情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





前立腺がん






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)



がん」 

前立腺ガンの病院
 

ダヴィンチ





前立腺ガン
前立腺症(Prostatism)の1つ。
前立腺症には
  • 「前立腺肥大症」
  • 「前立腺癌」
  • 「膀胱頸部硬化症」
  • 「尿道狭窄」
  • 「神経因性膀胱」

前立腺ガンの病態
  • 前立腺腺房(まれに腺管)より発生する腺ガン





排尿時の不快感
  • 会社役員で66歳のTさんは排尿時に不快感を自覚するようになり、泌尿器科を受診した。まず前立腺の触診で硬結(皮下の塊)を指摘された。引き続く超音波検査で、前立腺の軽い腫れと石灰化、さらにガンを疑わせる低エコー領域が認められた。
    Tさんはかなり以前から、深酒の後や寒冷刺激などで排尿時の不快感を繰り返して訴えており、前立腺炎と診断されていた。しかし、今回の触診や超音波検査、そして血液検査でもガンの疑いが強まり、生検の結果、最終的に前立腺ガンとの診断が確定した。
    幸いにもTさんの場合は早期のガンであり、他の臓器への転移もなく、他の合併症もなかったので、外科手術で前立腺を前部摘出した。
    前立腺ガンは進行するまで無症状の場合がほとんどで、前立腺肥大症が排尿異常を呈しやすいのとは対照的である。前立腺ガンが症状として現れる場合には進行した転移巣の症状が主である。例えば、「腰痛」や「背部痛」など骨に転移した症状があり、精密検査で診断される場合が多い。
    しかし、最近ではTさんのように前立腺炎の検査中に偶然発見されたり、前立腺肥大症に併発して発見される例が増加している。また、集団検診や人間ドックで行われる血液検査中の腫瘍マーカーによっても検出されやすいガンとして知られている





肥満、背が高い?
  • 欧米人では肥満や背が高いと前立腺ガンに罹りやすいが、日本人では関連性が認められない・・・・。こんな調査結果を、厚生労働省の研究班がまとめた。
    英医学誌ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサー2006年3/13日号に掲載。
    前立腺ガンは中年以上の男性がかかるガンで、欧米の発症率は日本の10倍。その理由の1つとして挙げられているのが、[肥満]や[背が高い]ことなので、これらの人は血液中のホルモン濃度が高い事がその根拠にされていた。
    研究班は40〜69歳の男性約5万人を10年〜13年追跡。
    前立腺ガンと診断された311人について、BMI値(体格指数)や身長との関係を調べた。




前立腺ガンの検査
  • 前立腺特異抗原(PSA)・・・診断精度は50%。
  • 前立腺特異抗原-α1-アンチキモトリプシン(PSA-ACT)・・・1.1ng/ml以上
  • 遊離型PSA/総PSA(free/total PSA ratio)・・・15〜19%以下
  • PSAD(PSA density)
  • 直腸診
  • US
  • ALP・・・・骨転移で高値
  • 骨シンチグラフィー・・・・骨転移の有無







前立腺ガンの腫瘍マーカー
<1>高齢化とともに増えているガンに前立腺ガンがある。
  • このガンは高齢の男性に多い。特に欧米では非常に多く、60歳以下の人には少ないが、80歳代の男性の4人に1人の割合で見られるとの統計もある。日本国内では少ないとされる。
    初期の症状は、
    などである。これだと中年以降の男性に多い前立腺肥大症との区別が出来ない。そこで腫瘍マーカーが役に立つ

<2>前立腺ガンを診断する腫瘍マーカーとして
    1. 前立腺由来酸性フォスファターゼ(PAP):3ナノg/1ml
    2. 前立腺特異性抗原(PSA)・・・・・・・・・・3ナノg/1ml
    3. γセミノプロティン(γ-Sm)・・・・・・・・・・4ナノg/1ml

  • これらは前立腺ガンを思わせる症状があるとき、補助的診断として用いる






PSA(PA)
(前立腺特異抗原)
  • 前立腺ガンは高齢男性に発病しやすく、高齢化とともに急増している。初期には勢いよく尿が出ない。夜間に排尿の回数が増えるなどといった排尿障害がある程度だが、進行すると骨などに転移して痛みが強まり命に危険を及ぼしかねない。
    泌尿器科医による指診、超音波検査、コンピューター断層撮影装置(CT)検査、前立腺の一部を切り取り調べる生検病組織検査などをもとに診断する。血液に含まれる腫瘍マーカーの検査も診断に有効だ。
    前立腺ガン発見の重要指標がPSA(前立腺特異抗原)。
  • PSA値が4ナノc以上の患者にはMRI(磁気共鳴画像装置)検査を行う。前立腺ガンの疑いがあれば、さらに、直腸から差し入れた針で前立腺の10カ所から細胞を採取(生検)し、ガンの有無を判断する。





