情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ワクチン療法
(ワクチン)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










水銀 

肺炎球菌ワクチン

ADEM(急性散在性脳脊髄炎)


FORTH(厚労省検疫所)

予防接種(国立感染症研究所)





ワクチン療法とは?
  • インフルエンザなどの予防接種でおなじみの、ワクチンは体の免疫力を高める働きをする。予防接種に使うワクチンは病原性を失わせたウイルスや細菌が主体。細菌などが作る毒素を無害化した物質もある。これらが体に入ると外外敵を攻撃する白血球などの免疫細胞が“敵の顔”を覚え、悪者が侵入してきても素早く対応できるようになる。
    しかし、ガンはウイルスよりもずっと手強い敵だ。もともと自分の細胞が変化したものなので、免疫細胞の攻撃をかわして増殖する。ただ、免疫系の仕組みが詳しく分かってきたことで、免疫力を人為的に強めてガンを治す免疫療法の可能性が開けてきた。
    その最新のアプローチが、ガン・ワクチンだ。
    主役になるのは血液中にある『キラーT細胞』。
    リンパ球の一種で、体内に侵入した異物をやっつける。“殺し屋”だ。
    この細胞は相手の細胞表面にあるアミノ酸化合物(ペプチド)を手掛かりに敵か味方かを判別する。ペプチドの種類は無数にあるが、特有のペプチドを持っている。
    ガン細胞だけにあるペプチドをワクチンとして体内に大量に送り込めば、免疫系にとって「敵のガン細胞は多いぞ」をいう警告となり、ガン細胞を攻撃するキラーT細胞が増える。又、送り込んだペプチドはガン細胞の表面にくっつき、攻撃の標的になる。こうしてガンを叩くのがワクチン療法のシナリオだ。
    長所の1つは副作用が少ないとみられることだ。これまでの免疫療法はインターフェロンなどですべてのキラーT細胞を活性化させる。これだとキラーT細胞が正常な細胞まで傷めてしまうことがあるが、ワクチン療法ならガン細胞をやっつける殺し屋だけが活性化する。
      又、外から投与したペプチドは正常細胞にはほとんどくっつかず、ガン細胞に集まるので、キラーT細胞が誤って味方を攻撃する危険も少ないという。




有害物質だけを、ほぼ完全に除去できる吸着剤を開発
  • 2002年、チッソと熊本大学は、ワクチン製造過程で有効成分を取り出す際、同時に発生する有害物質だけを選択し、ほぼ完全に除去できる吸着剤を共同開発した。
    多孔質の微粒子に有害物質を吸着しやすい特殊な化学物質を組み合わせた。敗血症治療など幅広い分野にも応用できる。3年以内の実用化を目指す。
    ワクチンの製造過程では原料から有効成分の抗原を取りだす際、人体に発熱や痛みを引き起こすエンドトキシン(LPS)や発ガン物質の核酸などの有害物質が発生する。
    このためLPS(エンドトキシン)については、世界保健機関(WHO)がワクチン1ml当たりの残留量を500ピコグラム(1ピコ=1/1兆)以下が望ましいと規定している。
    ただ遠心分離などの従来製法では、抗原と有害物質とを選別することが難しいため、LPSや核酸を人体に無害な量まで減らすと、抗原も6〜7割目減りしてしまうのが難点だった。
    開発した吸着剤は、直径0.1〜1000マイクロメートル(1マイクロ=1/100万)のセルロース製高分子微粒子の、表面の形状や電荷などの特性を自由に調節できる技術を使った。同技術は熊大工学部教授が保有している。
    吸着剤を詰めた円筒形容器(カラム)にワクチン原料を通すと、抗原は残してLPSと核酸だけを選択して除去する。





