抗テンカン薬



抗ケイレン薬
一般名 エトスクシミドethosuximide
商品名 [エピレオプチマル][ザロンチン]
作用機序 抗ケイレン作用
定型欠伸発作の脳波所見を改善する
効能・用途
定型欠伸発作(小発作)
小型発作(ミオクロニー発作)
失立(無動)発作
店頭テンカン
慎重な投与
が必要
肝障害
腎障害
薬物過敏症



併用注意 ・バルプロ酸Na
・フェニトイン
・カルバマゼピン
中毒 ○治療有効濃度範囲:
トラフ値:40〜100µg/ml
○中毒症状
[眠気][嗜眠][悪心][幻覚][妄想]





ザロンチンの副作用(五十音順)
  1. 胃けいれん
  2. 運動失調
  3. SLE様症状・・・・・→中止
    SLE様 紅斑
    発熱
    筋肉痛
    関節炎
    関節痛
    リンパ節腫脹
    胸部の疼痛
    →中止
  4. 嘔吐
  5. 悪心
  6. 過敏症・・・・→中止
    過敏症 猩紅熱様症状
    麻疹様症状
    中毒疹様発疹
    光線過敏症
    →中止
  7. 顆粒球減少・・・→減量
  8. 眩暈
  9. 幻覚
  10. 攻撃性
  11. 好酸球増多・・・→減量
  12. 再生不良性貧血・・・→減量
  13. 焦燥感
  14. 集中力低下
  15. 食欲不振
  16. 羞明・・・→定期的に視力検査
  17. 頭痛
  18. スティーブンスジョーンズ症候群
    皮膚粘膜眼症候群 皮膚粘膜の発疹
    皮膚粘膜の紅斑
    発熱
    壊死性結膜炎
    →中止
  19. 多幸感
  20. 多動
  21. 注意力低下
  22. 眠気
  23. 白血球減少
  24. 汎血球減少・・・→減量
  25. 反射運動能力の低下
  26. 疲労感
  27. 妄想
  28. 夜驚
  29. 抑うつ感





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス