なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
肘内障

チェック
腕が抜ける


脱臼に似た症状
  • 「4歳になるB君を連れて買い物に行ったお母さん。B君はどうしても買いたいものが見つかったようで駄々をこねはじめて。お母さんはB君の手を引っ張って他の売場に行こうとした。その途端、B君は泣きだし、上肢全体がだらりと伸ばした位置で動かなくなった。手を上げさせようとすると痛がるので、お母さんは肩が脱臼したと思い、病院へ連れていった。
    整形外科の先生ははなしを聞いてB君の様子を見ると即座に“肘内障です”と言い、肘(ひじ)の部分を押すようにして曲げると、B君は間もなく肘を曲げたり手を挙げたりすることが出来るようになった。
    前腕は橈骨と尺骨という2つの骨からなっている。このうち橈骨の肘に近い部分(橈骨頭)は輪状靱帯という靱帯によって押さえられているが、5、6歳頃まではこの靱帯の支えが弱いため、手を引っ張ると橈骨頭があたかも帽子を脱ぐように輪状靱帯から抜けてしまう。こてが肘内障である。
    子供のてを強く引っ張ったり、手を持って子供をぶら下げた時などに起こる。上肢をだらんとしてしまうため、肩が外れたと思われる事が多い。後遺症は残らないし、クセになるようなこともない。
    子供の場合、骨自体の強度に比べ、関節を形成している袋や周囲の靱帯のほうが強く、強い圧力がかかった場合にはむしろ骨節になりやすい。
    中学生以降になると、肩や肘の脱臼が発生するようになるが、小学生以下ではまず起こらないと言っても良い。肘内障は本当の意味での脱臼ではないが、5、6歳までに見られる脱臼に似た唯一の症状である





健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