DNAワクチン
  1. 2005年、英医療ベンチャー企業、パウダーメッド(オックスフォード市)は、DNAワクチンの無痛接種技術を開発した。注射針は使わず、従来の接種量の1/1000で強い免疫が得られる。ガン治療にも応用可能。
    DNAワクチンとは体の免疫を強める医薬品で、感染を防ぎたいウイルスなどのDNAを体に注射し、最終的に抗体を作る細胞を増やして体を守る。ウイルスそのものを接種するワクチンより安全なワクチンとして注目されている。
    開発した技術は、オックスフォード大学考案の技術をもとにした。圧縮空気の入った筒状容器を腕などの皮膚に当てる。ボタンを押すとDNAをつけた金の微粒子が超音速で飛び出し、皮膚の浅い細胞に入る。微粒子の大きさは約3マイクロbなので、風ゼが当たったような感覚という。
    細胞に送り込んだDNAは、ウイルス感染の場合と同様に免疫機能を活性化する。皮膚には免疫にかかわる細胞が多くあり、新技術だと接種量は従来の1/1000ですむ。
  2. 酵素が必要
    DNAワクチンが免疫が機能するには、細胞内にある『TBK1』という酵素が不可欠なことが分かった。
    審良静男・大阪大学教授と石井健准教授らは、DNAワクチンが体内で働くメカニズムを解明した。成果は2008年2/7付けのネイチャーに掲載。
    DNAワクチンは環状DNAに免疫を引き起こす抗原の遺伝子を組み込んで作る。投与すると抗原に反応して免疫機能が働く。従来のワクチンより簡単に作れるが、何故効くのか不明だった。
    研究チームは抗ウイルス作用を持つタンパク質インターフェロン1を作るのに関わるTBK1に着目。TBK1を欠いたマウスにDNAワクチンを投与しても、全く効果が出なかった。
    今まではTLR9というタンパク質がワクチンに作用すると思われていた。





鶏卵を使わずにワクチン
  • 2005年、「ワクチン大手のデンカ生研は米試薬大手のカイロンと提携し、培養細胞を使ってインフルエンザワクチンを量産する技術を開発した。これまで鶏卵を使って半年かかっていたが、イヌ由来の培養細胞を使うことで数日で生産できる。





植物細胞をもとに製造するワクチン
  • 植物細胞から
    2006年、「総合化学最大手の米ダウ・ケミカルは植物細胞をもとに製造するワクチンを開発し、米農務省から世界初の製造認可を受けた。
    動物細胞や植物種子などからつくるワクチンより安全性が高く、生態系に影響を与えにくい。
    新ワクチンは遺伝子組み換え技術を使いダウの子会社ダウ・アグロサイエンス(インディアナ州)がアリゾナ州立大などと共同で開発。






不良ワクチンは今ままでにも出回っていた
家畜が直接ワクチンを食べることができる
  • 2007年、「創薬ベンチャーのジェノラックBL(茨木市072-641-8603)は、ワクチンを製造する化学及血清療法研究所と共同で家畜用ワクチンを開発する。家畜が直接ワクチンを食べることができる。さらに母乳を与えた子も生後間もない頃から免疫力を高められるのが特徴。
    乳酸菌の表面にウイルスなどのタンパク質の一部をくっつけてワクチンとし、家畜が食べて摂取できる。
    食後腸で吸収され、通常の注射型ワクチンでは活性化できない『粘膜免疫』に働きかけられる。
    メスが食べるとウイルスに対する抗体が母乳中にも含まれる。そのため注射型ワクチンが効かない子供の家畜にも母乳を通じて抗体を体内に取り入れられる





自然免疫
  • 日本で使われているワクチンはウイルスの一部を無害化したもので、感染歴がある人では免疫の働きが高まる。
  • しかし、自然免疫の活性化はほとんどみられない。







