情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ワルファリン
warfarin






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







ワーファリン

突然死

副作用

疼痛


肺出血(肺胞出血)

スーパーラット


ワーファリンはネズミを殺す
ワルファリンカリウム

    • ワルファリンカリウム(ワーファリン)は、パンくずなどに混ぜてネズミの駆除 殺鼠剤)に使われています。


クマリン剤(殺鼠剤)には以下のものがあります。
  • ・ワルファリン
    ・ダイファシノン
    ・クロロファシノン


(ワルファリンの中毒症状)
  • 顕著な出血
    血腫
    下血
    鼻出血
    胸膜出血による呼吸困難
    突然死

  








ワーファリン
ワルファリンカリウム
  • 脳や心臓の血管に血栓が出来やすい状態を改善したり、手術後に血栓が出来るのを防いだりするのに使う
心臓弁手術を受け、ワルファリンを飲み続けていた20代の男性が、手術後4年たって脳の血管がつまり、緊急入院した例があった。
  • 奥さんが出産で帰省し、単身生活だったため、週に4〜5回納豆を食べていた。「納豆に含まれる多量のビタミンKが薬の働きを邪魔するのです」と東大病院調剤室の緒方映子さん。
    ビタミンKは血液を固まらせる働きがあるが、ワルファリンはこの働きを抑えて血液を固まりにくくする。食事でビタミンKが増えると、ワルファリンの抑えが効かなくなってしまうわけだ。

ダイエットのために野菜をよく食べていた女性にワルファリンが効かなかったという報告もある。


胎児への悪影響や出産時の大量出血を避けるため、妊娠を希望する女性には使用しない。


最適投与量
  1. ワーファリンは脳梗塞や心筋梗塞の患者の多くが使っているが、脳出血などが起きるため、使用量の調整が重要となる。現状ではワーファリンを少しづつ投与して血中濃度を頻繁に調べ出血を防いでいる。
    2006年8月から大規模治験が始まる。ワーファリン(抗血栓薬)を使って1000人以上の患者の遺伝子を使って、個人に最適の使用量を検証する。
  2. 個人差・・・・ 薬の中でも特に個人差が大きいことで知られているのがワーファリン
    適正な投与量には個人差があり、食事や体調で変化するため、定期的に血液検査(→PT)を受けて調整する必要がある。
  3. SNP・・・2010年、日本医大と凸版印刷、理化学研究所は脳卒中の再発などを防ぐために、約200人のSNPを調べて抗血栓生薬「ワルファリン」の投与量を決める臨床研究を始めた。
    ワルファリンは個人によって最適投与量が
    6以上異なる。
    薬が効きすぎる患者は内出血の副作用リスクが高まる。
    薬が効きにくい患者では血栓を防ぐ効果が期待できない。









ワルファリン服用中は、一緒に食べてはいけない
[アカツメグサ]
[アルファルファ]
[イチョウ葉エキス]
[ウコン]
[カモミール]
[甘草]
[クランベリー]
[クロレラ]
[朝鮮人参]
[オタネニンジン]
[焼酎]
[竹節人参]
[ビール]
[納豆]
[日本酒]
[ニンニク]
[キモ(肝臓)]
[ウナギの内臓]
[ヤツメウナギ]
[パイナップル]
[ひまわり種子]
[フィーバーフュー]
[緑茶]
[紅茶]
[コーヒー]
[ワイン]

[きく芋]
[サツマイモ]
[ジャガイモ]
[ポテトチップス]
[グァバ]
[ギンナン]
[グリンピース]
[アサツキ]
[ソラ豆]
[アシタバ]
ビタミンC含有の
野菜や果物・・・
[大豆油]
[ごま油]
[大豆]
[うなぎ蒲焼き]
[玄米]
[まぐろのトロ]
ビタミンE含有の食品・・
[ほうれん草]
[ブロッコリー]
[キャベツ]
[カブラ菜]
[レタス]
[パセリ]
[緑茶の粉末]
ビタミンK含有の食品・・
[アルコール]
  • アルコール分解酵素は、テンカンに使うフェニトインや血栓予防薬のワルファリンの分解にも働くので、効き目を弱める。





併用すると
  • 出血の危険性増大する(出血傾向)
    • 「ボルタレン」







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