった。米ウィスコンシン大学などのチームの研究成果で、2009年7/15のサイエンスに発表。
    カロリー制限が長生きにつながることは、マウス実験で示されていたが、霊長類ではハッキリしていなかった。
    ただ日本の厚生労働省が2009年4月に発表した結果では、体重が若い頃より5kg以上減少した人はガンなどで死亡するリスクが高かった。
  2. 2012年、実験動物のアカゲザルで、カロリーを20%カットしダイエットした場合と、しない場合を20年以上観察した。その結果、サルは食事でカロリー制限しても、ダイエットをしないグループと比べて寿命は延びなかった
    米国立加齢研究所などのチームが8/30のネイチャーに発表。
    コレステロール値が下がるなど健康状態は改善した。
    マウスではカロリー制限によって寿命が延びることが分かっており、より長生きの人間や、人間に近いサルで同じ効果が出るかどうか注目されてきた。
  3. 現役で活躍する元気な超高齢者の体を調べていくと、インスリン量が低く、HFEAが高く、アディポネクチンが非常に高い傾向が見られた。
    昔から長寿の人には糖尿病や肥満が少ないと言われてきたことを裏付ける。
    動物実験で、与えるエサの量を減らすと寿命が延びる報告が出ている。食餌量を通常の60%ぐらいにすると最も有効で、ネズミなどで平均1.5〜1.8倍長生きする。
    米の研究者らが15年がかりでアカゲザルを使って実験したところ、カロリー制限したサルの方がガンの発生率は有意に低くなり、動脈硬化の発症も少なかった




食餌を減らしても早死に
「ニューロペプチド」(NPY)
2014年、早稲田大学の千葉拓哉教授と長崎大学の下川功教授らは、マウスを使った実験で、食餌のカロリーを制限しても脳内でタンパク質の断片の一種をうまく作れないと早死にすることを突き止めた。そして、その多くがガンになっていた。 


このペプチド(タンパク質の断片)は体内で起こる酸化を防ぐ働きがあり、ガンの発症と関連している可能性がある。 

食餌を通常より3割ほど減らしたマウスは寿命が延びることが分かっている。 

千葉教授らは、脳などの中枢神経に広く分布し、空腹時に脳内で量が増える「ニューロペプチド」(NPY)と呼ばれるペプチドの一種に注目。 

NPYを作れないマウスを遺伝子操作で作製し、食餌を減らして育てた。 

通常はマウスの半数が3年間生き残るが、食餌制限しなかったマウスと同じように2年で半数が死んだ。 

NPYを作れないマウスを調べると、約6割が悪性リンパ腫肝細胞ガンを発症していた。 

遺伝子操作をしていないマウスでは、ガンの発症率は3割ほどだった




ソバに大根おろしをかけて食べる
(おろしソバ)

知る人ぞ知る福井名物で、地元には毎日欠かさないというそば好きも多い。どちからといえば粗食の部類だが、このような食べ物が、ガンの発生を抑え、長寿をもたらすとの新説が、日下幸則・福井医科大学教授(環境保健学)らの調査で浮かび上がってきた。
 「福井県の男性の平均寿命は76.84歳で長野県に次ぐ全国第2位。
 「女性も、82.36歳で全国12位とかなりの上位。」
その秘訣を探る為に、日下教授や県栄養士会(清水瑠美子会長)のメンバーらが、厚生省の委託を受けて「長寿社会における健康要因の抽出と、その応用に関する研究」として栄養調査などを進めて来た。93年度から3年間にわたるこの研究の一環として、昨年11月下旬、同県内に住む96歳〜103歳の元気なお年寄り36人(男性12人、女性24人)の食生活などについての聞き取り調査が実施された。

その結果、 


長寿者の大半が白米や野菜の煮物などを好み、特にナス・カボチャ・ソバ・柿・ダイコンなどを日頃からよく食べていることが分かった。
これらの食物の、異常細胞の増殖に対する働きを県衛生研究所で調べたところ、いずれも発ガン抑制効果があり、中でもソバとダイコンの効果が高いことが分かった。





(和食)
日本食は心臓病などの危険を減らす可能性が高いことが、今年3月に家森幸男・京大大学院教授らがブラジルで行った調査で確認された。


対象はブラジルの内陸部に住む日系二、三世。

肉食が中心で、心筋梗塞糖尿病が多く、日本よりも約17年平均寿命が短い。家森教授らは約400人を検診し、高血圧・肥満などの問題を抱えた約100人を選んだ。この人たちに普通の食事に加えて
  • 魚油に多く含まれる脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)
  • 大豆成分のイソフラボン
  • わかめ
  • こうした成分が含まれないにせもの食品 
  
それぞれ加えたグループに分け、10週間食べてもらった。
その結果、『DHA』は血圧を、




緑茶
「お茶を飲む量が多い人ほど長寿の傾向がある」

という調査データが示された。お茶の産地である静岡・福岡・京都・埼玉の各府県でそれぞれ実施された疫学調査により、お茶を多く飲む人はガンの発症率や死亡率が全国平均より低いことが示された。
例えば、埼玉県がんセンター研究所が80年代後半から進めている1万人規模の調査では「1日にお茶を10杯以上飲む人は」「3杯以下しか飲まない人」に比べて、ガンにかかる年齢が男性で3.2歳、女性で7.2歳といった結果が出た。

