ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



うなぎ(鰻)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





うなぎ
ウナギ
  • ・世界中に18種類のウナギがいる。
    ・ニホンウナギは、日本の川などから太平洋に出た5〜6歳のオスや10歳前後のメスが黒潮に乗ってハワイの方向に向かう。途中で右折。スルガ海山付近まで旅をして、そこでオスとメスが交尾して産卵する。
    仔魚は、透明で、骨は軟骨で軽い。透明なので敵になる大きな魚などに見つかりにくい。身軽なため黒潮に乗れば、日本付近までの3000kmの距離を半年ほどでたどり着く。
    途中、稚魚のシラスウナギに成長し、沿岸の台湾・中国・韓国・日本などで捕獲される。


加熱で安心
  • ウナギの語源は“胸黄(むなぎ)”
    食べ頃になると、胸が黄色味を帯びることから、この名がついたと言われる。
    ウナギの血液には[イクチオトキシン]という神経毒が含まれ、生で食べると下痢や吐き気、目に入ると結膜炎を起こす。火を通すと毒性が消える為、焼いて食べるのが常識となっている


うなぎのキモ
  • 東京海洋大学の矢沢一良客員教授らは、ウナギの肝(内蔵)を食べると肝機能低下を抑える効果があることを、ラットを使った実験で突き止めた。
    薬物を使ってラットに劇症肝炎を起こさせ実験した。
    薬物投与前にウナギの肝の乾燥粉末を食べさせておいたラット6匹と、食べさせなかったラット6匹で、肝機能障害の指標[GOT値][GPT値]の平均を比較した。
    食べたラットはGOT・GPT値の上昇を6〜7割に抑えることが出来た
    養殖ウナギの場合、イワシやサバの魚肉がエサとして与えられる



日本種判別
  • ・日本種のうなぎをシラス(稚魚)段階から簡単に判別。静岡理工科大学(袋井市)は、うなぎの種を遺伝子で特定する鑑別法を1997年、初めて開発した。
     シラス取引で日本種を装った外国種の供給や大量の外国種を混入するなどの不正を抑制出来るとしている。シラス、成鰻(セイマン)、蒲焼きなど形態を問わず、約8時間で鑑定する







分類 名称 特徴
ウナギ科 anguille
ウナギ(鰻)
腹ビレがない。
ヤツメウナギ科 arvtic lamprey
カワヤツメ
胸ビレと腹ビレがなく、目の後方に7対のエラ穴がある。
fareastern brokk lamprey
スナヤツメ
カワヤツメの陸封型。
ハモ科 pike eel
ハモ(鱧)
brown pike conger eel
スズハモ(鈴鱧)
アナゴ科 conger eel
アナゴ(穴子)
北海道から中国南東部。
bucktooth conger
ギンアナゴ(銀穴子)
練り製品に使う。







水銀・・・・うなぎ水銀分析装置
  • 輸入ウナギの安全が問われています。
    厚生労働省は各検疫所に、平成14年5月20日付食監発第0520001号により、鰻の水銀に係るモニタリング検査の実施について通知を致しました

中国ウナギに抗菌剤
  • ○○水産は2003年7/15日、同社が関東地方で販売するウナギの蒲焼きから、食品には含まれてはならない合成抗菌剤『エンロフロキサシン』が検出されたとして、東京都港区のみなと保健所から出荷停止と回収の指導を受けた。対象は3月に中国から輸入した約11000尾

放射性セシウム
  • 2013年、水産庁は東京都と千葉県の境を流れる江戸川の中流で捕獲されたウナギ4匹から国の基準値(100ベクレル/1kg)を超す放射性セシウムを検出したと発表。
  • 検出値は最大で158.9ベクレルだった。江戸川にかかる北総鉄道の高架下と下流500bの地点で捕られたウナギ。






性成熟
  • 東大海洋研究所の塚本勝巳教授らは養殖技術を研究するいらご研究所との共同実験で、水槽内の温度を1日で5℃〜15℃の範囲で変動させた。
    するとホルモン注射無しでメスの生殖腺が大きくなった。