PSA検査・・・根拠が不十分?
  • 2011年、米政府の独立機関、予防医学作業部会は前立腺ガンを見つけるためのPSA検査について、健康な人が検査を受けることを推奨しないとするリポートを発表した。
  • PSA検査は、日本でも多くの市町村がガン検診として実施している。
  • PSA検査は受けた人の健康状態を長期間追跡した欧米の5種類の大規模疫学調査を分析。
    1. 検査を受けた人と受けなかった人を比較した場合、死亡率を減らす効果は無いか、あってもごくわずかであることが分かった。
    2. その一方で、検査後に手術などの治療を受けて、死亡したり、尿失禁などの副作用で不利益をこうむる人の数が無視できないほど多いことが判明。





PSAに結合する糖鎖の違いで
  • 2013年、前立腺ガンになると尿道の周囲で作られ分泌される「前立腺特異抗原」(PSA)というタンパク質が増える。だが、がん細胞が無くてもPSA値が血中で高くなる事例もある。
  • 弘前大学の大山力教授らはPSAに結合する糖である「糖鎖」の構造に着目。
  • 健康な人と比べ、前立腺ガン患者のPSAの糖鎖は特殊な結合構造を持っているという。直径約7マイクロbのビーズにPSAと結合する抗体を付けた。この抗体は特殊構造を持つガン由来の糖鎖と反応する。蛍光分析装置でがん細胞の有無を高精度(70〜80%)で分析できるという。






糖鎖が結合したPSA
  • 2015年、コニカミノルタは山下克子・横浜市立大学客員教授と共同で、新しいPSA検査技術を開発した。
  • 従来の手法では、前立腺肥大や前立腺炎でも陽性になる「偽陽性」が少なくなかった。
  • 新しい手法では、ガンになると増える特定の糖鎖が結合したPSAだけを測定する。
  • 従来の手法でガンの陽性と測定された前立腺肥大の31人の血液を再検査すると、22人で偽陽性と正しく判定した。






前立腺ガンの腫瘍マーカーには
  1. 前立腺特異抗原(PSA)
  2. γ-セミノプロテイン(γ-SM)
  3. 前立腺性酸性ホスファターゼ(PAP)
  • などがある。ガンになると値が高くなる。
  • ただし、
    1. 前立腺肥大症
    2. 前立腺炎
    3. 前立腺結石
  • など前立腺ガン以外の病気でも陽性になることがある。
    診断によく使われるPSAやγ-SMは前立腺ガンが進行すると、陽性率が高まり数値も上昇する。そこで、高齢者で排尿障害のある人、前立腺肥大症の人は検査して前立腺ガンの診断に役立てることができる。
    また、治療の効果判定、経過の観察などにも利用できる。





唾液で しらべる
  • 2011年、神奈川歯科大学の槻木恵一教授(唾液腺健康医学)のグループが、PSAは患者の唾液にも含まれガン手術後の再発や転移の有無を調べるのにも有効だと報告。
  • PSA(前立腺特異抗原)はガン以外の前立腺の病気でも数値が上がる。
  • PSAは普通に前立腺から分泌される物質だが、ガンなどの患者では血中濃度が高くなる。
  • 研究グループは、
    • 唾液が血液から作られる血液成分を反映していることに着目。
    • 唾液を分泌する唾液腺ではPSAが作られないことも確認。
  • 前立腺ガンの手術をした患者31人の血液と唾液中のPSAとの関係を調べた。その結果、術後にも再発や転移が見つかった11人は、PSAの血中濃度が2.5ナノc/1ml以上と高かった。さらに、血中濃度が上がるにつれ唾液中の濃度も上がっていた。
  • 経過がよかった20人は血中濃度が低く、PSAは唾液にもほとんど含まれていなかった。
  • 唾液は血液に比べ採取が簡単。




