ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    




腰部脊柱管狭窄症



情報TOP







腰部脊柱管狭窄症
50才以上の男性に多い

(1)
間欠性跛行を訴え、下肢に血行障害がない場合に疑う。
  • 歩くと足にシビレを感じて歩くのがつらくなる。
  • しかし一休みすると痛みが止まり、また歩けるようになる


(2)しばらく立っているだけで、太もも〜ふくらはぎ〜すねにかけて、痺れたり痛くなる。


(3)
前屈みになると症状が軽くなる
(前屈みになると脊柱管の間が広がる)
  • 椎間板ヘルニアでは前屈みになるとシビレがきつくなる

(4)
歩くと足が痛むが、自転車をこいでいると平気

(5)
両足の裏側にシビレがある




高齢者の腰痛の原因
2010年、高齢者の腰痛の原因となっている「腰部脊柱管狭窄症」について、推計患者数が全国で240万人程度と見られる殿推計を福島県立医大の紺野慎一教授と大日本住友製薬がまとめた。

症状が出ても「年齢によるもの」と放置されがちで、紺野教授は「せっmざいてきな患者はもっと多いはず。適切な診断・ケアを受けて欲しい」と話す。

脊柱管狭窄症

背骨の変形で脊髄の一部が狭くなり、血管や神経を圧迫して手足のしびれ腰痛が起きる。

腰痛の8割は「原因不明」とされているが、残りの2割は椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症とされる。


世界共通の診断基準は無く、正確な実態は分かっていない。

調査は2010年、2月〜3月、インターネットを通じ、全国の40才以上の男女約22万7千人に同症の診断ツールの質問を配信。回答を得た8万人について分析した。
  • その結果、症状に合致したのは1018人だった。


 タイプ

(神経根型)
  • ・背骨から足に伸びる神経の根元(神経根)が圧迫される
  • ・片側の足にシビレ・痛みが出る。

(馬尾型)
  • ・背骨の中を通る神経の束(馬尾)が圧迫される。
  • ・両足にシビレ・痛みが出る。
  • ・尿もれや排便障害がでることがある。

(混合型)
  • 神経根と馬尾の両方が圧迫される。





治療
保存療法
  • 痛み止めと、血流を良くする「プロタグランジンE1製剤」を使って神経の回復をうながす。


神経ブロック療法
  • 神経に麻酔薬を打つ。



漢方薬
八味丸
  1. 四肢の冷えやシビレを訴える高齢者で、胃腸がしっかりしている人には、第一選択となる可能性がある。腰部脊柱管狭窄症に有効。(EBM)


民間療法
エラスチン






通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査