ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ビタミン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





血中ビタミンB群
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンP
ビタミンK
ナイアシン
イノシトール
カロチン

パントテン酸
広告





ビタミン
ビタミン vitamins
  • からだの働きに必要な微量成分のこと。
  • 栄養素の1つ
  • 生物体の正常な健康を維持するために、不可欠な有機化合物の一群。
    当初、「生体に必要なアミン」と考えられたため「vitamine]と綴られたが、のちに、アスコルビン酸やレチノールなどのように“窒素”を全く含まないものもビタミンに入れたため語尾の「e」は無くなった。

抗酸化ビタミン
フリーラジカルを不活性化するビタミン。
  • ビタミンC(アスコルビン酸)
    ビタミンE(トコフェロール)
    ・βカロチン(プロビタミン)






ビタミン 吸収部位 メカニズム
イオン Ca2+ 十二指腸
と空腸
能動輸送
Fe2+ 十二指腸
と空腸
促通拡散
水溶性
ビタミン
サイアミン
(B1)
空腸 Na-共役/二次能動輸送
(共役輸送)
リボフラビン
(B2
空腸 Na-共役/二次能動輸送
(共役輸送)
ピリドキシン
(B6
空腸
と回腸
受動拡散
ビタミンB12 回腸 促通拡散
ビオチン 空腸 Na-共役/二次能動輸送
(共役輸送)
ビタミンC 回腸 Na-共役/二次能動輸送
(共役輸送)
脂溶性
ビタミン
ビタミンA 空腸
と回腸
受動拡散
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK







脂溶性ビタミン
  • とは?・・・吸収するために胆汁酸塩と食事からの脂質が必要なビタミン。
【ビタミン
  • (作用)・・・
    • ・成長、
    • ・皮膚粘膜
    • ・視力
    • ・免疫などに関与。
    1. 消化管内でβカロチンから合成され、肝臓に貯蔵される。
    2. 一般的な健康と上皮細胞の機能を維持する。
    3. 網膜の光受容器において光に反応する視物質の合成に不可欠。
    4. 造骨細胞や破骨細胞の活動調節を助けて骨や歯の成長を助ける

  • (不足すると)・・・
    • ・成長不良、
    • ・乾燥肌、
    • ・視力低下、
    • ・免疫低下。
    1. 欠乏すると上皮組織の萎縮や角化が起こり、皮膚や毛髪の乾燥化が起きる。
    2. 耳・副鼻腔・呼吸器・消化器系の感染が増加する。
    3. 体重の維持が出来ない。
    4. 角膜が乾燥する。

  • (食品)
    • カブ、カボチャ、ニンジン、キャベツ、セロリ、レタス、トウガラシ、
    • 海草類、
    • アボガド、柿、スモモ、パパイヤ、ミカン、
    • アナゴ、イワシ、ウナギ、カツオ、コイ、サンマ、スズキ、タラ、ドジョウ、ハモ、ウニ、
    • 鶏卵、鶏肉、牛乳、チーズ、ココア、チョコレート、ヨーグルト

【ビタミン
  • (作用)・・・骨/歯の代謝
    1. 太陽光のもとで、皮膚・肝臓・腎臓で活性型ビタミンDを形成する。
    2. 過剰なものは組織に貯蔵されるが、ほとんどは胆汁中に排泄される
    3. カルシウムやリンの吸収・利用に必要不可欠のビタミンで、副甲状腺ホルモンとともにCa2+を維持するために働いている

  • (不足すると)・・・クル病、骨粗鬆症。
    1. 骨でのカルシウム利用が低下すると、
      クル病(小児)、
      骨軟化症(成人)
      になる。
    (食品)
    • キノコ類、
    • イワシ、カレイ、サンマ、スズキ、タラ、ドジョウ、ヒラメ

【ビタミン
  • (作用)・・・・
    • ・老化予防、
    • ・抗動脈硬化、
    • ・生殖。
    1. 肝臓・脂肪組織・筋肉に貯蔵されている。
    2. 細胞膜の形成に関与している。
    3. ある脂肪酸の異化を抑制する。
      DNA・RNAや赤血球の形成に必要。
    4. 創傷部の治癒を促進
    5. 神経系の正常な構造と機能を維持し、瘢痕化を防ぐ
    6. 四塩化炭素のような毒性物質から肝臓を守る
    7. 抗酸化に作用する