前立腺ガンを早期に発見する手法
  1. 「1997年、米国立衛生研究所(NIH)とジョンズ・ホプキンス大学の研究グループは前立腺ガンを早期に発見する手法を開発した。
    血液中に含まれる物質を解析する。現在は進行したガン組織の一部を切除して直接確認しているが、今回の方法を使えばその10年前に見つけることができる。
    血清に含まれるPSAというタンパク質を調べる。血清中のPSAは別のタンパク質と結合しているものと結合していないものの2種類があり、前立腺ガンになる患者は結合していないPSAの割合が増えてくるという。」
  2. 60歳過ぎたら前立腺ガン検査を
    「1999年、北欧ではすべてのガンの中で死亡数が第1位が、前立腺ガン。アメリカでも1991年以降、死亡率が肺ガンを抜いてトップに立っている。日本でも食生活のパターンが欧米化するにつれて患者が急増。死亡率も20年前の3倍近くまで跳ね上がっている。
    前立腺ガンがやっかいなのは、初期の自覚症状がほとんどないことだ。肥大症は尿道に近い前立腺の内側が腫れるため、比較的早く排尿困難や頻尿などが起こる。ところが前立腺ガンは外側に発生するため、尿道を圧迫するまで時間がかかり、排尿障害に気づいた時にはすでに進行しているケースが多い。
    早期発見のためには、採血して前立腺ガンに特有の腫瘍マーカーを調べるのが簡単だ。その値が高ければ前立腺生検でガンの有無を確かめる。
    ただ前立腺ガンは進行が遅く、小さなガン(潜在ガン)が出来ても、それが病的なガン(臨床ガン)となるまでに長い年月がかかる。」


早期発見には血液検査
  1. 2000年、65歳のKさんは定年になって、年のせいか小便が近くなったような気がした。そこで近所の開業医で血液検査をしたところ、前立腺抗原が高いので、専門医を受診する様に言われ来院した。
    直腸診や超音波検査で前立腺ガンが疑われたので、前立腺の組織を一部採取して調べた結果、前立腺ガンと診断された。病気の進み具合を判断するため、コンピューター断層撮影装置(CT)や放射性同位体を利用して全身の骨の画像などを撮ったところ、ガンは前立腺の外には出ていなかった。男性ホルモンを抑える注射や薬の服用を続け、4ヶ月後に前立腺と精嚢腺を摘出する手術を行った。
    手術後、咳やくしゃみをすると、少量の尿が漏れる症状が続いたが、2週間後にはそれもなくなり、Kさんは元気に退院した。
    欧米では男性の悪性腫瘍の中でも前立腺ガンの発症率、死亡率は高い。日本は欧米に比べて発症率が低いが、近年、その数は増え続けている。以前は前立腺ガンの患者が泌尿器科を受診した時には、ガンがリンパ節や全身の骨に転移して、進行したものが多かった。
    一般に前立腺ガンは男性ホルモンに依存して進行するため、薬で男性ホルモンが体内で作られるのを抑制したり、ホルモンの働きを抑えたりする抗男性ホルモン療法が有効である。しかし、数年後には薬が効かなくなり、ガンが再発する事が大きな問題になっている。
    一方、ガンが限られた場所にあるときには、根治手術や放射線療法が実施される。手術では男性機能障害のほか、咳やくしゃみで尿が漏れるなどの合併症が見られる。放射線療法は下痢や皮膚障害、放射線膀胱炎が起きる可能性がある
  2. 2012年、神奈川科学技術アカデミー(KAST)の安田賢二プロジェクトリーダーらは、血液検査で様々なガンの再発や転移を早期に診断する装置を開発した。血液中にある微量のガン細胞を高速カメラでとらえる。安田教授らは、再発・転移の際にガン細胞が血液中では数十個が塊になって流れる性質に着目した。血液を微細な溝を刻んだ専用のガラス板の上に垂らし、高速カメラで連続撮影する。卓上のコピー機程度の大きさの診断装置を試作した。

検診で
  • 「前立腺ガン患者は増えている。日本は米国に比べ、患者数は1/10程度だが、増加率でははるかにしのぐ。日本の男性のガンの中では、増加率が最も高い。
    急増の理由はいくつかある。まず、高齢者そのものが増えていることだ。前立腺ガンの死亡者の約8割は70代以上。年齢とともに発生が増える高齢者癌の典型だ。
    第2は、食生活の欧米化で、脂肪摂取量が増えたこと。世界各地の調査で、脂肪の摂取の多い食事は前立腺ガンの危険率を上げ、野菜の摂取は危険率を下げるという傾向がみられる。」
    PSAの値が[4]なら約20%の人、[10]になると約半数の人に前立腺ガンが見つかる


定期検診・・・50歳すぎたら
  • 「前立腺ガンは比較的手軽な検診で発見できます。50歳を超えたら、定期的に検診を心がけてください」
    群馬大学医学部の山中英寿教授はこうアドバイスする。
    前立腺ガンは年齢とともに発症の危険が高まる。70歳代の人に多く、癌の芽が出来てから病気がハッキリするまで30〜40年かかると言われるほど進行が遅い。自覚症状がほとんどないのも特徴の1つだ。
    危険因子として明らかなのは年齢である。
    高齢になってホルモンのバランスがくずれることが背景にある。
    人種による差もある。世界20ヶ国の前立腺ガン死亡率(年間・10万人当たり)をみると、最も多いのがノルウェーの21.3人で、次がスウェーデン(19.8人)。
    欧米主要国が16人台であるのに対し、日本は3.6人、韓国が0.5人と少ない。
    概してコーカソイド、ネグロイドは前立腺ガンの危険率が高く、モンゴロイドは低いという。
    しかし、安心してはいけない。少ないと言われている日本でも、近年徐々に増えている。その背景として高齢者の増加が上げられているが、食生活の変化を指摘する専門家は多い。
    特に動物性脂肪の取りすぎは危険因子の1つと疑われている。

簡単に検出
  1. 2003年、N社は産業技術総合研究所と共同で、前立腺ガンと大腸ガンの発生を簡単に検出できるシステムを開発した。微量の尿や便から、2つのガンに共通して発生する遺伝子を検出する。開発したのは2種類。免疫反応を利用するリトマス試験紙のようにガンの発生を判定する一次検診用システムと、陽性例の手術後摘出検体の遺伝子診断に使うシステムだ。
    いずれのシステムも、大腸ガンや前立腺ガンで発生する『ブラディオン』と呼ぶ遺伝子に反応する。炎症や痔などの出血性疾患には反応しない
  2. 2010年、金の微粒子を利用した高感度の前立腺ガン診断キットを、田中貴金属工業が開発した。血液が1〜2滴あれば15分以内に判定可能。前立腺ガンの腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)を高感度で検出できる
11Cコリン
  • スペインのナバラ大学の研究グループはPETによる画像診断に、『11Cコリン』という試薬を使うことで、前立腺ガンの再発を早期に発見できることを確認。
    前立腺ガンの診断マーカーとして一般的な『PSA』の血中濃度が低い患者に、この「11Cコリン」試薬を注射し、PETで観察すると、「FDG」試薬の3倍近い確率で再発を発見できる。

エングレノイド2
  • 2011年、英サリート大学の研究班は「前立腺プロジェクト」(慈善団体)と共同で前立腺ガンを早期に発見できる信頼性の高い検査法を開発した。
  • 前立腺ガンから分泌され尿に排泄される「エングレノイド2」と呼ぶタンパク質は本来ヒトの胎児の成長に必要な物質で出産とともに生成が止まるが、前立腺ガンの発症で再分泌されることを突き止めた。
  • 前立腺炎前立腺肥大症ではこのタンパク質は排出されない
  • 相当数の前立腺ガンを見落とす可能性がある従来のPSA検査の2倍の精度がある。しかも、肛門から針を刺して組織を採取する生検に伴う痛みも回避できる。www.prostate-project.org.uk





前立腺ガンの生検を正確に誘導
  • 2013年、フィリップスエレクトロニクスジャパンはMRIで観察しながら前立腺ガンの組織を採取するシステムを開発。
  • 生検針を刺す角度や深さを解析するワークステーション「ダイナキャド」と、生検針の固定具、生検針で構成する。
  • NRIで撮影した画像をもとに、ガン組織に到達刺せるには生検針をどの角度と深さで刺せば良いかを解析。
  • 前立腺ガンは生検して顕微鏡での検査で確定する。
  • 2014年、東海大学の小路直講師らは、患者の3Dモデルを使ってガンの位置を正確に把握する技術を開発。ガンの大きさや位置が正確に分かる様になった。
  • 今までの診断方法は、事前に画像を撮影しないで生検を始めることが多い。そのため小さなガンを見落とす可能性がある。