ジャガイモをワクチンに
  1. バナナやジャガイモを食べるだけで、コレラやウイルス性肝炎を予防できる。     
    ・・・・注射が嫌いな人にとって、こんな夢のような食べるワクチンの開発が進んでいる。農作物にワクチン成分の遺伝子を組み込んで果物や野菜にワクチン機能を持たせる試みで、米国の研究チームがジャガイモワクチン作りに初めて成功した。
  2. 抗体量4倍に
    「病原菌に対して抵抗力を持たせるワクチンは免疫の仕組みを利用している。人体に病原菌が入ると抗体が作られ、病原菌を攻撃するようになる。そこで病原菌の一部を注射して体内であらかじめ病原菌を攻撃する抗体を作らせ、病原体を攻撃する抗体を作らせ、感染しても発症しないようにしたのがワクチンだ。食べるワクチンは農作物に病原菌に一部分を作り出す遺伝子を組み込んでおき、食べた人の体内で抗体をつくらせる機能を持たせる。
    開発は米国が中心で、コーネル大学のボイス・トンプソン植物研究所は、下痢を引き起こす大腸菌に対しワクチン効果を持たせたジャガイモを開発した。     
    メリーランド大学医療センターはこのほど、このワクチンを使って14人のボランティアを対象に臨床試験をした。3週間に3回、11人には50〜100gのジャガイモワクチン、残る3人に普通のジャガイモを食べてもらい、血液と便で効果を調べた。
    その結果、ジャガイモワクチンを食べた人の9割は血清中の抗体量が臨床試験開始前に比べ4倍に増えていた。6人は腸の中の抗体の量も4倍に増加し、ジャガイモワクチンの機能が人間で初めて確認された。副作用も全く認められ無かったという。」
  3. 調理も可能
    「これまでのワクチンは大半が注射による投与で、経口投与はごく一部。経口投与のものもシロップ状で、食べ物ワクチンは無かった。ジャガイモワクチンは胃や腸で消化されずに抗体をつくっており、病気予防の効果が期待できるとしている。
    コーネル大学ではウイルス性下痢症に対するワクチン効果を持たせたバナナやB型肝炎を防ぐトマトなども開発中だ。来年には植物研究所の温室で、バナナワクチンが実をつけるという。



ヨウトウガの幼虫から
新型インフルエンザワクチン
  • ヨウトウガの幼虫から
    ビールの発酵タンクのような培養槽でヨウトウガ(蛾の一種)の幼虫の細胞を大量に培養。この細胞にインフルエンザウイルスの遺伝子の一部を組み込んだベクターウイルスを送り込む。ウイルスが感染するときに働く『ヘマグルチニン』というタンパク質を精製、ワクチンとして用いる。
    IHIプラントエンジアリングで実験中。共同研究しているバイオ企業のUMNファーマ(秋田市)の上村部長は“この細胞なら8週間程度で新型インフルエンザワクチンを製造できる”
  • 新型インフルエンザが突然流行しても対応できる。





半年で6000万人分の
新型インフルエンザワクチン
  • 2009年、財団法人・阪大微生物病研究会は新型インフルエンザ用のワクチン製造期間を従来の半分の3ヶ月に縮める手法を開発した。香川県観音寺市に350億円を投じて新工場を建設し、2013年に量産を始める予定。
    新製法はイヌの腎臓からとりだした細胞に、毒性を弱めたウイルスを植え付けてつくる。鶏の有精卵でつくる従来の製法と比べて大量のワクチンを作りやすくなる





タバコの葉からインフルエンザワクチン
  • 2016年、田辺三菱製薬が2018年以降実用化予定。
  • 鶏卵で培養する手法では半年かかるが製造期間を1ヶ月に短縮する。
  • 2013年に買収したカナダのメディカゴ社の製造技術を使う。




皮膚に貼って使う
  1. 2010年、大阪大学とコスメディ製薬は、皮膚に貼って使うシート状のワクチンを開発した。シート表面にある地位名突起からワクチン成分が溶け出して皮膚の億に染み込み、免疫効果を発揮する。
    阪大の中川晋作教授と岡田直貴準教授らのグループが開発した。
    皮膚の深さ数百マイクロbには免疫細胞があり、ここにワクチンが届くと、病原体に対抗する抗体ができる。
  2. 2012年、コスメディ製薬と大阪大学は皮膚に貼って使うインフルエンザワクチンを開発した。阪大が実施した人への臨床研究で有効性を確認した。開発したのは直径1cm程度の丸いパッチ。皮膚に貼り付ける面に微細な突起が230本ついている。突起は小さいため、刺さっても痛みはほとんど無い。ワクチンは通常、空気接触による酸化を防ぐため、冷温で保管する。開発した貼るワクチンは常温で保存でき、消費期限も1年以上に延びる。




