ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ボルタレン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




消炎鎮痛薬
一般名 ジクロフェナクナトリウム


「アスピゾン」「アデフロニック」「アデフロニックL」「アナバン」「イリナトロン」「ガウテリン」「クロルギー」「サピスミンTP」「サフラック」「サンナックス」「シーコレン」「ジクロード」「ジクロニック」「ジクロニックl」「ジクロフェナクナトリウム」「ジクロフェナック」「ジクロフェノン」「ジフェナック」「ソファリン」「ソレルモン」「ソレルモンSR」「ダイスパス」「ダイスパスSR」「チカタレン」「ドセル」「ドンジャスト」「ドンジャストA-SR」「ナポールSR」「ニフレリール」「ネリオジン」「パレタン」「ピナナック」「フェナシドン」「フェニタレン」「ブセトン」「プレシン」「プロフェナチン」「ベギータ」「ボナフェック」「ボラボミン」「ボルタレン」「ボルタレンSR」「ボルマゲン」「ボンフェナック」「メクロフェン」「メリカット」「ヨウフェナック」「ワンフェロン」



◎炎症による局所の痛みをやわらげて、腫れを除きます。
◎消炎・解熱・鎮痛作用を平均して持ち、インドメタシンに匹敵する効果を示す。
◎プロスタグランジン生合成酵素阻害作用はインドメタシンより強い





1.咽喉頭炎
2.かぜ症候群
3.頸肩腕症候群
4.月経困難症
5.腱鞘炎
6.後陣痛
7.骨盤内炎症
8.手術後の消炎・鎮痛
9.神経痛
10.前眼部炎症
11.抜歯後に消炎・鎮痛。
12.変形性関節症
13.変形性脊椎症
14.膀胱炎
15.慢性関節リウマチ
16.腰痛症



使ってはダメな者
禁忌
1.アスピリン喘息、その既往歴ある者。
2.肝障害(重篤な者)

3.血液異常(重篤な者)。
4.痔疾患
5.消化性潰瘍
6.心機能不全(重篤な者)
7.腎障害(重篤な者)
8.直腸炎
9.直腸出血
10.本剤の過敏症

参照→「インフルエンザ脳症









1.アスピリン喘息、その既往歴ある者。
2.
SLE
3.潰瘍性大腸炎
4.肝障害(重篤な者)の、既往歴

5.クローン病
6.血液異常(重篤な者)、既往歴。
7.高齢
8.痔疾患、既往歴
9.消化性潰瘍、既往歴
10.小児。
11.食道通過障害
12.心機能不全(重篤な者)、既往歴
13.腎障害(重篤な者)、既往歴
14.腎臓への血流量が低下しやすい者。
15.直腸炎、既往歴
16.直腸出血、既往歴
17.本剤の過敏症、既往歴
併用禁止 トリアムテレンとの併用で急性腎不全。



アスピリンとの併用で相互に作用が減弱。
シクロスポリリンの腎毒性を増強。
ジゴキシンと併用で作用が増強。
ニューキノロン剤との併用でケイレン

副腎皮質ステロイドで相互に胃腸障害が増給横。
フロセミドチアジド系利尿薬の作用が減弱。
メトトレキサートと併用で作用が増強。
リチウム製剤と併用で作用が増強。

ワルファリンとの併用で出血の危険性増大する



妊婦へ
の影響
投与しないことが望ましい
妊娠中母胎に於けるNSAIDs暴露により、新生児における心室中隔欠損症の発症リスクが上昇することが示唆された(厚労省



胎児死亡の報告が相次いだため、1999年に厚生省(当時)が妊婦に投与しないよう添付文書を改訂するように指示した。ところが、改訂後も少なくとも3人の妊婦に投与され、死産や仮死状態で生まれたりしていたことが、2003年12/21判明




水痘、インフルエンザ等のウイルス性疾患の先行後、
激しい嘔吐
意識障害
痙攣(急性脳浮腫)
肝臓などの臓器に脂肪沈着
高アンモニア血症
ミトコンドリア変形
GOT・GPT・LDH・CKの急激な上昇
低プロトロンビン血症
低血糖
などの症状が短期間に発現する死亡率が高い病態
厚生労働省は昨年11月、小児がインフルエンザ脳炎を重症化させるとして、同じ非ステロイド系解熱消炎剤「ジクロフェナクナトリウム」の投与の禁止を指示。今年5/30、急性脳炎などを伴う「ライ症候群」との関連を検討、ウイルス性疾患の小児への投与禁止を決めた



