ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



産み分け



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




男女産み分け
<1>「パーコール法」
  • 「昭和61年。慶応大学医学部の飯塚理八教授を中心とする研究グループが、採取した精子をパーコールという薬品を使ってX精子(女児が生まれるX染色体を持つ精子)とY精子(男児が生まれるY染色体を持つ精子)に分離、人工授精させる『パーコール法』で女児の産み分けに成功したと発表したことがきっかけとなった。
     パーコール法による産み分けの成功率はほぼ100%。
     現在はどの医療機関でも行われていない。産婦人科学会が平成6年8月に出した「XY精子選別法には、当分の間パーコールを使用しない」という見解を発表したため。

<2>「酸・アルカリ法」
  • 「女性の子宮頸管からは強いアルカリ性の粘液が分泌される。粘液の分泌量や増減の周期は個人差が激しいため、通院してデータを十分とったうえで、男児を産みたい場合には粘液分泌が最も多い時期にアルカリ水で膣内を洗浄。女児が生まれるX精子の働きを弱める。
    女児を希望する場合は逆に、分泌が最も少ない時期に酢酸を加えた生食水で洗浄して、X精子の働きを高める。
    小塙清・小塙医院院長はこれまで、約400人に対し実施。うち約半数が妊娠し、希望通りの子供が産まれた割合は約80%だった。





パーコール
(黙認)
日本産科婦人学会は男女産み分けなどで、女児を作るX精子と男児をつくるY精子を選別するのに使われている液体パーコールについて、安全性などから禁止した1994年の学会会告(指針)の削除を2006年4月決めた。
理由
@多くの施設で精子の洗浄に使われているが、重い副作用の報告がない
A精子を選別できるとの科学的根拠が無い















スウェーデンのカロリンスカ医科大の研究チームは、妊娠初期につわりが思い妊婦からは女の子が産まれやすいことを大規模な疫学調査で確かめ、11日発酵の英医学誌ランセットに発表した。
チームは1987年〜95年までのスウェーデンの人口動態統計からの出生データ約102万人分と妊婦にカンするすべての入院記録約8000人分を調べた。
すると、国全体で新生児の男女比は51%:49%だったが、重いつわりのために、妊娠3ヶ月までに入院した妊婦が産んだ子に限ると。男女比は44&:56%と女の子が多かった。妊娠4ヶ月以降での入院ではほぼ半々だった。

妊娠すると、妊婦の体内の「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの濃度が上昇し、これに伴って吐き気・食欲不振などのつわりの症状が起こることがある。

生まれる子が女の子の場合には、出産時に妊婦にこのホルモンが高いことが知られている。
今回の研究は、妊娠初期につわりの強さで、胎児の性別傾向がある程度推測できることを示している。









関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査