ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



やけど



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




皮膚ガン
低タンパク血症
中毒性表皮壊死症
血糖値が高い
児童虐待
好中球増加
倦怠感
床ずれ
ケロイド
広告





やけどの漢方薬
  1. 桂枝加竜骨牡蛎湯
  2. 五苓散
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  4. 三黄瀉心湯
    1. 火傷後の発熱等《奥田謙蔵》

  5. 三物黄芩湯
  6. 太乙膏
  7. 桃核承気湯







たいていは「桂枝加竜骨牡蛎湯」及び「救逆湯」にて宜しけれども、実熱の症には四順清涼飲《外科正宗》適当とす《勿誤薬室方函口訣》



○アオキ・アロエ・ガマ・キュウリ・クリ・シラン・スクアレン・ヒトツバ・ムラサキ・ロウバイ・ワレモコウ。「セントジョンズワート



<1>青色
<2>藍色
<3>青緑色
<4>緑色



ラベンダー





やけど





(表皮を損傷するのみ)
  1. ヒリヒリして赤くなる
  2. 痛みが取れると、皮膚は茶色になり、数日で皮がむけて跡形もなく治る





皮膚の真皮の損傷
  1. .灼熱感がある
  2. 水疱が出来る。水疱が破れると末端の細い神経が露出するので痛みが起こり、ただれた状態になる
  3. ただれた部分はその後、かさぶたが出来て黒褐色を残し、その後にかさぶたが取れて跡形も無く治るものと、真皮に深部に達して瘢痕をつくるものとがある





皮膚全層の損傷
  1. 傷口は壊死に陥りかさぶたとなって落ちてしまう
  2. 傷口にはひきつれやケロイドが残る
  3. 低温やけど・・・でなることもある









低温やけど
(低温火傷)
  • は、触れていても暖かく心地よいを感じる60℃程度でかかるヤケドのこと。
    心地よい程度の暖かさで時間をかけて起きるため、いつの間になったのか気づきにくい。44℃だと3~4時間かかるが、50℃だと2~3分でも低温火傷になることがある。
    「皮膚に伝わった熱は血流によって拡散されるのが普通だが、体の一部にのみ熱源が当たると、体の重みが加わって熱の拡散がうまくゆかなくなり、低温やけどにかかる。
  • 特に高齢になると体の保温機能が低下したり皮膚感覚が鈍くなったりして、低温やけどになる危険性が高くなると言われている。
  • また、糖尿病にかかっている人も血行が悪く、神経が鈍くなっているので要注意だ。


やけどの傷は深くなるほど痛みを感じにくくなる。
  • 「42℃以下なら低温やけどにかかる可能性はないが、48℃を超える熱源に触れると危険性が高まる。触れている時間で症状は異なるが、数時間触れたままだと細胞が壊死し、皮膚を移植しなければならない重傷になることもある」(小林国男・帝京大学教授)
  • 「場合によっては、全身性の湿疹が出来ることがある。こうなると完治するのに数ヶ月~1年かかるので要注意」(鈴木啓之・日本大学教授)


(原因)
  1. 使い捨てカイロ、湯たんぽ、あんか、コタツが原因の大部分になっている。
  2. 家庭用サウナでやけどした。
  3. 入浴していたら低温やけどにかかった。
  4. 靴下を履いた上から使い捨てカイロを両足のつま先に貼って外出。約30分で帰宅しカイロを貼ったまま5時間程度、室内で過ごした。気が付くと、つま先に水泡が出来ていたので、翌日、皮膚科で診察を受けたところ、低温やけどで皮膚細胞が壊死していたことが判明。右足の薬指の先端約5mmを切り取り、太ももから皮膚を移植した(60代の男性)。
  5. 風邪薬を飲んだ後トイレに行って、保温式の便座に座っているうちに長時間居眠りをしてしまった。目が覚めたらお尻がピリピリするので、病院にいったら、重傷のヤケドと診断され、入院した(50代の女性)
  6. 電気あんかの上に足を乗せたまま寝てしまった。翌朝、皮膚が赤くなっていることに気づき、皮膚科へ。薬では治らず、太ももから皮膚を移植した(70代の女性)




化学


ドライクリーニング
クリーニングから戻ったばかりの衣服を身につけた時、皮膚が赤く腫れ上がってヤケドのように水ぶくれが出来ることがある。ドライクリーニングの溶剤などが原因で起きる「皮膚やけど」と呼ばれる皮膚のトラブルで、クリーニングに出す期間が増える冬場に多い。一度陰干ししてから着用するなど注意が必要だ。
60歳代のある女性は、1999年2月、外出先で正座をしたときに、太股が熱くなって、座っていられなくなった。スラックスの布に皮膚が強く押しつけられた太股の裏側が腫れていたため、クリーニングから戻ってきたばかりのスラックスが原因と思い、すぐ家に帰って着替えたが、腫れが治まらない。だんだんヤケドのように赤く腫れ上がり後日、病院で「化学やけど」と診断された。
日本通運健保組合東京病院皮膚科の斎藤文雄さんによると、化学ヤケドは、皮膚を刺激する薬剤が肌に触れたり、ついたりすることで引き起こされる接触性皮膚炎の一種。漆(ウルシ)と同じで皮膚がかぶれたようになる。
ドライクリーニングに使われる溶剤のほか、灯油やガソリンで起きることもある。
国民生活センターが今秋まとめた、クリーニング溶剤による皮膚トラブルなどの事故件数は、88年4月から1999年10月末までで174件。月別に分析すると、秋から冬にかけて被害が増え、ピークは1月になっている。秋冬物の衣類にはドライクリーニングに出す素材が多いためらしい。
衣類別に見ると、ズボンでの被害が73%で、合成皮革製品に多い。皮膚に密着しやすいことや、溶剤がこもりやすいことが原因と見られる。
斎藤さんは「皮膚に異常を感じたら、出来るだけ早く脱いで」とアドバイスする。最初は皮膚がピリピリ、チクチクする感じだけだが、着続けると赤く腫れて、水ぶくれが出来る。クリーニングの溶剤は短い時間で奥の真皮まで浸透し、ヤケドのような傷跡やシミがなかなか消えないケースもある。
「肩パッドなど乾きにくい部分は、溶剤が残っている可能性があるので要注意」と呼びかける。直接肌に衣類が触れなくても、ストッキングや下着を通って、皮膚に炎症を起こすこともある。
治療は炎症を抑える軟膏を塗る方法が中心。国民生活センターによると、2週間程度の治療で治るケースが25%と一番の多いが、治るまで1ヶ月以上かかった重症の人も23%にのぼった。
同センターでは、クリーニングから戻った衣類は、すぐに袋から出し、石油の臭いなど異臭がした場合は、店に再処理を依頼するか、風通しの良い屋外で臭いがしなくなるまで陰干しすることを勧めている





【湯発】 (とうはつ)
=熱湯による火傷。



関連情報 皮膚ガン」「低タンパク血症」「中毒性表皮壊死症」「血糖値が高い」「児童虐待」「好中球増加」「倦怠感」「床ずれ」「ケロイド










なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