ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



腰痛の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告




腰痛の漢方薬
1>黄蓍建中湯

2>加工ブシ

3>海馬補腎丸

4>葛根加朮附湯

5>葛根湯
  • 38歳の男性。
    頑強な体格で、数ヶ月前から腰痛を訴え、注射その他の手当を受けたが、なかなか軽快しないという。脈を診ると浮にして力があり、全身の筋肉が緊張している。腰痛は圧によって増減することはないが、屈伸時は突っ張るように痛む。脊椎には異常はない。この腰痛も“項背強ばる”の1症とみなして葛根湯を与えたところ、数日後には疼痛が止まった。《大塚敬節》

6>

7>桂枝加朮附湯
  1. 虚弱体質で冷え症

8>桂枝加竜骨牡蛎湯

9>桂枝茯苓丸
  1. 体質体格中等度以上
  2. 腹診して左下腹部に抵抗と圧痛を認める者
  3. 打撲後の腰痛
  4. 泌尿器及び婦人科疾患による腰痛。
  5. 血に起因する疼痛で、便秘がなく、疼痛に急迫症状がない。したがって堪えがたいような腰痛には用いない。《大塚敬節》
  6. 体力中等度から実証の者の腰痛で、のぼせを伴うような腰痛で、血所見のある者にもちいる(漢方診療医典)

10>桂芍知母湯

11>五積散
  1. <攣急><冷痛>
  2. 顔色が貧血ぎみで、上半身に熱感があって下半身が冷え、下腹部〜腰〜足にかけて冷えて痛む者。
  3. 上半身がほてり、下半身が冷えると訴えるものによい。中年以降の女性に適応が多い。(漢方診療医典)
  4. 冷えのぼせ傾向の者。
  5. 朝の起床時から腰が痛い

12>牛車腎気丸
  1. 胃腸丈夫
  2. 八味地黄丸で無効の者
  3. 腰部脊柱管狭窄症

13>四物湯
  1. 痛みがひどく、腰が伸ばせない者
  2. 「+二陳湯」(食積腰痛)
  3. 臍中虚冷、腹中腰間痛には:「+延胡索・川楝子各3.0g。」

14>芍薬甘草湯
  1. 筋膜性腰痛
  2. 腰背膝脚拘急し、或いは微痛し、或いは歩行し難き等の証《奥田謙蔵》

15>芍薬甘草附子湯

16>十全大補湯
  1. 疲労倦怠が強い
  2. 八味地黄丸で胃腸障害を起こす者。
  3. 皮膚粘膜が乾燥ぎみ
  4. 手足が冷える

17>小建中湯

18>続命島

19>疎経活血湯
  1. 胃腸丈夫
  2. 疲労がかさなって腰痛
  3. 腰部脊柱管狭窄症

20>疎経活血湯サメ軟骨

21>大柴胡湯

22>大防風湯

23>調経補血丸

24>桃核承気湯
  1. <激しい痛み>
  2. 血瀝腰痛:「+附子」
  3. 《張氏医通》に曰く、両腰僂廃(僂=せむし)するは、熱邪深く血脈に入り、久しく之を閉す、故に本方中に多く桂枝を用い、少しく附子(熟)を加え、経を行らず。もし痛む者は治すべし。按んずるに《喩氏》《寓章草》、此方を以て傷寒後の腰痛を治すと、亦同趣旨なり。《傷寒翼方》
  4. かって打撲等を受け、後年腰痛を発し、癒えざる証《奥田謙蔵》

25>当帰建中湯

26>当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 胃腸虚弱
  2. 冷えによって誘発、増悪する
  3. やせ型で顔色悪い
  4. 冷えで下痢、腹痛、頭痛しやすい
  5. 腰部脊柱管狭窄症

27>当帰芍薬散
  1. 貧血気味で足腰が冷え排尿回数が多い者
  2. 体質虚弱で冷え症
  3. 子宮後屈などの婦人科疾患による腰痛。
  4. 妊娠中や産後の腰痛

