ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ビタミンE



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告





8種類のビタミンE
ビタミンEとは
  • 「6-クロマノール環、イソプレノイド側鎖およびαトコフェロールの生物学的活性を持つ化合物の一般名です」。


ビタミンEは8つの同族体で構成される
  • ビタミンEはクロマン環(亀の甲が2つならんだ形)と側鎖でできている。
    クロマン環のメチル基の位置と数の違いによって[α][β][γ][δ]の4種類に分かれる。その結果
@α-トコフェロール
  • [d-αトコフェロール]
    • 自然に生じる唯一の立体異性体で、生物学的定量で最も活性が高い(1.49IU/mg)とされてきた。
  • [dl-αトコフェロール]
    • 全合成物のdl-αトコフェロールは、完全なラセミ体であり、d-αトコフェロールに比べると生物学的活性は弱い(1.1IU/mg
Aβ-トコフェロール
Bγ-トコフェロール
Cδ-トコフェロール
Dα-トコトリエール
Eβ-トコトリエール
Fγ-トコトリエール
Gδ-トコトリエール
に分かれます。






トコトリエール
  • 含むもの
    1. トコトリエールを含むもの
      • 「パーム油」(76.0%/総ビタミンE中)
      • 「米ぬか」(58.5%/総ビタミンE中)・・・「ぬか漬け
    2. 大豆由来製品
      • トコフェロールは含有するが、トコトリエールは含まれていない
      • 「第3回日本トコトリエノール研究会」の報告より

α-トコトリエール
  • α-トコトリエールはクロマン環に3個のメチル基を持っています。
  • 抗酸化性に関する単純比較ではα-トコフェロールの数十倍活性が高い。






γ-トコトリエール
  • γ-トコトリエールはクロマン環に2個のメチル基を持っています。





δ-トコトリエール
  • δ-トコトリエールはクロマン環に1個のメチル基を持っています。







肺ガン
  • 昨年秋、米国の国立がん研究所がフィンランドのグループと共同で、肺ガンとビタミンやβカロチンなどとの関係を調べた結果を発表した。
    調査はフィンランドの50〜69歳の男性喫煙者29000人あまりを対症に、5年〜8年にわたって実施した。毎日50mgのα-トコフェロール(ビタミンEの一種)をてってもらい、血液中のα-トコフェロール濃度と肺ガンかかる危険率の関係を調べた。
    血中濃度が最大であった人は、最小だった人に比べて肺ガンにかかる危険率は19%低かったという。ビタミンEが肺ガン発症防止に何らかの役割を果たしていることが示唆された訳だ。
    病気には様々な因子が関わっているから、食品成分と病気の予防との関係は単純に捉えることは難しい。今回の調査結果もその人の喫煙歴などが深く関わっており、ビタミンEだけで肺ガンを抑制できると直ちに考えるのは早計だろう。
    ビタミンEは油に溶けやすく、アーモンドなどナッツ類や植物油、抹茶などに多く含まれている。
    α-トコフェロールが代表的なものだが、化学構造がわずかに異なる8種類がある。食品中に含まれる天然型と人工的につくった合成品がある。
    • 生理作用は天然型の方が強い。


ビタミンEが極端に欠乏すると、運動失調感覚異常などが現れるという。
  • ビタミン剤などを利用して所要量以上に摂取するのは、何らかの“効果”を期待してのことだ。
    日本では医薬品としてビタミンEを1日約300mgとるのが目安になっている。
    ビタミンの大量摂取が広まっている米国では一般的に、栄養学的には毎日10〜20mg、病気の予防目的には100〜800mg、治療効果をねらっては800mg以上とると言われている。
    ビタミンEは多くの生理作用を持っている。まず、ビタミンCと同様に酸化を防ぐ抗酸化作用がある。
  • ・体を構成するさ細胞などにある生体膜を安定化させる働きもある。
    ・血行促進や抗血栓
    ・ホルモン分泌調整作用などもある。
    ・手足の冷えなどの末梢血行障害や、更年期障害
    にともなう諸症状に改善に用いられているのはこのためだ。
最近注目されているのは、アルツハイマー症との関係だ。
  • アルツハイマーは体内の過酸化物や活性酸素が深く関与していると考えられている。ビタミンEの抗酸化作用がアルツハイマーを予防するのではないかというのだ





