毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

中毒


HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬



覚醒剤中毒
一酸化炭素中毒
薬物中毒
食中毒
ニコチン中毒症
タバコ中毒症
呼吸が異常



中毒の原因  (2003年全国都道府県警察報告)
一酸化炭素中毒 78.0%
農薬(全般) 12.5%
医薬品(全般)
  うち(催眠薬
7.0%
(6.0%)
農薬(パラコート・ジクワット) 4.8%
シアン(その他の揮発性毒物) 1.3%
中毒死か否かは、薬毒物検査による血中・臓器中の測定値をもとに判断するが、慢性中毒では、測定値が低くても死と関係していることがある。
一方、致死量以下の薬物使用後の急死では、素因、既往症、逆耐性に配慮すべき。






ダイオキシン






(1)洗濯用洗剤を誤って飲んだ時:
「生卵or活性炭を入れた牛乳を飲ませる。」


(2)毒性植物の中毒:
1.胃の中の毒性物質を排出するために、自分で嘔吐を起こし、そして液体をたくさん飲んで胃の中を洗浄する。
2.胃洗浄に使うもの:
  1.0.05〜1%の過マンガン酸カリウム溶液or
  2.0.5%のチオ硫酸ナトリウム溶液or
  3.1%のタンニン溶液
3.洗浄後、解毒剤を飲む。
「500ccの水に、大さじ1〜3杯の活性炭と2杯の酸化マグネシウムを溶かして飲む。」
4.30分後に胃の洗浄を繰り返す。必要に応じ、浣腸or下剤を使う




サリン中毒に
「アトロピン」と「パム」
  • サリンなどの有機リン剤の中毒は、リンがアセチルコリンエステラーゼにくっつくことによって、アセチルコリンエステラーゼがリン酸化され、その活性を失う中毒のこと。
    「アセチルコリンが運動神経の末端に蓄積すると、筋肉のケイレンが:
    「交感神経末端に蓄積すると汗が出る:
    「副交感神経の末端に蓄積すると、体内の全ての管が収縮して中身を出そうとする。だから、下痢・尿失禁も起きるし、唾液・涙も出る。」

  • <1>《アトロピン》
    • を注射すると、汗が止まり、縮んだ瞳孔は元に戻る。
    • つまり交感神経・副交感神経の作用に対しては効果がある。
    • しかし、運動神経には効きません。だから、ケイレン・呼吸困難はアトロピンで止まらないのです。(内藤教授)

  • <2>《パム》
    • は、運動神経の麻痺に有効。
    • パムは、リン酸化アセチルコリンエステラーゼのリン酸基に近づき、パム自らがリン酸化されてリン酸化パムになる。そうすると、アセチルコリンエステラーゼからはリン酸基が離れて、その活性を回復する。
    • ただし、サリンで5時間・ソマンで2分・タブンで数秒の余裕しかない。

  • <3>中和剤は、水酸化ナトリウム溶液(サリン)、
      さらし粉=次亜塩素酸カルシウム(イペリット)」
    (Quark 6 JUN '95 NO.156)」

分解酵素
  • 2011年、ワイツマン化学研究所などは、サリン系神経毒「シクロサリン」をすばやく分解できる酵素を作製した。
    天然にある分解酵素の遺伝子にランダムな変異を入れ、分解速度を最大10万倍に高めた。
    成果は米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジーに掲載。
    シクロサリンを分解できる酵素「パラオキソナーゼ」は天然にも存在するが、分解速度が非常に遅く、そのままでは生物を守れない。





毒物 特異的解毒薬
アセトアミノフェン アセチルシステイン
一酸化炭素 100%酸素が必要。高圧酸素療法。
イソニアジド ピリドキシン(B6)
オピオイド ナロキソン
ナルメフェン
抗コリン作用薬
  • ex・アトロピン
フィゾスチグミン
抗コリンエステラーゼ
  • ex・有機リン系殺虫剤
アトロピンおよびプラリドキシム
(2-PAM)
シアン化物 亜硫酸ナトリウム
チオ硫酸ナトリウム
ジギタリス配糖体 ジゴキシン特異抗体Fab
ヘビ毒 特異的抗毒素
ベンゾジアゼピン フルマゼニル
メタノール
エチレングリコール
エタノール(エチルアルコール)
フォメピゾール(4-メチルピラゾール)
重金属(鉛/水銀/鉄)とヒ素 特異的キレート剤