  • (不足すると)・・・不妊、老化、動脈硬化。
    1. 単価不飽和脂肪酸の酸化が起こり、その結果、ミトコンドリアやリソソーム・細胞膜の異常な構造や機能が出現する。
    2. 溶血性貧血の可能性

  • (食品)
    • カボチャ、ホウレンソウ、パセリ、
    • 海草類、玄米、トウフ
    • ダイズ、ゴマ、ピーナッツ、
    • アボガド、ブドウ、ミカン、クルミ、
    • アナゴ、イワシ、ウナギ、サケ、サンマ、イカ、
    • 植物油、ココア、チョコレート、

【ビタミン
  • (作用)・・・
    • ・止血、
    • 肝機能。
    1. 腸内細菌によって産生され、肝臓や脾臓で貯蓄される。
    2. 肝臓でのプロトロンビンなどの血液凝固因子の合成に必要不可欠な補酵素

  • (不足すると)
    1. 血液凝固時間の延長により出血が増加する。
    (食品)
    • キャベツ、ホウレンソウ、ダイズ、柿の葉、
    • 納豆









水溶性ビタミン
  • 体液中に溶解していて、体内に貯蔵できないビタミン
1(チアミン)・・・炭水化物(糖)の代謝。
  • 糖質からエネルギーをつくり出す際に、特に必要なビタミン。
  • 熱で簡単に破壊される。
  • 激しい運動をする時には大量のビタミンB1が使われる。
  • 多くの炭素結合の分解に必須の補酵素として働く。
  • ピルビン酸をCO2と水にする糖代謝に含まれている。
  • 神経伝達物質のアセチルコリン の合成に必要不可欠。
    

  • (不足すると)・・・脚気、疲労。
    1. 糖代謝の異常によりピルビン酸や乳酸が生成され、筋細胞や神経細胞で十分なATPが産生されない。
    2. 脚気や消化管の局所的な麻痺による消化器障害が起きる。
    3. 骨格筋の麻痺、四肢の萎縮が起きる。
    4. 髄鞘の退化による多発性神経炎が起きる。
    5. 反射障害、触覚の低下、
    6. 小児の発育障害、
    7. 食欲低下が起きる

  • (食品)
    • カブ葉、ニンニク、ピーマン、シソ、セロリ、タマネギ、トウガラシ、レタス、サツマイモ、サトイモ、
    • 玄米、コムギ胚芽、ソバ、ダイズ、
    • 海草類、キノコ、
    • イチジク、スイカ、パイナップル、バナナ、ビワ、ブドウ、メロン、
    • ウナギ、カレイ、コイ、ドジョウ、ヒラメ、アワビ、ウニ、タコ、
    • 豚肉、牛乳、チーズ、鶏卵、
    • 黒砂糖、ハチミツ、ココア、チョコレート
    • ラッキョウ、トウフ

2(リボフラビン)・・・解毒
  • 腸内細菌によってわずかの量が供給される。
  • 発育ビタミンとも呼ばれ、脂質の代謝に役立つ。
  • 糖質やタンパク質代謝に含まれる補酵素(ex.FAD)の構成要素で、特に眼や支持組織、腸管の粘膜、血液細胞に依存している。

  • (不足すると)・・・口内炎、舌炎、肌荒れ、肝臓病。
    1. 不足すると酸素利用が不適切になり、
      1. ものがかすんで見えたり
      2. 白内障
      3. 角膜潰瘍
      などをもたらす。
    2. 皮膚炎・皮膚が割れる。
    3. 腸管粘膜の病変
    4. ある種の貧血が起きる