ビタミンEの生理作用
  1. ビタミンEは細胞膜上での不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、構造を保持する機能がある。
  2. ビタミンAの活性を高め、B・B12・Cなどと共に、造血ビタミンとしての役割を持っている。
    • 血液製造過程のなかで補酵素として働く。
    • VEがなければ造血作用が停滞し、貧血を起こす原因にもなる。
  3. 細胞膜上での不飽和脂肪酸ビタミンAの酸化を防止する。
    • その結果、血液をサラサラに保つ働きがある。
  4. 活性酸素の発生を抑制する
    • 体内における酸化を防ぐ抗酸化剤として働き、細胞のサビといわれる過酸化物質による害をなくし、血液の粘度を低下させ、酸素の浪費を防ぎ、老化や発ガンを予防する。
    • 過酸化物質は老化ガンを筆頭に更年期障害など、万病の原因になる
  5. 生殖機能を維持するビタミン。不妊を予防







ビタミンEの薬理作用
  1. ビタミンEを大量に与えたニワトリ・マウスの抗体産生能が増大し、肺炎双球菌や大腸菌感染による死亡率を低下する。
  2. 体液性免疫
    • リンパ球を活性化し、抗体のIgGの産生を高める
  3. T細胞リンパ球が関与する細胞性免疫も増強する
  4. 虚血状態によって組織に障害が発生するのを防ぐ
  5. 脂質過酸化の抑制作用
  6. アラキドン酸代謝の亢進による傷害防止作用





欠乏すると現れる疾患
  • 肝臓障害
  • 強壮・強精作用
  • 筋ジストロフィー
  • 脊髄小脳疾患
  • 喘息の予防
  • 貧血(赤血球溶血の増加を伴う軽度の溶血性貧血)
  • ひび/あかぎれ
  • 不妊
  • 未熟児網膜症





エックス線の被爆
ビタミンEが軽減
  • 2011年、福岡大学の高田二郎教授と放射線医学総合研究所のグループは、ビタミンEの一種がエックス線による被爆の影響を軽減できることを動物実験で確認した。
  • この物質は、ダイズやトウモロコシから抽出できるビタミンEの一種「γ-トコフェロール」のもととなる化合物。投与すると体内でビタミンEに変わる。
  • 実験ではマウスに積算7.5シーベルト(Sv)と高い線量のX線を照射。γ-トコフェロールを与えた群に分け、1ヶ月後の生存率を比べた。
    1. 照射直後に約2.5_cの物質を投与した42匹のマウスは98%が生きていた。
    2. 非投与群では100匹以上でテスト。その結果約7%しか生き残らなかった。
    詳しいメカニズムは不明。
  • γ-トコフェロールが赤血球や白血球の元となる造血幹細胞の働きを活性化、X線で受けたダメージを抑えている可能性があるという。
  • X線とガンマ線の波長は一部が重なっており、似た性質を持っている。
  • 現在使われているX線医療被曝向けの薬「アミフォスチン」は被爆前に投与しないと効果が出ない。さらに、吐き気や判断力低下などに副作用があり、日本では承認されていない。
  • 放射能汚染  放射線障害





毒性
○成人は、比較的大量のビタミンE(400〜800mg/日のd-αトコフェロール)を数ヶ月〜数年にわたって摂取しても、明かな害は生じない。

○ときとして、800〜3200mg/日を摂取している人に、
が起こることがある。

○1000mg/日以上の摂取による重大な毒性は、ビタミンKに対する拮抗と経口でのクマリン抗凝固薬の効果が促進され出血を引き起こす。
  • 最近、米国の医学誌に、ビタミンEを用いた19の臨床試験から13万6000人分のデータを再集計して評価した結果が報告された。米ジョンズホプキンズ大などがまとめ、2004年11/10、米心臓学会で発表。その内容は、
  • 1日に267mg(400国際単位)以上を摂取すると、最長約8年間の追跡期間中の死亡率が、偽薬を飲んだ人に比べ明らか(約10%)に死亡率が高かったという。
    低容量のビタミンEでは死亡率に差がないか、やや低下傾向にあった。
    何故、高用量のビタミンEが死亡リスクを高めるのだろうか?
  • ビタミンEは、体の中の脂質に溶け込んで蓄積されると、極めて高濃度になる。そうすると、活性酸素の産生率を高める方向に作用したり、生体内の重要な他の抗酸化や解毒に関わる酵素の働きを阻害するという実験報告がある。
    また、血液の凝固系への阻害作用により、出血しやすくなるとも言われている。
  • フィンランドの臨床試験では、ビタミンEを服用していたグループで脳出血リスクが高かったと報告されている。」(津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)2005.6.5《日本経済新聞》
薬と併用で問題

[ワルファリンカリウム]・・・抗凝固作用が増大


チェック
ビタミン
肺ガン
アルツハイマー
CoQ10
ワーファリン









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