家庭内で起こりうる中毒
  1. アルカリ
    • 水酸化ナトリウムによる中毒。
    • 家庭用洗剤に含まれる水酸化ナトリウムで起きる。酸と同様の作用を示すが、酸より深達性が強い。
  2. 次亜塩素酸
    • 細胞膜を透過しやすく細胞構造を破壊するため、塩酸より強い腐食作用を示す。
    • 低濃度で肺胞に入りやすく、遅れて肺水腫を起こす。
    • 塩素ガスは水に溶けると塩酸と次亜塩素酸ができる。
  3. 炭酸ガス  (二酸化炭素)
    • 炭酸ガスの消化器でCO2・低酸素による事故が起きる。
    • 最低中毒濃度・・・2%
    • 許容濃度・・・・・・・5000ppm
    • 吸入後、アシドーシスとなり、血管拡張と呼吸中枢刺激により呼吸が深大化し、10%以上で意識障害・呼吸停止を惹起し、死が近づく。
  4. ニコチン
    • タバコの主成分。乳幼児の誤飲が多い。
    • タバコ1本に含まれるニコチン量は乳幼児の致死量に相当するが、胃からの吸収が遅いことと、ニコチンに催吐作用があるので、致死的中毒はまれ。
  5. 無機酸 Inorganic Acid
    1. 住宅用洗剤にも無機酸が含まれる。
    2. 無機酸は、
      • 消化管と気道の凝固性腐食、潰瘍、壊死、穿孔
      • 声門浮腫
      • 呼吸障害
      • ショック
      • アシドーシス(酸血症)
      • 溶血
      を引き起こす
    3. クレゾール(消毒薬、フェノール)・・・細胞毒。
      • 消化管粘膜腐食
      • 神経末梢刺激、壊死
      • 毛細血管破壊







◎非常に危険な精油:ビターアーモンド(シアン化合物を含有)
◎長期間使うと危険な精油:アニス(常習癖を生じる)
◎精油を経口投与すること:大部分の精油が当てはまる。
◎中毒の危険性がある精油:
   カンファー
   マグワート
   ペニロイヤル
   サッサフロス
   ツーヤ
   ウインターグリーン
   ワームウッド
◎注意が必要な精油:
   セージ
   タイム






<1>ナスのへた
<2>ギンナン(酒の中毒)
<3>クチナシ(キノコ・魚)
<4>ツワブキ(フグ・かつお)
<5>ヒマシ油
<6>ナンテンの生葉(吐剤)
<7>クロマメ+甘草



[ルビー]
針灸のつぼ (中毒)・・・「築賓」



<1>100物の毒を消す:[甘豆湯]
               [万病解毒丹]
<2>水毒を消す・・・・・・・[消水毒飲子]





中毒の漢方薬
  1. 黄連解毒湯
    1. 腐薬瞑眩、その証微なる者は悪寒発熱し、或いは渇し、或いは飲食進まず、劇しき者は、煩渇、或いは煩悶、その毒、心下に迫って、遂に命期を促すに至る。急に当に之を救うべし、[黄連解毒湯][甘連加石膏湯][緑豆湯]などに宜し。《先哲医話》
    2. 32歳男性。6年ほど前、砒素剤を服用したところ、顔の毛細血管が赤く透けて見えるようになり、鼻翼・頬部・眼瞼は特にひどくなり、どうしても、治らないと云う。
      患者は背が高くて、色の白い方で、脈は浮大、白苔がある。大便は1日1行。
      私はこれに黄連解毒湯L葛根紅花を与えた。すると徐々に毛細血管が見えなくなり、約1年で全治した。なぜ葛根紅花を加えたかというに、《有持桂里》の《方輿ヒ》には葛根紅花湯という処方を酒渣鼻に用いてあり、これにヒントを得たのである。《大塚敬節》

  2. 甘草湯
  3. 甘草粉蜜湯
  4. 呉茱萸湯
  5. 至宝丹
  6. 大黄黄連瀉心湯
  7. 如意丹
  8. 麻黄加朮湯



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