毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

注射



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬






唾液 注射針を皮膚に刺して痛みを感じると唾液中に「αアミラーゼ」というタンパク質が増える。
痛み研究所 注射針・・・テルモ
「痛みとは何か?。痛みのメカニズムを専門に研究する部署がある。2001年神奈川県に「痛み研究所」を発足。
注射針のチクッとする痛みは皮膚が触れる面積が小さいほど痛点をはずれる。テルモが実用化した世界最細の注射針の先端直径は0.25_b。すでに直径0.20_bの針も開発ずみ。究極の針は“蚊の針”。ここまで(0.07_)細くすると痛みはなくなるという。
研究を製品に生かす際に大事なのはエビデンス(科学的事実)。
痛みから解放 京都薬科大学の高田寛治教授は、皮膚の痛みを感じない浅い部分に縮小カプセルを刺して薬を体内に送り込む新手法を開発。糖尿病患者が毎日使うインスリン注射の代わりに活用すれば、痛みから解放される。2006年内にも臨床試験を始める。
新手法のカプセルは、高分子の中に薬を混ぜた構造。カプセルの大きさは最小で0.05mm程度。薬量に応じて変えられる。皮膚表面から深さ0.1mmm以内の痛みを感じない部分に特殊な器具で刺すと、高分子が溶け出し薬が放出される。
ワサビ 注射液の痛み=ワサビの痛み
「アルカリ性の注射液が起こす痛みはワサビの刺激と同じ仕組み。
2008年11/13に米医学実験雑誌「ジャーナル。オブ。クリニカル・インベスティゲーション」に掲載。
自然科学研究機構・生理学研究所の富永眞琴教授らのグループの成果。
抗ケイレン剤やヘルペスの化学療法剤の注射剤はアルカリ度が高く、鋭い痛みを感じる。酸による刺激の解明は進んでいるが、アルカリへの反応の仕組みを解明したのは初めて。
富永教授らはワサビなどの辛み成分によって活性化する「トリップ・エーワン」というタンパク質に注目。このタンパク質は細胞表面にあり、刺激されると痛みを伝える電流が流れる。」






(血管可視化)
  • 2009年、医療機器販売のアイエム・アイは米ルミテックス(テネシー州)の血管可視化装置を発売する。皮膚の上から近赤外線を当てて、皮膚近くにある血管を他の部位から浮かび上がらせて表示する。
    注射や採血のときに血管の位置を即座に把握できる。
    価格は609万円。
    「ベインビュアー」は赤外線が血中のヘモグロビンを吸収する割合が他の組織と異なる天を活用し、皮膚から8mm程度下にある血管の位置を随時表示する。
    小児や高齢者など針挿入時に血管の位置が見えにくい。



(自動採血)
  • 2009年、堀場製作所と同志社大学・古河電気工業・大阪工業大学は、自動で指の血管を見つけて採血する装置を試作した。
    近赤外光を使い血管を浮かび上がらせて20マイクロbの誤差で針を刺す。
    糖尿病患者が自宅で血糖値を測ったり、医療機関で検査するときを想定。
    試作装置は携帯電話より一回り大きいぐらい。




蚊をまねて痛くない注射針
  • 2011年、関西大学の青柳誠司教授らは、痛みの少ない注射針を開発した。
    蚊が血を吸う仕組みをまねた。
    直径0.03_bの針の両側に各1本のノコギリ状の針(直径0.015_b)がついた構造。中央のとがった針が採血や注射などの本来のハリトして働く。
    蚊は、4本の針を駆使している。










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