狭心症
心筋梗塞症
心臓病



カルシウム拮抗薬系の降圧狭心症治療薬
一般名 塩酸ベラパジル
商品名: 「オルミトール」「マゴチロン」「ラパテラン」「ロシトール」「ワソラン
作用機序 ★フェニルアルキルアミン系のCa拮抗薬。
★Ca++拮抗作用。
★心筋・冠血管・末梢血管の平滑筋細胞で、細胞外から細胞内へのCa++の流入を抑制する。
★心臓に栄養を送る冠状動脈を拡張して、心臓への血液供給量を増やします。また末梢血管を拡張して血圧を下げ、心臓への負担を軽くします
効能・用途
狭心症
心筋梗塞(急性期を除く)。
動脈硬化性心疾患。
頻脈性不整脈(注射)
慢性虚血性心疾患。
無症候性虚血性心疾患
2008年、ワソラン錠に異常に心拍数が早くなる頻脈性不整脈に対する効能が追加された。心房細動や心房粗動などで心拍数を制御する効果が認められた。
心房が1分間に150〜250拍する発作性上室性頻拍に対しても発作を止めたり、再発を防ぐ効果が認められた。




1.うっ血性心不全(重篤な者)。
2.急性心筋梗塞(重篤な者に注射)。
3.心筋症(重篤な者に注射)。
4.心原性ショック(重篤な者に注射)。
5.低血圧(重篤な者に注射)。
6.洞房ブロック(2度以上の者)。
7.妊婦およびその可能性がある者。
8.房室ブロック(2度以上の者)。





が必要
1.うっ血性心不全。
2.肝不全(重篤な者)
3.筋ジストロフィー
4.心筋症
5.徐脈(高度の者)。
6.腎不全(重篤な者)
7.低血圧。
8.房室ブロック(1度の者)
9.WPW・LGL症候群を伴う心房細動・粗動(注射)



1.カルマバマゼピンの血中濃度を上昇させる。
2.グレープフルーツと同時に服用すると血中濃度が上昇する。
3.降圧薬との併用で降圧作用を増強。
4.抗不整脈との併用で心室細動を起こす。
5.シクロスポリンの血中濃度を上昇させる。
6.ジゴキシンの血中濃度を上昇させる。
7.ダントロレンナトリウムとの併用で高K血症・心機能低下を起こす。
8.フェニトインとの併用で本剤の作用減弱。
9.フェノバルビタールとの併用で本剤の作用減弱。
10.β遮断剤との併用で心機能が低下・徐脈になる。
11.ミダゾラムの血中濃度を上昇させる。
12.リファンンピシンとの併用で本剤の作用減弱。
13.利尿薬との併用で心室細動を起こす。
14.レセルピン類との併用で心機能が低下・徐脈になる





ワソラン副作用(五十音順)
・一過性心停止・・・・→直ちに中止
・嘔吐
・悪心
・顔面のほてり
・脚ブロック・・・・→直ちに中止
・胸痛
・血圧低下・・・・→直ちに中止
・血中黄体形成ホルモン低下(男性)
・血中テストステロン低下(男性)
・血中プロラクチン上昇
・口渇
・GOT上昇
・GPT上昇
・臭気感
上室性期外収縮・・・・→直ちに中止
・徐脈・・・・→直ちに中止
・心室性期外収縮・・・・→直ちに中止
・心室性頻脈・・・・→直ちに中止
・頭痛
・洞停止・・・・→直ちに中止
・洞房ブロック・・・・→直ちに中止
・房室ブロック・・・・→直ちに中止
めまい



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス