腸内細菌

便秘

ふん便微生物移植

ヒルシュスプルング病







「第2の脳」と呼ばれる
腸管神経系が形成される機構
腸管神経系

  • 自律神経系に属し、末梢神経系の中で最大の神経系。
    • ヒトでは神経細胞総数は数億個にも達する。

  • 消化管全長にわたり壁内に存在し、数個〜数10個の神経細胞から構成される無数の神経節が神経線維でつながれた網目状構造をとる。

  • 腸管壁内では
    • 筋間神経叢(アウエルバッハ神経叢)と
    • 粘膜下神経叢(マイスナー神経叢)
    に分かれ、腸管の運動・分泌・血流を調節する。

  • 腸のニューロンは迷走神経を介して脳と連絡しています。迷走神経は脳の基部から胸部と腹部に伸びている神経で、そこから分岐した神経線維が腸につながっている。

  • 腸管神経系は、脳からの指令がなくても基本的な機能を遂行できる自律神経回路を内包しており、この特徴からしばしば「第2の脳」と呼ばれる。

マウスで解明
  • 2012年8/20、理化学研究所は、大腸の腸管神経系のもととなる細胞集団を同定し、この集団がどのように小腸から大腸へ移動して腸管神経系を形成するかを突き止めた。
  • 先天的に腸管神経系が形成されないヒルシュスプルング病の発症メカニズム解明にもつながる。









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