産卵
  • 2002年、水産総合研究センター養殖研究所(三重県)で、世界で初めてホルモン注射で人工的にウナギに卵を産ませ孵化させることに成功した。
    その後、卵から仔魚をへてシラスウナギまで育つ率は卵1000個で数尾の割合。
    サメの卵をベースにオキアミの分解物やダイズ由来のペプチドを加えた液状のエサを開発。
    天然ウナギは、新月の2〜4日前に産卵する。


産卵地を特定
  • 東京大学海洋研究所の研究グループがウナギの産卵地を突き止めた。
    2006年2/23のネイチャーに掲載。東大海洋研は1973年から産卵場所探しの開城研究をかさね「新月の前後に、海底の山つまり海山で産卵する」という仮説を立てて、それを裏付けた。
    同研究所の塚本勝巳教授と青山潤助手らは2005年6月、海洋船「白鳳丸」でマリアナ諸島の北西約370kmの海底にある海山を調査。
    生後2日とみられるウナギの仔魚を数百匹捕獲した。
    捕獲した場所から産卵場所を、北緯14度、東経143度付近にあるスルガ海山とほぼ特定した。ココで産まれたウナギは北赤道海流と黒潮にのって約3000kmを回遊して日本にたどりつく


追跡調査
  • 2009年12月、千葉県銚子市の沖合で、東大海洋研究所の塚本勝巳教授らは学術研究船「淡青丸」の甲板から体長1bのウナギ(数匹)を太平洋に向けて放流した。ウナギの背にはマイクのような形をしたタグ(標識)をつけてあった。
    放流したウナギは利根川で捕まえた下りウナギ。
    タグは水深や水温を常に計測して記録する。
    産卵場に達するとみられる5ヶ月後にウナギの体から自動的に切り離され、電波でデータを自動送信する。“ウナギが産卵できるように性成熟する様子がわかれば、人工的に卵を産ませられるかもしれない”(塚本教授)


天然ウナギの卵を発見
  • 2011年、東京大学の塚本勝巳教授らと水産総合研究センターなどのチームは、天然ウナギの卵を採集することに世界で初めて成功した。
    卵を採集したのはミクロネシア連邦の経済水域であるマリアナ諸島の海域。
    2008年5月、海洋研究開発機構が所有する調査船「白鳳丸」でトロール網で海中をすくったところ、産卵から1日後のウナギの受精卵が得られた。
    卵のサイズは直径約1.6mm。全部で31個の卵があった。
    遺伝子を調べたところ日本列島の近海を回遊するニホンウナギと断定した。分析などに時間がかかり公表までに時間がかかった。
    卵は水深200b付近で産卵されたとみられる。
    成果は英オンライン科学誌「ネイチャ・コミュニケーションズ」に掲載。
    (卵を大量に採取)
    2011年、東京大学や九州大学のチームは、天然ウナギの卵を大量にだ異種することに成功した。太平洋のグアムから西へ200km以上離れたマリアナ諸島付近で100個を超える卵を発見。一部を持ち帰った。
    海洋研究開発奇行の調査船「白鳳丸」で6/28〜6/29、西マリアナ海嶺南部も水深150〜180bの懐中に漂う147個の卵を採った。

黒潮
  • 栄養分が少なく、プランクトンも少ない、そのため透明度が高く、青黒く見えるところから「黒潮」(クロシオ・カレント)の名が付いた。
    黒潮の原動力は・・・風。
    北半球の中緯度地域では西から東へ抜ける風が吹く(偏西風)。一方、赤道付近では貿易風という東風がいつも吹いている。そのため、これらの風が海に時計回りの大きな流れを作る(北太平洋亜熱帯循環)。黒潮はこの循環の一部。その流速は毎秒2b以上。
    気象庁は黒潮の流路を3パターンに分析。温暖化が進むと偏西風が強くなり黒潮の流速が早くなると予測されている。

日の出でもぐり・・・・日の入りで浮上
  • 2015年、ニホンウナギの追跡調査で分かった。
  • 日の出とともに水中深く潜り、日の入りとともに浮上する性質があることが判明。
  • 11匹の天然ウナギに超音波発信装置を取り付け海に放流。
  • その結果、日の出のほぼ55分前に水深約800bにもぐり、日の入りとともに水深約200bまで浮上した。