28>人参湯

29>麦味地黄丸

30>八味地黄丸
  1. 胃腸丈夫
  2. 腰痛症:(活動時よりも、安静時が多く、鈍痛、長引く)
  3. 徹夜や長時間労働、長時間運転で、疲れて起きる腰痛
  4. この方は糖尿病、腎疾患、高血圧症などから来る腰痛や、いわゆる老人性腰痛などによく用いられる。《大塚敬節》
  5. 急性期で疼痛がひどい「+芍薬甘草湯」
  6. 腰神経痛、及びその類証にして、下腹部拘急し、尿利減少する者《奥田謙蔵》
  7. 腎臓虚弱、面色黎黒、足冷足腫、耳鳴耳聾、肢体羸痩、足膝軟弱、小便不利、或いは多く或いは少なく、腰背疼痛するを治す:「+鹿茸五味子」
  8. 無理を重ねて疲れて起こった腰痛には、とくに良く効く。この際下腹部で腹直筋が突っ張っていることが多い。小便は不利することもあり、淋瀝することもあり、出過ぎる場合もあって、一定しない。《大塚敬節》
  9. 老人性亀背にみられる腰痛にも用いられる。この病気は老婦人に特に多く、背が円く曲がって、腹をみると、臍部で上下に腹が折れるようになり、腹直筋が棒のように突っ張っている。《大塚敬節》
  10. 中年以降の腰痛に八味丸がよく用いられる。口渇、口乾があり、舌は苔なく乾燥していて小腹不仁を認める。胃腸虚弱のものには不適(漢方診療医典)
  11. 腰部脊柱管狭窄症

31>風湿舒筋丸

32>防已黄蓍湯

33>防風通聖散

34>補中益気湯
  1. 胃腸虚弱、疲れやすい
  2. 慢性の腰痛
  3. 熱病癒えて後労力によって再発し、頭痛身疼寒熱往来、腰腿しびれ痛み沈困して力無き者:「+黄柏2.0g、活・防風各3.0g」《方読便覧》
  4. 元気虚弱で腰痛・・+黄柏・知母・牛膝・芍薬各2.0g。《龍野ー漢方処方集》

35>麻黄湯

36>まきょうよっかんとう

37>苓姜朮甘湯
  • 36歳の男性。
    主訴は左側の腰から下肢にかけての疼痛で、約2ヶ月前より発病し、いろいろ治療を試みたが効がないばかりか、気候が寒くなるにつれて、だんだん疼痛がひどくなった。患者は色が白くて、痩せていて、冷え症で、手足がひどく冷えるという。小便は近くて、1日に10回以上、1回の量も多い。冷えると回数が増し、温まると減ずる。大便は1日1行で、軟便である。食欲は普通で口渇がある。脈は弱く、腹はやや陥没して軟かい。胃部には振水音を証明する。舌には苔がかく、湿っている。
    私は坐骨神経痛と診断して苓姜朮甘湯を与えた。小便自利と腰以下の冷痛に眼をつけたのである。ただ問題になるのは口渇で、《金匱要略》の条文には“反って渇せず云々”とある。しかし他に適当な処方も見当たらないので、この方を与えたところ、3週間の服薬で疼痛がまったく去り、一旦は服薬を中止していたが、翌年また少し痛むといって来院したので、これを与え、3ヶ月ほど連用して全治した。《大塚敬節》

38>鹿茸大補湯

39>六味丸





針灸のつぼ ○経穴は左右肋骨一番下を結んで背骨と交差する第2腰椎から指幅4本分外側の「志室」、
○第2仙骨孔にある「」、
○太もも後方中央にある「殷門」、
○尻の筋肉の横じわ中央の「承扶」、
○ふくらはぎの中心線上にある「承山」など。

(筋筋膜性腰痛)・・・
  • [脾兪][胃兪][腎兪][志室][大腸兪][]

(急性の腰痛)・・・
  • [腎兪][委中][大腸兪][環跳][膝陽関]

(腎虚で慢性)・・・
  • [大腸兪][環跳][腎兪][太谿][委中][命門]

(寒湿で慢性)・・・
  • [腎兪][委中][環跳][大腸兪][崑崙][風市][飛揚][陽陵泉]]
           



○アカマツ・アマドコロ・イチジク・イノコズチ・ウコギ・オオバコ・オキナグサ・カイコ・カラタチ・キハダ・クチナシ・クロマメ・ケイトウ・ゴシュユ・サイカチ・サラシナショウマ・サルトリイバラ・サンシュユ・サンショウ・シカ・シャクヤク・ショウガ・スイカズラ・スギ・ゼンマイ・ツルドクダミ・トウガラシ・トクサ・ドジョウ・ナルコユリ・ネナシカズラ・ナルコユリ・ネムノキ・ホオノキ・ボタン・マタタビ・マツブサ・ミカン・ミヤマニシキ・メナモミ・モモ・カマドボウ・ヨモギ・ワタ
[グルコサミン][コラーゲン][キャッツクロー][MSM][サメ軟骨][カルシウム][霊芝]



チェック
腰が痛い
脊椎分離症
ギックリ腰
「腰椎椎間板ヘルニア
座骨神経痛
腰部脊柱管狭窄症








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査