ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ウエルニッケ失語



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




ウエルニッケ失語感覚失語 Wernicke
  • 「言葉によるコミュニケーションがうまく出来ない、ということをうまく生かすと、より深いコミュネケーションに到達することが出来る」
    (「ことばの海へ失語症ケアのはじまりと深まり」遠藤尚志著)

  •  Q おはようございます。
     A はい
     Q 朝起きて何するんですか?
     A 今週でしょ。頭も痛かったし
     Q 駅は何ていう名前かな?
     A そうね、七時ごろかな
    やりとりがかみ合う気配は一向にない。


6月上旬の東京・国分寺の西東京警察病院。
男性患者のAさん(54)が質問に懸命に答えながら言語訓練を受けていた。
 地方公務員のAさんは今年1月末、脳卒中で倒れ、言語を操る左脳に損傷を受けて「失語症」になった。3月から週一度、言語訓練を受けている。



失語症とは、
言語中枢が損傷されて言語機能が失われ、「話す聞く読む書く」が不自由になる症状をいう。損傷の部位により障害の程度や種類は様々だ。
 Aさんの場合は冗舌に話せるが理解する能力が著しく低下し、会話が成立しにくい「ウエルニッケ失語」に当たる。幸いにも先月下旬、Aさんは余り言葉を交わさずにすむ仕事に変わり役所に復帰した。


失語症の患者は、言葉を介さない知的作業には何ら支障を来さず、人格も以前と変わらない。ただ、それまで当たり前と考えていた「話す」ことが出来なくなるストレスに加え、周囲の様々な誤解がのしかかってくる。

全国失語症友の会連合会(東京・新宿)の橋本一夫理事長(54)は34歳の時、脳卒中で失語症になり、訓練で言葉を取り戻した。橋本理事長は自分の体験に照らしてこう指摘する。
  • 「言葉は本当に大切なんです。言葉を失ってしまうと、人間の社会的な価値が8割方失われてしまったような気になるものなのです」







使


「ウエルニッケ野」とい場所が脳にある。微妙な位置だ。頭頂葉と側頭葉と後頭葉のちょうど中間あたりで、、ふつうは左側にだけある。
そのウエルニッケ野がダメになると「ウエルニッケ失語症」という、言葉がうまくしゃべれない症状に陥ってしまう。言葉をうまく扱えないんだ。
以前、アメリカの物理学者がウエルニッケ失語症になってしまった。優秀な物理学者だったんだけど、突然脳にトラブルが起きて、ウエルニッケ野が使えなくなって言葉がしゃべれなくなった。
彼は見ているものは何かわかるけれども、でも、言葉をうまく操れない。ムリをして言葉を絞り出しても、それはコマ切れで、とてもじゃないけど文章になっていない。動詞や前置詞の順番もバラバラだし、意味をなさない単語が突然は言ったりする。
と同時に、彼は仕事をするのも大変になってしまった。どういうことかというと、抽象的なことが考えられなくなってしまった。簡単な1+1のような足し算だったら何とかなったんだけれども、物理の難解で抽象的な概念が理解できないし、数式を操作できなくなってしまった。
この患者は本当に気の毒で、「何を飲みたい?」ときいても答えられないんだ。「何を飲む」という問いに答えるためには抽象的なことを考えなければいけない。でも、そのかわり、「水を飲みたいですか?」とか「ジュースをのみたいですか?」というふうに具体的にきけばきちんと答えられる。(池谷裕二著「進化しすぎた脳」p160〜)







関連情報 ウェルニッケ・コルサコフ症候群失語症







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査