アフリカ産シラスウナギ
  • 2012年2月、日本のウナギとは別種のマダガスカル産の稚魚(シラスウナギ)が輸入されていた。アフリカ産ウナギの輸入が統計上、確認されたのは初めて。


外来ウナギ
  • 貿易統計によると、2011年8月〜2012年7月に、ニホンウナギの生息地以外から輸入された生きたウナギは合計39.4d。
    アメリカが22.6d。オーストラリア、フランス、インドネシアの順。
    輸出を禁止しているEUのフランスからも5.4d輸入されていた。

北米のウナギ
  • 2015年、成体のアメリカウナギに小型記録装置を取り付けカナダの大西洋沿岸から放流したところ、うち1匹が1ヶ月半で約2400`b移動し、産卵海域とみられるサルガッソ海までたどり着いた。
  • バミューダ諸島周辺のサルガッソ海では20世紀初め仔魚が採集され産卵海域とみられていたが、サルガッソへ向かう親ウナギが確認できたのは初めて。






無投薬
  • 宮崎大学農学部の前田晶調教授は無投薬でウナギとヒラメの養殖に成功したと発表した。有用微生物を使い(善玉菌)も用い、病害微生物(悪玉菌)を防除するのが特徴。
    県水産試験場と左土原養鰻漁業協同組合と共同で研究した。ウナギは代表的な病気である『エドワジエル症』で死亡するケースが多いが、ワクチン開発が難しいという。今回、微生物アルテロモナスの一種が同症を引き起こす悪玉菌を排斥する作用があることを発見した。
    宮崎県左土原町のウナギ養殖場で実験したところ、有用微生物を混ぜたエサを与えた池の死亡率が2.5%だったのに対し、与えない池では18%だった。
    ヒラメでも別の有用微生物を使い、同様の結果が得られた。

完全養殖
  1. 水産総合研究センター養殖研究所(三重県南勢町)は2003年7/9日、ウナギの完全養殖に成功したと発表。人工授精した受精卵から成魚まで人工的に成長させたのは世界で初めて。実用化して量産化出来るようになれば、ウナギの安定供給が可能になる。
    ウナギは卵から孵化すると、柳の葉に似た形の透明な幼生になり、その後、稚魚(シラスウナギ)に変態してウナギに育つ。これまで卵から幼生まで育てる技術はあったが、幼生の生態にナゾが多くシラスウナギまで成長させた例は無かった。
    養殖研の田中秀樹ウナギ種苗研究チーム長らと日本水産、不二製油の共同チームは、幼生が食べやすく栄養価の高いエサを独自に開発、水温や水質などの飼育環境の調節を加えてシラスウナギまで成長させた。孵化後250日で体長5.5cmの幼生が変態を始め、その後約20日でシラスウナギになった。20匹がシラスウナギになり最大30cm弱まで成長している。
    現在の日本のウナギの消費量は年間約15万6000トンで世界一。9割以上が天然のシラスウナギを海から採取して国内外で育てた養殖物で価格はシラスウナギの漁獲量に依存する。
    2002年にウナギにホルモン注射して卵を産みやすい状態に育てて、得られた卵を孵化させることに成功。
    2010年、親にホルモン注射して卵と精液を取りだした。人工授精で25万個の受精卵が得られ、翌日に孵化。10万匹が元気に育ち、4/2からエサを食べ始めたという
  2. 2010年、独立行政法人水産総合研究センターは8/31、世界で初めて「完全養殖」に成功したウナギの仔魚が、志布志栽培漁業センターでシラスウナギに成長したと発表。「人工ウナギ種苗の量産化へ一歩進んだ」としている。
    仔魚は卵から育てたニホンウナギの卵と精子を使い、人工授精した受精卵を3月に志布志栽培漁業センターでふ化させた2世代目。
    8/5に最初の1尾がシラスウナギに成長した後、2尾目以降の成長が続いているという。

ふ化直後のウナギの稚魚のエサ
  • 2012年、東京大学の塚本勝巳教授と海洋研究開発機構の大河内直彦プログラムディレクターらは、ふ化したばかりの天然ウナギの稚魚がプランクトンの死骸をエサに育つことを突き止めた。
  • フィリピンや台湾の沖合で9匹の幼生を捕獲し、体のアミノ酸に含まれる2種類の窒素を分析した。この比率になるには、マリンスノーと呼ばれる動物プランクトンや植物プランクトンの死骸がエサに必要だった。