酵母使い数日で量産・・
  • 2011年、京都大学の植田充美教授や奈良先端科学技術大学院大学などは、遺伝子組み換え酵母を使ってワクチンとなるウイルスのタンパク質を数日で大量に作る基礎技術を開発した。
    海外ではバイオテロ対策として、特殊なウイルスで病原体のタンパク質ペプチドを早期に作り、ワクチン製造に役立てている。





ゲル状ワクチン
・・・・皮下にとどまりやすい
  • 3DMは2014年から米国の財団と共同開発に着手するワクチンはゲル状で、皮下にとどまりやすくすることで感染症を防ぐ。まず動物向けに実用化を狙う。





全粒子型ワクチンとTLR7
  • 2010年、大阪大学の石井健・招聘教授と審良静男教授、東北大学の小山正平研究員らは、インフルエンザワクチンのうち、ウイルス成分の一部だけを使う「スプリット型」に比べ、ウイルスを丸ごと使う「全粒子型」や「生ワクチン」の方が免疫が高まる仕組みを突き止めた。
    ウイルスが持つRNAが、体内でタンパク質「TLR7」と結合し、免疫細胞を活性化していた。
    成果はサイエンス・トランスレーショナル・メディシン(電子版)に掲載。
    ワクチンには様々な製造法がある。季節性インフルエンザや新型インフルエンザのワクチンは副作用が少ないスプリット型を採用している。
    全粒子型はウイルスが持つRNAがアジュバント(免疫増強剤)として機能し免疫がより高まる半面、発熱などを起こしやすい。
    高病原性鳥インフルエンザに備えて国が事前接種用に作ったワクチンは全粒子型だ。
    研究チームは、全粒子型や生ワクチンのRNAがTLR7に結合して、自然免疫を活性化しているのをマウス実験で確かめた。
    TLR7は免疫細胞の「形質細胞様樹状細胞」で働き、RNAが結合すると抗ウイルス効果のある物質「インターフェロン1」の分泌を促していた。
    TLR7や形質細胞様樹状細胞が働かないようにすると、ワクチンを打っても効果がなくなった。toll様受容体





ウイルス様中空粒子を使ったワクチン
  • ワクチン開発で急がれるのが「VLP」(ウイルス様中空粒子)を使ったワクチン。
  • 一般的なワクチンは毒性を弱めた病原体を培養してつくる。それを体内に投与すると、体がその病原体に負けない様にと免疫を作り出すメカニズムを使う。
  • VLPを利用すれば、病原体そのものは不要になる。
  • VLPにいは毒性が無いが、外見だけ毒性のある病原体に<変装>することが可能になる。このためVLPを体内に投入すると、これを病原体と勘違いさせる。
  • 毒性が無いのに体は毒性があると思い込ませて、免疫効果が高める手法は安全とされる。
  • 国内メーカーは初期研究の段階で遅れをとった。






アジュバントは
ワクチンに混ぜてその効果を上げる物質
  1. (免疫増強剤)
    「2008年6/11、医薬基礎研究所はワクチンメーカー4社と共同で、ワクチンの効果を高める研究開発プロジェクトを始めると発表。参加するのは基礎研と化学及血清療法研究所、デンカ生研、阪大微生物病研究会。
    アジュバントはワクチンに混ぜてその効果を上げる物質で、現在認められているのは『水酸化アルミニウム』だけ。
  2. 2010年、徳島大学の木戸博教授らのグループは、鼻から投与するタイプの次世代インフルエンザワクチンの効果を高める「アジュバント」を人工合成する技術を開発した。従来は牛から採取した物質を利用していたが、、BSEの懸念が残っていた。
    人工合成したのは、生物の肺にある「肺サーファクタント」という生体内物質。肺サーファクタントを構成する3種類の油とペプチド(タンパク質断片)を特定し、人為的に組み合わせた。
    同グループは、肺にある生体物質をインフルエンザウイルの抗原と一緒に投与すると、免疫力を高める効果がある補助剤(アジュバント)として活用できることを見つけていた。
    従来はウシから採取した肺サーファクタントを利用していた。BSEへの懸念が根強く、多くの人に接種する実用化はハードルが高かった。
    鼻から投与する新しいタイプのインフルエンザワクチンは、鼻などの粘膜にメンエキグルブリン(IgA)という抗体を誘導。ウイルスへの感染そのものを防ぎ、幅広い遺伝子タイプのウイルスに効果がある。
    国内で使われている現行のインフルエンザワクチンは注射によって投与し、血中に免疫グロブリンG(IgG)という抗体を誘導する。ただ、このタイプのワクチンは感染そのものは防ぐことができない。