遺伝子変異で前立腺摘出
  • 2013年、がんのリスクが高いとされる遺伝子変異が見つかり、前立腺を摘出した英国人男性(53歳)がいた。
  • この男性は「BRCA2」遺伝子に変異が見つかった。
  • 通常の検査では異常が見つからず、担当医師は当初、手術に消極的だったが、遺伝子変異が見つかり手術に踏みきった。手術後、前立腺からかなりのガンが見つかった。





前立腺ガンの標準治療と化学療法
A期 待機療法
B期 手術または放射線療法、内分泌療法(高齢者)
C期 内分泌療法(+化学療法)+手術
または、放射線療法
D期 内分泌療法
  • 化学療法剤
    1. LH-RHアゴニスト製剤、またはリュープロレリン
    2. MAB療法
      • LH-RHアゴニスト製剤+非ステロイド性抗アンドロゲン剤
      • またはフルタミド
    3. ドタキセル
    4. ドタキセル+エストラムスチン
  • 断端陽性・・・手術で取り残した部分から再発。




前立腺ガンの治療法
(1)開腹手術
  1. ヘソの下付近から垂直に12cmぐらい切る。
    2008年7〜12の症例数が90例・・・・熊本中央病院

(2)
腹腔鏡手術
  1. 数aの穴を下腹部に数カ所開けて、細長い手術器具やカメラを入れて手術する。
    手術事例が多い・・・・東京慈恵会医大病院
  2. ダヴィンチ・・・2012年4月から前立腺全摘に対するロボット手術が保険対象になった

(3)
高密津焦点式超音波療法(HIFU)
  1. 体の1点に集中させた、100℃以上の超音波で患部を焼いてしまう方法。
    患者の自己負担・・・・100万円前後
  2. 千葉県がんセンターでは、糖尿病などの合併症が無く、PSA値が1.5以下のごく早期の前立腺ガン患者に実施。
    性機能が温存されやすい。

(4)
強度変調放射線療法(IMRT)
  1. あらかじめ前立腺の形をCT(コンピューター断層撮影装置)などで確認し、放射線を照射する形を決める。5方向から強弱を組み合わせたビームを当てることで、周辺の臓器に与える影響をできるだけ少なくする。1回の治療時間は12分ぐらい。治療期間は通院で約2ヶ月。
  2. 2006年から癌有明病院が導入。
    2008年から保険適用

(5)
小線源療法
  1. 放射線を発する針(直径1mm・長さ5mm)を80本〜100本、前立腺の中に挿入し、内部から治療する方法
  2. 前立腺ガンの治療は、手術で前立腺を摘出するのが主流だったが、2004年に入り3泊4日で退院できる『小線源療法』が導入されている。
    前立腺の摘出は術後に尿疾患が起こりやすく、慎重に手術をすすめても5割前後の確率で性機能障害が起こる。小線源療法なら、こういった心配がない」と癌研究会付属病院の福井巌副院長はQOLの高さを強調する。
    手術は約2時間。下半身を麻酔し、放射線を出す微小カプセル約80個を患部に埋め込む。日本では2003年から認可が下り保険適用になった。癌研のほか東京慈恵会医科大学や岡山大学などでも実施している。
    小線源永久埋込法
    「直径1mm、長さ4.5mmのチタン製のカプセルを前立腺の周りに70〜80本埋め込む。カプセルの中のヨウ素125が少しずつガンに放射線を放射する方法」米国では10年前から年間5万人に。手術と同程度の効果

(6)
ホルモン療法
  1. 前立腺ガンの大半は栄養源の男性ホルモンが無くなると死滅する。
    • 放射線療法を併用することが多い。
    • 脳の下垂体に作用し、男性ホルモンの分泌を抑える薬を1ヶ月(もしくは3ヶ月)に1回注射する。
      治療が数年に及ぶことがある。治療開始5年で7割以上で薬が効きにくくなる。
    • 性機能が低下する。
    • ほてりや皮下脂肪が増加するなどの副作用がある
  2. 2011年、進行した前立腺ガンでホルモン療法が効かなくなる原因を東京大学の加藤茂明教授らが明らかにした。成果は米科学アカデミー紀要に発表。初期の前立腺ガンはホルモン療法がよく効くが、治療を続けるうちに約8割は細胞に変異が起きて効果がなくなる。研究チームは遺伝子操作したマウスを使い、仕組みを詳しく調べた
    • 細胞に変異があるマウスと比べ、約1.5倍の速さで前立腺ガンが大きくなった。変異があるマウスでは発生にかかわる「Wnt-5a」と呼ぶ遺伝子が過剰に働き、多くのタンパク質を作っていた。
    • ホルモン療法が効かない人の前立腺ガンでも同じタンパク質が過剰にあることが分かった

