なおるコム/治るかも
HOME病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
疔瘡

チェック
化膿」「できもの」「腫瘍」「癰疽」「セリュライト




よく使う漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴

疔瘡(ちょうそう)
  =
魔ェ蜂窩織炎を伴った場合で劇症である。
  発生部位及び症状で、例えば
  • [面疔] (めんちょう)
    • 鼻の先に出やすい。黄色ブドウ球菌が犯人。
  • [指疔]
  • [足疔]
  • [爛疔]
  • [紅絲疔]
  • [疫疔]
  と呼ぶ。

(主薬)
  • 疔瘡には、白礬を主薬とすべし《万病回春》

  • 「疔は素問に高梁の変は、足に大丁を生ずと見えて、丁の字が古文である。に従うのは後世のことである。隋・唐の頃までは、皆丁の字を用いた。元明の頃から疔の字を用いる。単に疔と称し、或いは疔腫、或いは疔瘡と云う。《諸病源候論》は、初め起こる時、突如として丁蓋のようであるから、これを丁瘡と謂うと説明している。
    この病は至って険症で、旦夕の間に死生が分かれる。また顔面に生じて、容貌が奇異に変じ、瘡色も色々に変わるものであるから、先賢はその形状によって種々の名称をつけた。単元方は10種を分ち、は13種を分ち、李東垣は23種を分ち、申啓玄は34種を分けた。近世になってからは、名称がますます多い。しかし実際は1病であって、こんなに種類の多いものではない。
    疔と癰とは本は1毒であるけてども、その出来るところが違うので、軽重を異にし、症候も同じでない。例えば梅毒でも、1毒ではあるが、下疳と便毒(横痃)とは症候を異にし、軽重が同じでないようなものである。癰が頭にできれば疔の症候を現し、疔が背に出来れば癰の症候となる。」本間棗軒《瘍科秘録》


漢方薬あれこれ 化疔内消散《外科正宗》
追疔奪命湯《万病回春》
疔毒復生湯《外科正宗》
人参敗毒散
防風通聖散




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査