腸内細菌




腸の運動
運動のタイプ
  1. 蠕動運動
    1. 腸管の輪送筋が収縮し、縦走筋が弛緩して収縮輪をつくり、その収縮輪が口側から肛門側へ移動する運動
    2. 十二指腸や回盲部付近では逆方向の運動がみられる
  2. 分節運動
    1. 腸管壁の輪走筋が、ある間隔をおいて収縮し、いくつかのくびれを生じ、次にこの収縮輪の間が収縮する運動。
    2. 腸の内容物を消化液と混ぜ合わせるための運動
    3. 輪走筋の収縮と弛緩によって腸内容物の移動なしに混和する運動。
    4. 栄養素の消化・吸収を促進する運動
  3. 振子運動
    1. 狭い範囲の縦走筋が、一定の間隔で収縮と弛緩を繰り返す運動。
    2. 生理的意義は少ない





(小腸の運動)
  1. 小腸は、胃の幽門に続いて大腸へ移行する6〜7bの管状器官
  2. 小腸は、十二指腸、空腸、回腸に区分される。
  3. 小腸での消化は、機械的消化と化学的消化があり、機械的消化は「蠕動運動」「分節運動」「振子運動」の3種類の運動により食物を混和し、下方へ送る。
  4. 機械的消化
    • 蠕動運動
      1. 腸内容物の輸送
      2. 速度・・・・3.0〜6.5cm/秒
    • 分節運動
      1. 腸内容物の混和
      2. 速度・・・・約7〜8回/分
    • 振子運動
  5. 化学的消化
    消化
    (前)
    消化酵素 消化
    (後)

    ペプチド アミノペプチダーゼ アミノ酸
    ショ糖 サッカラーゼ ブドウ糖
    麦芽糖 マルターゼ ブドウ糖

    デンプン アミロプシン
    (膵アミラーゼ)
    マルトース
    (麦芽糖)
    脂肪 膵リパーゼ 脂肪酸
    グリセリン
    タンパク質 トリプシン ポリペプチド→アミノ酸

    脂肪 胆汁酸塩 乳化




(大腸の運動)
  • 運動・・蠕動運動、分節運動、振子運動
  • 作用・・水分の吸収、糞の形成
    • 大腸液は、消化酵素を含まない粘液でアルカリ性です。
    • 大腸前半部で水と電解質を吸収し、残った内容物を腸内細菌などによって分解し、糞便を形成する




腸の動きを3D表示
  • ソフト開発
  • 2015年、田辺造・諏訪東京理科大学准教授らのは、大腸た小腸などの複雑な動きを3次元グラフで表示できるソフトを開発。
  • MRIで撮影した腹部の連続画像をもとに割り出す。
  • 周波数の変化を応用した。
  • 腸の筋肉が収縮を繰り返す蠕動運動の活発度などが分かるという。





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬会員サービス