ガンに罹る率も約40%低かった







タンパク質摂取量が多い
(イ)長寿番付1位:
  男性が長野県(女性は4位)
  女性が沖縄県(男性は2位)
  • 「平均寿命と県民所得にはかなりはっきりした統計的相関がある。豊かな国ほど長生きである。ところが、沖縄の県民所得は全国最低、長野県も中間ぐらい。」

(ロ)[沖縄の長寿食]
  • ・豚肉料理
  • ・低塩分食
  • ・1年中体を動かす
  • ・昆布、シイタケ、黒砂糖、高タンパクの沖縄豆腐の多食。
(ハ) [長野県]
  • 「漬け物好きで、塩分摂取量も全国屈指。冬季労働もゼロに近い」
    「リンゴ産地の青森県と似ている青森県は全国一の短命県」
    「1918年の調査で、17種類の昆虫を常食。昆虫は高タンパク食」



長野県の80歳以上(1000人の回答)
(長野県栄養士会佐久支部の1997年の実態調査から) 

@おかずをたくさんとる 

Aタンパク質をしっかりとる
  • たとえば、鶏や川魚などを家の庭や池で育て、余すところ無く食べる。
  • ハチノコ・イナゴ・さなぎ・ゲンゴロウなど昆虫類をおいしく料理する。

Bヤギ乳や牛乳をよく飲む 

Cトウフや凍り豆腐をよく食べる 

D
野菜類、特に野沢菜をはじめ緑黄色野菜をよく食べる 

E主食はコメ以外にトウモロコシ・ソバなど 

F
塩分の取りすぎに注意している 

G食事の全体量は腹八分目 



100歳以上・・・・6万人以上(2015年)

東京都内に住む100歳以上302人
ほぼ全員が何らかの病気を持っていた。
高血圧が6割
糖尿病は6 %と少ない
ガンが少ない
バランスの良い食事
活発な生活を心がけている
誠実で意志が強い
運動週間を続けている




健康寿命
  1. =平均寿命から日常生活を大きく損ねる病気・ケガなどの期間を差し引いた年数。
    2000年からWHO(世界保健機関)が公表。
  2. 寝たきりなどの状態で生活のQOL(生活の質)が違うとの考え方から、あたらしい指標として採用
  3. 2003年日本人
    平均寿命(男性78.4歳、女性85.3歳)
    健康寿命(男性72.3歳、女性77.7歳)




(ホルモンと健康寿命)
  1. 女性ホルモン(エストロゲン)が少ないと
  2. 男性ホルモン(テストステロン)が少ないと
  3. DHEA-Sの低下
    • デヒドロエピアンドロステロンサルフェート(DHEA-S)というホルモンは全身の他のホルモンの制御にも関わっていて、不足すると以下のような症状が出る
    • (青木晃・順天堂大学医学部加齢制御医学講座准教授)





長寿症候群
LDLが低値でHDLが高値・・・である家系
長寿症候群と呼び、冠動脈硬化性心疾患(CHD)の発症頻度が低く、長寿であることが示されている





サーチュイン遺伝子
(長寿遺伝子)

2000年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士が酵母から発見 
サーチュイン遺伝子が
酵素を作り、それが老化を防ぎ、若さを取り戻す。

サーチュイン遺伝子は消費カロリーの25%減の食事を摂取すると、約7週間で働き出す

地球上の生物が“飢餓”に対応するための遺伝子

レスベラトロール
摂取することで、サーチュイン遺伝子が活性化する。
カロリー制限しなくてもOK。
  1. ミトコンドリアが2倍に
  2. 血流が改善
  3. 記憶力がアップ





ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)
=サーチュインの働きを強める化合物の材料
2016年、伊藤祐・慶應義塾大学教授は老化に伴う症状を抑える効果がマウスで見られた物質を人間に投与する臨床研究を始めた。健康な人を対象に、安全性を確認する。
投与するのはNMN。
人間や動物の体内にあり、長寿遺伝子として知られる「サーチュイン」の働きを強める化合物の材料となる。

マウスに投与した実験では、様々な臓器で化合物の量が増え、血糖値の上昇が抑えられるなど、老化により臓器の働きが衰えるのを抑える効果が期待できる。




針灸のツボ
“いのち(生命)より長きを希う人々よ、脛の三里を常にたしなめ” 





カルシウムパラドックス
血液中のカルシウムは心臓や脳を動かします
  1. 人間の体を構成する60兆個の細胞はカルシウムの出す情報によって各々の役割を果たしています。
  2. カルシウムが無いと、生命を維持することができません

カルシウム
が不足すると
(→骨を溶かして補充します)
  • 心臓を止めないように生命維持の仕組みが働いて、副甲状腺ホルモンが分泌されます。そして、骨を溶かして、血液中にカルシウムを補給します
  • これは骨粗鬆症の原因となるばかりでなく、細胞のカルシウムチャネルを開けて細胞内へ余分なカルシウムを侵入させます
  • それによって細胞の正常な機能が損なわれ、病気や老化が進行します



骨から溶け出たカルシウムが
  • すい臓の細胞に入ると、インスリンの分泌が低下して糖尿病に
  • 血管壁に入ると動脈硬化・高血圧に
  • 脳に入ると認知症になるなど、多くの生活習慣病の原因になります


これらは、いずれもカルシウム不足
・・ (口から摂取するカルシウムの不足)
によって、骨から大量にカルシウムが溶かし出され、それが細胞の正常な働きを阻害させるために引き起こされるものです

これをカルシウムパラドックスといいます 




関連情報 健康寿命養生」「予防」「栄養療法」「老化予防」「地中海食」「介護」「やせすぎ」「肥満




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査