(7)
無治療
  1. 早期発見の高齢者の場合。
    早期ガンで悪性度が低い場合は経過観察する





ジェブタナ・・・・5人死亡
  • 2014年9/4〜12/3の3ヶ月にジェブタナを投与された200人のうち5人が死亡。
  • 40人に・・・好中球減少




ウイルスでマウスを治療することに成功
  • 2009年、大阪大学の金田安史教授らは、ガン細胞だけに作用するように特殊加工したウイルスを使い、前立腺ガンに罹ったマウスを治療することに成功した。
    細胞同士を癒合させる作用がある「センダイウイルス」を利用した。
    センダイウイルスはマウスには肺炎を起こすが人への病原性は無いことで知られる。
    このウイルスに紫外線を照射して遺伝子を破壊し、融合作用だけを持つ殻だけのウイルスに加工した。
    悪性度の高い重症の前立腺ガンのモデルマウスにウイルスを投与すると、約1ヶ月でガン細胞が消失した。ガン細胞同士が融合し増殖できなくなったことと、細胞内に入り込んだウイルスのRNA(リボ核酸)断片が細胞死を促したという。
    進行した前立腺ガンではホルモンを投与して治療するのが一般的。
    開発したウイルスは、ホルモンが効かないガン細胞の表面にある糖脂質にくっつくため、正常な細胞やホルモンが効く細胞にはほとんど影響を与えない。
    ガン細胞には免疫の活性化を抑え込んで増殖しようとする力がある。これに対し、ウイルスの殻とRNA断片には免疫細胞をガン組織に呼び寄せ、ガン細胞への攻撃力を高める作用もある。

診療指針・・・・NCCNガイドライン
  • 2010年、先端医療振興財団の臨床研究情報センターは、10月、アメリカの著明ながん診療ガイドラインで世界で利用されている「NCCNガイドライン」の泌尿器がん関連をすべて日本語に翻訳してホームページに公開した
    対象は「腎臓ガン」「前立腺ガン」「精巣ガン」






酸化鉄と抗ガン剤の併用
  • 2012年、横浜国立大学の渡辺昌俊教授らは、X線撮影で造影剤として使われるマグネタイトという酸化鉄化合物の微粒子を、ドセタキセル(抗ガン剤)と一緒に前立腺ガンの細胞に投与し、24時間後の細胞の生存率を比べた。
    その結果、抗ガン剤だけを投与したガン細胞は83%が生存していたが、微量の酸化鉄を加えた場合は生存率が64%に低下した。
    酸化鉄を細胞に与えると、細胞毒となる活性酸素を多く作る性質がある。
    前立腺ガンの場合、1gあたり100mgの酸化鉄で、活性酸素の産出量が最大で約3倍に増える。






『PEITC』という化合物に前立腺ガンの増殖を抑える作用
  • 2006年、米ニュージャージー州立大学の研究グループは、カレー粉に含まれるターメリックと、カリフラワーなどの野菜に含まれる『PEITC』という化合物に前立腺ガンの増殖を抑える作用があることをマウスへの注射実験で確認した

放線菌の培養液から
  • 2016年、新化合物「アンタルライド」を発見。
  • 慶應義塾大学の井本正哉教授と富山県立大学の五十嵐康弘教授ら。
  • 前立腺がんは男性ホルモンと結合すると受容体が症状を悪化させる。
  • 2013年に発売された「エンザルタミド」(商品名:イクスタンジ)を含む、3種類の抗男子ホルモン薬に薬剤耐性が見つかっている。





リバビリン
C型肝炎の治療薬と併用
  • 2013年、慶應義塾大学の永松剛助教と須田年生教授らは、産業技術総合研究所と共同で、抗がん剤が効かない前立腺がんにC型肝炎の治療薬を合わせて投与すれば、抗がん剤が効くようになることを見つけた。
  • 研究チームは、抗がん剤が効かない前立腺がん細胞と関係がある「OCT4」と呼ぶ遺伝心に着目。OCT4の働きが強い悪性度の高いがん細胞と通常のがん細胞を比べた。
  • 米ハーバード大学などが作ったデータベースを使い、既存薬の中で悪性度の高い前立腺がんに効果がある物質を9つ見つけた。
  • そのうちC型肝炎の治療に使われる「リバビリン」の効果が高かった。

