ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




ウェルニッケ脳炎



TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)








Wernicke脳炎
=1881年ウェルニッケが発見。
  • 「第3脳室および第4脳室やシルヴィウス導水管の周囲に起こる急性の出血性炎症。」

    「一般脳症状の他に眼筋麻痺が見られる。」

    ○「出血性上部灰白質脳炎」と名付けた
    ○慢性化するとコルサコフ症候群に移行する。
    ○飲酒家に多い




ウェルニッケ脳炎の症状
  • 眼球運動麻痺
  • 歩行運動失調
  • 意識障害








点滴で
  • 東大医科学研究所附属病院(東京・港)で、ビタミンの入っていない点滴を受けたため、「ウェルニッケ脳症」を発症、歩行障害や記憶障害が残ったとして、横浜市の男性(当時84)の遺族が国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(片山良広裁判長)は16日、「医師には適切な量のビタミンBを補給する注意義務を怠った過失がある」として、請求通り800万円の支払いを命じた。
    判決によると、男性は1996年6月、結腸ガンの疑いで入院、手術を受けた後、輸液を受けた。この際、栄養管理に不可欠なビタミンBが含まれていなかったため、中枢神経に障害が生じ、脳症を発症した。



関連情報 アルコール依存症
ウェルニッケ・コルサコフ症候群









なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