大型水槽で育てるシラスウナギ
  • 2014年、水産総合研究センターは卵から孵化したばかりのニホンウナギの幼生を1000g(従来の100倍量)の大型水槽に入れて、稚魚であるシラスウナギにまで育てる技術を開発した。
  • 同センター増養殖研究所の桑田博部長と増田賢嗣主任研究員らは、かまぼこを逆にしたような形の塩化ビニール製水槽(1000g)を2つ作り、配管でつないだ。
  • 幼生は水槽内で水流に沿って泳ぐため、配管を通じて簡単に隣の水槽に移せる。この方法で約900匹の幼生を約200日間育て、25匹がシラスウナギに成長した。
  • 幼生は水槽の壁などに付着した細菌に弱く、水槽を毎日掃除する必要がある。従来は手作業で別の水槽に移し替えていた。
  • 研究レベルではウナギの完全養殖は成功しているが、大型水槽での飼育が課題だった。


地下水循環型で稚魚を育成
2017年、新日本科学はウナギの養殖に使う稚魚(シラスウナギ)の新しい人工生産技術の開発に成功した。
開発したのは循環型の育種システム。
飼育に地下水を使い、濾過して再利用する。
海水と異なりウイルスなど病原体の混入が防げるため稚魚の生存率が高まる。
地熱をつかった管理システムで水温を26〜28℃に保てるため、ウナギの養殖で大きな負担となる燃料費をほぼゼロにした。




ウナギの民間療法
  1. 胃の病気
    • ウナギのキモを飲む。or吸い物にして食べる。
      黒焼き末を毎食前に飲む。
  2. 伝尸・労F虫・諸虫を殺す。
    • 煮て五味であえて常食するか、乾燥し焼いて食べる。
  3. 帯下の100病を治す
    • 焼いて食べる。
  4. 諸虫の心痛で吐くとき
    • 焼いて食べる。
  5. かゆみ
    • 焼いて食べるか、又は油を取って塗る
  6. 白癜風(白なまず)
    • 焼いて食べるか、又は油を取って塗る。
      ウナギの皮を炙り、油をとって塗布する
  7. 癧傷風
    • 焼いて食べるか、又は油を取って塗る。
  8. 脚気を治す
    • 常食する
  9. 気管支炎
    • ウナギ1匹を青い竹筒に入れ、強火で炙ると、ウナギの油と竹の油が混ざって溜まる。この油を少しづつ飲む
  10. 狭心症
    • ウナギ1匹を青い竹筒に入れ、強火で炙ると、ウナギの油と竹の油が混ざって溜まる。この油を少しづつ飲む
  11. 滋養強壮
    • 蒲焼きにして食べる
  12. 視力減退
    • ウナギのキモを飲む。or吸い物にして食べる
  13. 心臓病
    • ウナギ1匹」を青い竹筒に入れ、強火で炙ると、ウナギの油と竹の油が混ざって溜まる。この油を少しづつ飲む。
  14. 精力剤
    • 五味であえ、また煮て食べる
  15. 鳥目
    • ウナギのキモを飲む。or吸い物にして食べる。
  16. 熱労・骨蒸を治す
    • 汁を作って食べるか、五味であえ常食する
  17. 肺炎
    • ウナギの血を飲む。
      「ウナギ1匹」を青い竹筒に入れ、強火で炙ると、ウナギの油と竹の油が混ざって溜まる。この油を少しづつ飲む
  18. 肺結核
    • 「ウナギの黒焼きLg苡仁」を[5:1]に混ぜ、朝夕2回白湯で4gずつ飲む
      ウナギのキモを飲む。or吸い物にして食べる。
      「ウナギの油」に塩味をつけ、大さじ2杯ずつ、毎食後に飲む。
    • ウナギの油の作り方 ウナギ1匹をビンに入れ、ビンごと鍋に入れて煮ると出来る

  19. 肺尖カタル
    • ウナギの血を飲む。
      黒焼き末を毎食前に飲む
  20. 発熱
    • 黒焼き末を毎食前に飲む
  21. 浮腫
    • 蒲焼きにして食べる
  22. 夜盲症
    • 臓物を食べる




鰻丼(うなどん)
  • 薬膳書によると、
  • 「体を温め、脾・胃・肝を助け、補養と元気回復に役立つ。
  • 夜盲症と条虫に効あり」。
  • ビタミンAが100g中5000IUと抜群で、牛ロース(40IU)、豚肉(17IU)も比較になりません。夜盲症・視力減退・鼓膜強化・皮膚の新陳代謝を促し、夏カゼ予防・貧血・低血圧・冷え性にも効果があります。
  • ビタミンB1、Eも含み、疲労回復・若返りにも期待できますが、Cを補うために緑野菜を必ず食べましょう。
  • 話題のEPAと脂肪のレシチンは不飽和脂肪酸ですから、コレステロールは心配無用。
  • 蒲焼きだけを過食しなければ、脳と体の細胞膜を強化し、学習能力・記憶力を高めます。100gで270kcalで、ご飯一杯半とほぼ同じ。粉サンショウが脂肪の酸化を抑えます。

蒲焼き
  • 東京の蒲焼き
    • ウナギを背開きにして素焼きする
    • さらに、蒸し
    • それからタレを付けて焼く。
  • 関西の蒲焼き
    • 腹開き
    • 蒸さずに
    • 白焼きにタレをつけて直焼きする。

漁師飯
  • @うなぎを4〜5abにぶつ切り
  • A鍋に水を入れ、そこへ鰻を入れる
  • B煮立ったら、味噌で味付けする
  • Cなすを入れて、できあがり
ウナギ味のナマズ
  • 2015年、近畿大学は牧原養鰻と共同で、ウナギの味がするナマズの事業家に乗り出す。
  • ナマズはエサの種類を工夫して養鰻池にキレイな地下水を使うことで、特有の泥臭さが抑えられ、ウナギに近い味になるという。




成分 サバ サンマ マイワシ ウナギ
カロリー 239kcal 240kcal 213kcal 339kcal
タンパク質 19.8g 20.6g 19.2g 23.0g
脂質 16.5g 16.2g 13.8g 24.4g
カルシウム 22mg 75mg 70mg 150mg
1.5mg 1.3mg 1.7mg 0.8mg
ビタミンA 100IU 120IU 60IU 4700IU
ビタミンB1 0.16mg 0.03mg 0.75mg
ビタミンB2 0.54mg 0.33mg 0.36mg 0.74mg
ナイアシン 9.7mg 5.2mg 7.7mg 4.1mg
カリウム 300mg 140mg 340mg 300mg
リン 160mg 160mg 200mg 300mg
コレステロール 55mg 60mg 75mg 240mg




ヌタウナギ
海のハイエナとも呼ばれる。

普通の魚のようなアゴがなく、魚類として扱われないこともなる。

口は体の下側に吸盤のようについている。目は退化している。

鯨などが死んで深海に沈むと、最初に集まってくるのがヌタウナギ。
  • 韓国でよく食べられている。



背骨の跡
  • 2011年、理化学研究所は、背骨を持たない動物と考えられてきたヌタウナギに背骨の痕跡を見つけた。
  • 倉谷滋グループディレクターらが6/29ネイチャーコミュニケーション(電子版)に発表。
  • ヌタウナギはニホンウナギなどとは無関係。
  • 「ヌタウナギ屬」に属し、日本近海などの深海に生息している。


アロ白血球型抗原(ALA)
  • 2013年、東京大学の西住祐文助教らは、細胞の中に入り込んだ病原体をやっつける獲得免疫の仕組みを、ヌタウナギを使った実験で明らかにした。
  • 4/25の英科学誌サイエンティック・リポーツ(電子版)に発表。
  • 西住助教らはヌタウナギから取り出した抗体と白血球を使い試験管で実験した。
  • 抗体は同じ個体の白血球には反応しないが、別個体の白血球を攻撃することが判明。抗体と反応した白血球を調べたところ、ヌタウナギの体内に存在が確認されていたが性質が不明だった分子だった。
  • この分子を「アロ白血球型抗原(ALA)」と命名。
  • ヒトの白血球型抗原(HLA)と同じ役割を持つことを明らかにした。




関連情報 劇症肝炎
GOT値が高い
ワーファリン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査