ワクチン効果を高める増強剤
  • 2014年、医薬基盤研究所と北九州私立大のチームは、インフルエンザなどの感染症に対して、ワクチン効果を高める免疫増強剤を新たに開発した。
  • 成果は米科学アカデミー紀要(電子版)に系足。
  • 研究チームは免疫を活性化する働きが知られる短いDNAに注目。
  • DNAだけでは体内で固まり不安定だっただ、DNAを当分でくるんだ微小な分子を作り、免疫細胞に取り込まれやすい大きさにるすことに成功した。






鼻からスプレー
  • 2015年、徳島大学の木戸博特任講師らが開発。
  • ワクチンには、ヒトの肺の表面にある「肺サーファクタント」という物質に、インフルエンザウイルスのタンパク質を結合させた。
  • 鼻から喉の粘膜に吹き付ける。
  • 体内に入ったウイルスのタンパク質に対する体の免疫反応を、肺サーファクタントによって増強する。
  • 肺サーファクタントは、ウシから取ったものが未熟児の呼吸不全治療薬として使われている。
  • 研究チームは、ヒト型の肺サーファクタントの人工合成に成功した。






注射器の針を短く・・・正確に投与
  • 2015年、テルモが開発
  • 皮膚の上層部(約2_b)に確実にワクチンを投与できる。
  • 従来、皮内にワクチンを打つのは難しく、寝かせるように打っても、失敗すると皮下組織を針が傷つけることがあった。
  • 開発した注射器は、針の長さを1.5_bにし、針部分を取り囲む円形の部品を取り付けた。




日米で承認されたワクチン
  • 1985年:B型肝炎ワクチン(日本)
    1987年:水痘生ワクチン(日本)
          Hibワクチン、不活化ポリオワクチン(米)
    1988年:肺炎球菌ワクチン(日本)
          遺伝子組み換えB型ワクチン(日本)
          MMRワクチン(日本)
    1991年:aPワクチン(米)
    1992年:DTaPワクチン(米)
         日本脳炎ワクチン(米)
    1993年:DTaP-Hib(米)
    1994年:ペストワクチン(米)
    1995年:不活化A型肝炎ワクチン(日本)
         水痘生ワクチン(米)
    1996年:Hib-B型肝炎ワクチン(米)
         不活化A型肝炎ワクチン(米)
    2000年:7価肺炎球菌ワクチン・小児用(米)
    2001年:A型-B型肝炎ワクチン(米)
    2002年:DTP-IPV−B型肝炎ワクチン(米)
    2003年:経鼻インフルエンザ生ワクチン(米)
         DPTワクチン(米)
    2005年:MRワクチン<混合ワクチン>(日本)
          MMR-水痘ワクチン(米)
          髄膜炎菌ワクチン(米)
    2006年:ロタウイルスワクチン(米)






(4種混合ワクチン)
  • 2012年8/2、厚労省はポリオ(小児マヒ)の不活性かワクチンを含む4種混合ワクチンについて11月から定期予防接種に導入する方針を正式に決定した。
  • 4種混合ワクチンの接種回数は4回。標準的な摂取は、
    1. 生後3ヵ月〜12ヵ月未満・・・・・・3回
    2. 3回目接種終了から6ヶ月後・・・1回






化血研に立ち入り検査
  • 2015年12/3、国の承認と異なる方法で血液製剤やワクチンを製造していた問題で化学及血清療法研究所(熊本市)を立ち入り検査した。
  • 2015年5月、匿名の情報が厚労省に寄せられて発覚した。
  • 不正や隠蔽は1980年代以降、40年間続けられていた。

水銀入りワクチン



チェック
関連情報
水銀」「肺炎球菌ワクチンADEM(急性散在性脳脊髄炎)
FORTH(厚労省検疫所)」「予防接種(国立感染症研究所)








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査