情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





やる気が出ない
(意欲低下)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






ウツ病
怒りっぽい
精神病
精神不安
集中力がない
ストレス
ムチ打ち症
脳脊髄液減少症




やる気が出ない
やる気が起きない
  • 根気がない。
  • ガマンできない。
  • 辛抱出来ない。
  • 気力がない





うつ病ストレスでもやる気がない
  • 人と会うのがおっくうになる。
  • 趣味の鉢植えに水をやるのを忘れる。
  • 仕事に集中できない。
  • 何にもする気になれない。
  • みんなの話題に入れない。
  • 外に出たくなくなる





やる気を出させるポイント
  1. 好奇心報酬目標の3つが大切
    • 報酬は、本人の結果を認めてやったことへの報酬であり、本人の努力への無条件の評価である。
        “よくやった”
        “お母さんうれしいわ”
  2. 結果ではなく努力を評価してやる
  3. けなしてはいけない







朝ごはんをしっかり食べていますか?
  • 朝の食事は睡眠中に下がった体温を上げてウォーミングアップし、脳にもエネルギーを補給して働きを盛んにします。
    つまり、1日のやる気の源。
    集中力や記憶力に影響し、学校の成績も左右することが分かってきました。逆に朝食を抜いて昼や夜にまとめ食いすると、「肥満」につながるばかりか体のリズムも乱します





脳だけに存在するタンパク質
(X11L)
  • 積極性を決める脳内物質
    2009年、脳だけに存在するタンパク質『X11L』が無いと、仲間と競争してエサを取り合ったり、侵入者を撃退する積極性が低下することを、マウス実験で確認した。
    理化学研究所と北海道大学の共同チームの成果で、5/7のジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表。
    X11Lは、神経活動を制御するタンパク質を必要な場所に適切なタイミングで運ぶ役割がある。X11Lを作る遺伝子が無いマウスを作製しテストしたところ、身体能力や食欲には異常がなかったが、エサが少ない環境で通常のマウスと一緒に飼うと、競争に負けて体重が減少した。オスの場合、縄張りに別のオスが侵入してきても、攻撃行動が少なかった。
    脳の前側のX11L量を薬物で減らす実験では、成長し終えたマウスでは積極性が低下しなかった。このことから発達期に重要な役割を果たしている可能性がある。






やる気を生む
・神経回路
  • 2012年、運動を制御する大脳基底核の一部にある「腹側淡蒼球」という部位が、報酬の量を予測し、運動や行動の「やる気」につなげる神経回路の一部であることを、自然科学研究機構生理学研究所の橘吉寿助教らのチームがサルの実験で突き止めた。
  • 腹側痰蒼球の働きはこれまで明らかになっていなかった。






自分で行動を決定すれば
  • 2013年、玉川大学の松元健二教授と英国のレディング大学の村山航講師らは、自分で行動を決定できる環境にあると、脳が前向きにとらえ、やる気を感じる傾向にあることを、MRIなどの装置で明らかにした。










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