C型肝炎治療薬で
  • 2015年、慶應義塾大学の小坂威雄講師らは、抗がん剤への耐性ができた前立腺がん患者にC型肝炎治療薬(一般名:リバビリン)を使うと、再び抗ガン剤が効くようになると報告。
  • ドセタキセルという抗ガン剤が効かなくなった患者5人にリバビリンを投与したうえでドセタキセルの治療を続けた。2人で腫瘍マーカー値が低下した。





牛乳やヨーグルトなどをたくさん食べる男性は
前立腺ガンにかかりやすい
  • 2008年4月、牛乳やヨーグルトなどをたくさん食べる男性は、前立腺ガンにかかりやすいことが厚生労働省研究班の大規模疫学調査で判明した。
    全国の45〜74歳の男性43000人を約7年半追跡調査した。
    4グループに分けて前立腺ガンになる危険性を調べた。
    乳製品を最もたくさん摂取グループは、ほとんど摂取しないグループに比べて1.63倍危険性が高かった。







トマトに前立腺ガンの予防効果がある
  • トマト たっぷりのピザやスパゲッティに前立腺ガンの予防効果がある、と言う研究結果を米ハーバード大の研究者がまとめた。
    40〜75歳の男性47000人を6年間追跡。
    前立腺ガンになった812人と、ガンが見られなかった人について、46種類の野菜・果物の好みを調べた。
    前立腺ガンの予防に効果があったのはトマト を使った料理とイチゴ
    特に、トマト料理を週に10回以上摂ると45%、4〜7回では20%、ガンになる危険性が減っていた。生でも・ソース・ジュースでも良く、イタリア・ギリシャなどトマト料理を好む国で前立腺ガンが少ないという報告と合っているという。
  • リコピンという赤色色素が酸化物が出来るのを防いでいるらしい。





欧米食・・・前立腺がんで死亡リスクUP
  • 2015年、米ハーバード大学などのチームは、前立腺がんと診断された後、赤身肉や高脂肪の乳製品が多い欧米風の食事をたくさん摂ると、魚や野菜・果物中心の食事が多い場合に比べ、死亡リスクが高くなると発表。
  • 前立腺がんと診断された医師926人を平均14年間追跡。




前立腺がん病院ランキング
所在地 病院名 手術
あり
手術
無し
評価
北海道 函館五稜郭 35 284 74
岩手 岩手県立中央 74 327 73
岩手医大 323
宮城 大崎市民 27 325
山形 山形県立中央 104 320 73
茨城 日立総合 32 344 73
栃木 済生会宇都宮 54 319 76
栃木県立がんセンター 99 313 73
群馬 伊勢崎市民 60 334
日高 80 334 68
群馬大学 78 285 73
埼玉 埼玉医大国際医療センター 92 450 76
国立病院機構埼玉 68 302
千葉 千葉県がんセンター 193 495 71
国保旭中央 96 491 74
船橋市立医療センター 69 349 72
東京 東京医大 572
東京医療センター 12 474 76
NTT東日本関東 91 470 78
杏林大学 21 439 78
日本医大 70 407
慶応大 116 400
昭和大 18 364 76
がん研有明 161 357 73
帝京大 55 326 75
東京医科歯科大学 61 320
東京慈恵会医大 114 299 76
神奈川 横浜労災 79 407 75
北里大 162 359 72
横須賀共済 91 348 76
横浜市立大 21 340 73
横浜南共済 48 305 77
新潟 新潟県立がんセンター新潟 47 449 70
山梨 山梨大 32 283 74
愛知 名古屋第二赤十字 57 453 75
小牧市民 92 404 78
藤田保健衛生大 391 73
名古屋大 56 326 74
安城更正 64 323 74
海南 42 294 72
刈谷豊田総合 62 286 79
大阪 大阪負債性会吹田 35 356 74
市立豊中 73 323 73
関西医大枚方 116 321
兵庫 関西労災 46 331
和歌山 和歌山県立医大 57 408 78
鳥取 鳥取大 284 74
広島 広島総合 59 337
広島市立安佐市民 49 322 72
愛媛 四国がんセンター 96 389 75
福岡 原三信 71 517 72
熊本 熊本中央 180 445
2014年  日本経済新聞より





チェック
がん」「ダヴィンチ」「腰痛





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