  • (食品)
    • カブ葉、ネギ、ピーマン、シソ、セロリ、タマネギ、ハクサイ、トウガラシ、レタス、サトイモ、ダイズ、
    • 海草類、キノコ
    • 玄米、コムギ胚芽、ソバ、トウフ、納豆
    • イチジク、スイカ、パイナップル、バナナ、ブドウ、メロン、
    • イワシ、カツオ、カレイ、コイ、サケ、サバ、タイ、ドジョウ、ヒラメ、
    • アサリ、アワビ、ウニ、シジミ、タコ、
    • 牛肉、牛乳、チーズ、鶏卵、
    • 黒砂糖、ハチミツ、ココア、チョコレート、ヨーグルト

3=ナイアシン
ニコチン酸・・・糖/脂質代謝。
  • トリプトファンというアミノ酸とビタミンB、Bから作られます。そのため通常は、ビタミンという名を使いません。
  • (不足すると)・・・ペラグラ(皮膚炎、口内炎、下痢)
  • (食品)
    • ネギ、玄米、コムギ胚芽、
    • ピーナッツ、ブドウ、
    • アジ、イワシ、カツオ、サバ、マグロ、タラコ、
    • 酵母、レバー

パントテン酸
ビタミンB5
  • 脂質や糖質、タンパク質の代謝にとても重要なビタミン(体内のすべての代謝に関与)。
  • 一部は腸内細菌で産生される
  • クエン酸回路に入るため
    1. ピルビン酸からアセチル基への変換、
    2. 脂質やアミノ酸からグルコースへの変換、
    3. コレステロールやステロイドホルモンの合成に必要不可欠な補酵素Aの構成要素。

  • (不足すると)・・白髪、神経疲労、手足のしびれ。
    1. 疲労
    2. 筋痙縮
    3. 副腎皮質ホルモン生成の低下
    4. 嘔吐
    5. 不眠症
  • (食品)・・・ほとんどの野菜・魚類・肉類に存在する。
    • ジャガイモ、玄米、コムギ胚芽、
    • 緑黄色野菜、
    • 豆類、ピーナッツ、
    • 鶏卵、ローヤルゼリー、レバー

6(ピリドキシン)・・・タンパク代謝。
  • 腸内細菌によって合成される。
  • 正常なアミノ酸代謝に必要不可欠な補酵素。
  • 抗体産生を助ける。
  • 中性脂肪の代謝の補酵素として働く
  • 有害なバクテリアから体を守る抗体の産生に役立ちます。
  • コラーゲン(タンパク質)を摂取したときに必要なビタミンです。
  • タンパク質の分解・合成に役立っている。
  • 神経伝達物質の生成と分解に関与し、神経の正常な機能を保つ。
  • 手足の髄鞘(ミエリン)の修復にかかわっている。
  • 栄養機能成分「皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素」

  • (不足すると)・・・貧血、皮膚病、神経炎、早老。
    1. 眼・鼻・口の炎症。
    2. 成長の遅延
    3. 嘔気
  • (食品)
    • キャベツ、ピーマン、ニンジン、
    • 海草類、
    • コムギ胚芽、ダイズ、ピーナッツ、牛乳、
    • バナナ、
    • イワシ、カツオ、サケ、サンマ、マグロ、魚肉
    • 納豆、レバー、酵母

ビオチンビタミン7
  • 食べ物から摂取されるビオチンはタンパク質と一緒では吸収されない。
  • アミノ酸の代謝に関わる酵素の補酵素としてはたらく。
  • 脂質・糖質・タンパク質の代謝に役立つ。
  • 皮膚のターンオーバー(通常28日)を正常化するのに大切。
  • 皮膚や毛髪の機能を保持している
  • ビオチンが不足すると、コラーゲンの合成機能が低下します
  • 不足すると「目の下のクマ」の原因になります。
  • 腸内細菌によって産生される。
  • ピルビン酸をオキサロ酢酸(クエン酸回路)に変換したり、脂肪酸を合成するのに必要な補酵素。

  1. 精神的な抑鬱
  2. 筋肉痛
  3. 皮膚炎
  4. 全身倦怠感
  5. 嘔気

12・・・核酸の合成、タンパク代謝。
  • 野菜に含まれていない唯一のビタミン。動物性の食品から摂取する必要がある。
  • コバルトを含むビタミン。
  • 消化管で吸収されるには胃から分泌される内因子が必要。
  • 赤血球細胞の生成を助ける働きと、神経の機能を正常に保つ働きがある。
  • アミノ酸のメチオニン合成(アセチルコリンを合成するのに使う)
  • コリン生成に必要不可欠な酵素。

  • (不足すると)・・・悪性貧血、疲労、無気力
    1. 悪性貧血
    2. 運動失調症
    3. 記憶力低下
    4. 虚弱
    5. 人格や気分の変化
    6. 異常な感覚
    7. 造血機能の障害
  • (食品)
    • 海草類
    • コムギ胚芽、
    • カツオ、サンマ、アサリ、牡蠣、シジミ、
    • レバー、酵母、醤油、味噌

B17=アミグダリン
  • (抗ガン作用)

イノシトール
  • ビタミンB群の仲間。
  • 体内でも合成される。
  • 神経細胞の細胞膜に(リン脂質の形)多く含まれる。
  • 6カ所にリン酸結合部位があります。
  • 円滑な刺激の伝達に関係している。


(不足すると)
  1. 脂肪肝を防ぐ
  2. 欠乏すると・・・脱毛(髪のパサつき)皮膚炎(皮膚の黒ズミ・くすみ・肌荒れ)筋萎縮

ナイアシン(ニコチンアミド)
  • アミノ酸のトリプトファンから合成される
  • ニコチン酸アミドとニコチン酸の総称。
  • 補酵素のNADとNADPに必要な構成要素。
  • 脂質代謝ではコレステロール産生を抑制し、中性脂肪の分解を助ける
  • (不足すると)
  1. ペラグラ・・・(皮膚炎・下痢・精神障害が特徴)になる。

葉酸
  • 腸内細菌で産生される。
  • DNAやRNAの窒素部分を合成する酵素系の構成要素
  • タンパク質と正常な赤血球の生成に役立つ
  • 正常な赤血球や白血球細胞の生成に必要不可欠
  • (不足すると)
  1. 異常に大きな赤血球ができる
  2. 葉酸欠乏の母親から生まれる赤ちゃんに神経管欠損のリスクが高い。

(アスコルビン酸)・・膠原線維の合成、免疫力の強化。
  • 結合組織に存在するコラーゲンを含むタンパク質の合成を促進する
  • 補酵素として毒性物質と結合し排泄するまで無毒化する。
  • 抗体と一緒に機能する。
  • 創傷の治癒を促進。
  • 抗酸化作用がある。
  • (不足すると)・・・出血、感染
    1. 壊血病
    2. 貧血
    3. 結合組織の成長、修復機能が低下する
    4. 歯肉の腫脹や歯がぐらつく
    5. 創傷の治癒が遅れる
    6. 出血傾向
    7. 発達遅延
  • (食品)
    • カブ葉、キャベツ、ダイコン、トマト、ネギ、ピーマン、ホウレンソウ、キュウリ、蓮根、シソ、セロリ、タマネギ、トウガラシ、白菜、ナス、パセリ、レタス、
    • サツマイモ、ジャガイモ、海草類
    • アボガド、イチゴ、イチジク、柿、グレープフルーツ、スイカ、キーウイフルーツ、パイナップル、バナナ、パパイヤ、ブドウ、ミカン、メロン、リンゴ、レモン、牡蠣、緑茶
134番目のビタミン→ ピロロキノリンキノン(PQQ)




ビタミン合成の過程
麹菌で
  • 2011年、東京大学の北本勝彦教授と丸山潤一助教らは、麹菌がビタミンを合成する仕組みを解明した。細胞内の小器官に合成酵素が運ばれビタミンを作っていた。
  • 糖を合成する細胞内小器官のペルオキシソームに着目。
  • 麹菌の遺伝子を組み換え、ビタミンB群に分類されるビオチンを合成する酵素が出来ると同時に蛍光タンパク質もできるようにした。
  • ペルオキシソームが緑色に光り、この酵素が運ばれ、ビオチンを合成していることが分かった。




関連情報 血中ビタミンB群
ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12
ビタミンCビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンP」「ビタミンK」「ナイアシン
イノシトール カロチンパントテン酸






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査