ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ビタミンP



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品






ビタミンPは、
ビタミンに近い働きをするビタミン様物質で、
  [ヘスペリジン]
  [ルチン]
  [ケルセチン]

等の総称です。

また、ビタミンPは、
  • フラボノイド化合物
  • バイオフラボノイド
などと呼ばれることもあります


毛細血管の抵抗力を高め透過性を防ぐ働きがあり、透過性ビタミンPと呼ばれる。(ルチンが一番強力)






ビタミンPの生理作用
毛細血管の透過性を保ち、血管壁を強化する。

その結果、

脳出血・眼底出血の予防。


歯ぐきからの出血や、打ち身による青あ ざを防ぐ

ビタミンCの吸収を助け、酸化から守る。

血管収縮作用、血圧降下作用がある。

細胞と細胞を接着するヒアルロン酸の分解酵素の働きを抑える。

更年期におこる、ほてりを鎮める

細菌の侵入を防ぐ






低値を示す疾患
血管性紫斑病

欠乏すると、毛細血管の透過性が高まり、血中のタンパク質が漏れだしたり、出血しやすくなって、打ち身の青アザが出来たり、さらに進むと紫斑病の症状を呈する






ビタミンPと同様の働きがあるもの
  • [ヘスペリジン]・・・柑橘類の黄色・橙色色素
  • [フラボン類]
  • [バイカレン]・・・・黄芩に含有。
  • [ケルセチン]・・・・ドクダミなどに含有。
  • [ルチン]・・・・・ソバ・エンジュに含有



ヘスペリジン
これらビタミンPのうち、
ヘスペリジンは、みかん由来のポリフェノールで、みかんなどの柑橘類に多く含まれますが、実の部分よりも袋やスジ(白い部分)に多く含まれています。


骨を丈夫にする作用があり、骨粗鬆症の予防効果が期待できる。

ほとんどの柑橘類に含まれている成分ですが、ミカン(温州ミカン)の含有量が多い


シトルリン
レモンや唐辛子から発見された水溶性成分。
フラボン誘導体。



チェック
ビタミン
紫斑病
出血
ドクダミ
みかん







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