ボルタレンの副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状
    アナフィラキシー ジンマシン
    血管浮腫
    呼吸困難
    →中止し処置必要
  2. 胃腸から出血する(→服用を中止すること)
  3. 胃痛。
  4. うっ血性心不全・・・・・・→中止し処置必要
  5. 黄疸。
  6. 嘔吐。
  7. 横紋筋融解症・・・→中止し処置必要
  8. 潰瘍性大腸炎が悪化する。
  9. かすみ目
  10. 顆粒球減少。
  11. 間質性腎炎・・・・・・→中止し処置必要
  12. 間質性肺炎・・・・・・→中止し処置必要
  13. 肝障害(重篤)・・広範囲に肝壊死・・・→中止し処置必要
  14. 急性腎不全(→服用を中止すること)。




    乏尿
    血尿
    タンパク尿
    BUN上昇
    血中クレアチニン上昇
    高k血症
    低アルブミン血症
    →中止し処置必要
  15. 急性脳症・・・(ライ症候群)・・・→中止し処置必要
  16. クローン病が悪化する。
  17. ケイレン。
  18. 血小板減少。・・・・・・→中止し処置必要
  19. 血圧上昇
  20. 血圧低下。
  21. 下痢。
  22. 幻覚。
  23. 口渇。
  24. 口内炎。
  25. 紅皮症(剥脱性皮膚炎)・・・・・・→中止し処置必要
  26. 光線過敏症(→服用を中止すること)。
  27. 再生不良性貧血。・・・・・・→中止し処置必要
  28. 錯乱。
  29. GOT上昇(特に金製剤との併用)。
  30. GPT上昇(特に金製剤との併用)。
  31. しびれ。
  32. 出血傾向
  33. 出血性ショック・・・・・・・→中止し処置必要
  34. ショック症状が出る(→服用を中止すること)

    ショック
    胸内苦悶
    冷汗(冷や汗)
    呼吸困難
    四肢冷却
    血圧低下
    意識障害
    →中止し処置必要
  35. 消化性潰瘍
  36. 食欲不振。
  37. Stevens-Johnson症候群・・・・・・→中止し処置必要
  38. 心悸亢進。・・・・・・→中止し処置必要
  39. 神経過敏。
  40. 腎乳頭壊死・・・・・・→中止し処置必要
  41. ジンマシン(→服用を中止すること)。
  42. 穿孔を伴う消化管潰瘍・・・・・・→中止し処置必要
  43. 頭痛。
  44. 全身倦怠感
  45. 喘息発作(重症喘息発作・アスピリン喘息))・・→中止し処置
  46. 脱毛。
  47. 直腸粘膜を刺激する。
  48. 軟便
  49. ねむけ
  50. ネフローゼ症状群・・・・・・→中止し処置必要
  51. 脳血管障害・・・→中止し処置必要
  52. 吐き気。
  53. 発汗。
  54. 非特異性出血性大腸炎が悪化する。
  55. 貧血。
  56. 頻脈
  57. 浮腫。
  58. 不眠。
  59. 便秘。
  60. 発疹。
  61. 耳鳴り。
  62. 無顆粒球症・・・・・・→中止し処置必要
  63. 無菌性髄膜炎
    無菌性髄膜炎 頸部硬直
    発熱
    頭痛
    嘔吐
    悪心
    意識混濁
    →中止し処置必要

    SLEで注意
  64. めまい
  65. 溶血性貧血・・・・・・→中止し処置必要
  66. Lyell症候群・・・・・・→中止し処置必要



厚生労働省副作用情報
(平成157/30〜10/26)
 アナフィラキシーショック3
 アナフィラキシー反応1
 ショック3
 チアノーゼ1
 意識消失1
 異常行動1
 胃十二指腸潰瘍1
 胃穿孔1
 胃潰瘍2
 咽頭浮腫1
 肝障害1
 肝性昏睡1
 間質性肺疾患1
 眼の充血1
 急性腎不全2
 強膜炎1
 結腸潰瘍2
 倦怠感1
 呼吸不全1
 口腔内潰瘍形成1
 口内炎1
 死産1
 死亡1
 十二指腸狭窄1
 十二指腸潰瘍1
 出血性ショック1
 出血性胃潰瘍3
 出血性大腸潰瘍1
 出血性腸炎1
 小腸穿孔1
 小脳梗塞1
 食欲不振1
 心原性ショック1
 穿孔性十二指腸潰瘍1
 多形紅斑1
 胎児動脈管狭窄1
 大腸穿孔2
 中毒性皮疹1
 潰瘍性大腸炎1
 脳症1
 発疹4
 汎血球減少症1
 皮膚潰瘍1
 皮膚浮腫1
 腹膜炎3
 薬剤性皮膚炎1
 喘息1
 嘔吐1
 疼痛
厚生労働省
  • アナフィラキシー反応1
    アナフィラキシーショック1
    アナフィラキシー様反応1
    関節痛1
    血圧低下1
    気管支肺アスペルギルス症1
    口唇炎1
    大腸炎1
    サイトメガロウイルス感染1
    播種性血管内凝固1
    薬物相互作用2
    眼瞼紅斑1
    胃潰瘍1
    肝機能異常2
    感覚鈍麻1
    回腸潰瘍穿孔1
    間質性肺疾患1
    肝障害2
    皮膚粘膜眼症候群1
    四肢痛1
    消化性潰瘍1
    肺炎1
    肺水腫1
    急性腎不全1
    ショック1
    スティーブンス・ジョンソン症候群2
    上部消化管出血1
    尿細管間質性腎炎2
    出血性ショック1
    胃粘膜病変1
    出血性大腸潰瘍1
    ニューモシスティスジロヴェシ肺炎2
    アナフィラキシーショック2
    アナフィラキシー様反応1
    食欲不振1
    再生不良性貧血1
    喘息
    体温低下2
    脳出血1
    冷汗1
    潰瘍性大腸炎1
    意識レベルの低下1
    糖尿病1
    播種性血管内凝固2
    出血性十二指腸潰瘍1
    多形紅斑1
    胆嚢障害1
    肝機能異常1
    過敏症1
    間質性肺疾患2
    大腸潰瘍1
    白血球減少症1
    肝障害2
    肺障害1
    リンパ球数減少1
    多臓器不全1
    腹膜炎1
    血小板数減少1
    肺炎1
    直腸潰瘍1
    赤血球数減少1
    腎障害1
    落ち着きのなさ1
    ライ症候群1
    敗血症1
    ショック1
    小腸潰瘍1
    てんかん重積状態1
    血小板減少症1
    自己免疫性血小板減少症
(平成20年4/1〜9/31)
  • 無顆粒球症
    アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
    アナフィラキシー反応
    アナフィラキシーショック
    狭心症
    アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
    無力症
    喘息
    血圧低下
    血圧上昇
    脳膿瘍
    胸痛
    膀胱炎
    褥瘡性潰瘍
    意識レベルの低下」
    剥脱性皮膚炎
    糖尿病
    浮動性めまい
    体位性めまい
    薬物相互作用
    出血性十二指腸潰瘍
    呼吸困難
    紅斑
    異常感
    胃潰瘍
    出血性胃潰瘍
    消化管穿孔
    尿中ブドウ糖陽性
    肝炎
    急性肝炎
    高カリウム血症
    低アルブミン血症
    間質性肺疾患
    空腸狭窄
    空腸潰瘍
    肝障害
    意識消失
    筋力低下
    筋肉痛
    浮腫
    汎血球減少症
    麻痺
    穿孔性消化性潰瘍
    関節周囲炎
    咽頭浮腫
    血小板減少
    幽門狭窄
    発熱
    発疹
    急性腎不全
    腎出血
    呼吸停止
    横紋筋融解
    ショック
    小腸穿孔
    小腸潰瘍
    スティーブンス・ジョンソン症候群
    硬膜下蓄膿症
    治療薬毒性
    甲状腺中毒クリーゼ
    中毒性表皮壊死融解症
    嘔吐
    体重増加
    尿細管間質性腎炎
    椎間板突出
    悪性新生物進行
    全身性そう痒症
    蛋白漏出性胃腸症
    消化管びらん
    軟部組織の良性新生物
    疾患進行
    腎機能障害
    びらん性十二指腸炎
    1型糖尿病
    アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
    意識変容状態
    アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
    無気肺
    血中アミラーゼ増加
    血中ブドウ糖増加
    血中乳酸脱水素酵素増加
    血圧低下
    血圧上昇
    血中尿素増加
    Cー反王制蛋白増加
    脳梗塞
    胸部不快感
    痙攣
    糖尿病
    播種性血管内凝固
    浮動性めまい
    薬疹
    十二指腸穿孔
    十二指腸潰瘍
    呼吸困難
    好酸球数減少
    多形紅斑
    変色便
    γーグルタミルトランスフェラーゼ増加
    胃穿孔
    胃潰瘍
    出血性胃潰瘍
    穿孔性胃潰瘍
    胃腸炎
    胃腸出血
    消化管粘膜壊死
    消化管壊死
    消化管穿孔
    ヘモグロビン減少
    肝機能異常
    ヘルペスウイルス感染
    帯状疱疹
    感覚鈍麻
    感染
    間質性肺疾患
    肝障害
    リンパ数減少
    新生児呼吸窮迫症候群
    ネフローゼ症候群
    皮膚粘膜眼症候群
    汎血球減少症
    動脈管開存症
    腹膜炎
    血小板減少
    肺炎
    気胸
    早産児
    早産
    偽膜性大腸炎
    肺出血
    発疹
    直腸穿孔
    直腸潰瘍
    腎障害
    横紋筋融解
    流涎過多
    敗血症
    ショック
    小腸潰瘍
    スティーブンス・ジョンソン症候群
    中毒性表皮壊死融解症
    微量元素欠乏
    肛門出血
    気管狭窄
    尿中タンパク陽性
    処置後胆汁漏出
    ブドウ球菌感染
    血中アルカリホスファターゼ増加
    肝酵素上昇
    動脈出血
    頭蓋内静脈洞血栓症
    腎機能障害
    骨髄機能不全
平成20年10月1日〜平成21年2月28日
  • γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加1
    アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加1
    アナフィラキシーショック7
    アナフィラキシー反応1
    アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加1
    インフルエンザ1
    ショック1
    スティーブンス・ジョンソン症候群1
    びらん性胃炎1
    意識レベルの低下1
    胃炎1
    胃癌1
    胃十二指腸潰瘍2
    胃腸障害2
    胃腸潰瘍1
    胃腸粘膜障害2
    胃潰瘍2
    胃粘膜病変1
    横紋筋融解1
    会話障害1
    肝機能異常6
    肝不全1
    逆流性食道炎2
    急性腎不全2
    胸水1
    空腸潰瘍1
    傾眠1
    血圧低下6
    血管炎1
    血管浮腫1
    血小板数減少2
    血中カリウム減少1
    血中クレアチニン増加2
    血中ブドウ糖増加1
    血中尿素増加3
    幻覚2
    誤嚥1
    口腔内潰瘍形成1
    口腔粘膜びらん1
    口唇腫脹1
    硬膜下出血1
    子宮出血1
    死亡1
    耳不快感1
    失見当識1
    十二指腸狭窄1
    出血1
    出血性胃潰瘍1
    出血性小腸潰瘍2
    女性生殖器瘻1
    小腸穿孔1
    小腸潰瘍6
    消化管びらん3
    食道潰瘍1
    心筋虚血1
    心筋梗塞2
    心室性頻脈1
    心不全1
    腎機能障害1
    腎不全1
    穿孔性胃潰瘍1
    前立腺炎1
    全身性炎症反応症候群1
    全身性皮疹2
    多臓器不全2
    大腸穿孔7
    大腸潰瘍1
    中耳炎1
    中毒性表皮壊死融解症5
    腸潰瘍2
    直腸狭窄1
    潰瘍1
    低体温1
    低蛋白血症1
    吐血2
    洞不全症候群1
    特発性血小板減少性紫斑病1
    尿量減少1
    脳梗塞2
    播種性血管内凝固1
    肺炎1
    肺出血1
    肺臓炎1
    皮膚粘膜眼症候群2
    鼻出血2
    腹部膨満1
    変色便1
    片耳難聴1
    末梢循環不全1
    末梢性浮腫1
    無顆粒球症1
    薬疹2
    薬物相互作用1
    肛門潰瘍1
    膀胱障害1
    蕁麻疹1




関連情報 消炎鎮痛薬

小児の急性脳症






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査