なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
前立腺肥大
(BPH)

チェック
ED(勃起障害)」「前立腺炎」前立腺ガン」「頻尿」「おしっこが近い」「結核」「亜鉛」「カボチャ」「ノコギリヤシ


前立腺肥大
(BPH)benign prostatic hypertrophy
  1. 前立腺は、膀胱の出口付近に、尿道を取り巻くように存在している。男性にだけある臓器で大きさはクリの実程度。2層構造になっており、内側部分を内腺、外側部分を外腺と呼ぶ。
  2. 前立腺肥大症は内腺に、前立腺ガンは外腺に発症する。
  3. 前立腺の役割は、精液を分泌することだ。精液は精子を包み込んで外敵から守り、子宮へ送り届ける。また精子に栄養やエネルギーを与え、動きを活発にする働きもある。
  4. 前立腺は年を取るにつれて、誰でも大きくなってくる。クリの実程度だったのが鶏卵ぐらいになり、中にはリンゴ大になる人もいる。このため尿道が圧迫されて、排尿困難や頻尿などの症状を引き起こすようになる。これが前立腺肥大症だ。50歳代から増え始めて、60歳代の40%、70歳代の80%には、大なり小なり前立腺肥大があると言われる。
    こうした数字から類推すると、現在、全国に約300万人の患者がいる計算になる。もっとも前立腺の肥大は加齢現象の1つで、いくら肥大しても症状が無ければ治療の対象とはならない。実際に治療を受けている患者は、全体の10〜20%程度である。
  5. 直腸からの触診、エコー検査、血液検査などで前立腺肥大症と診断される


肥大ひどい時は一部切除
  • 「74歳の男性。数年前から前立腺肥大症があり、1年前に急性前立腺炎になりました。抗菌薬でおさまりましたが、その後、灼熱感が出るようになり、半年後に前立腺肥大のレーザー治療を受けました。今も症状があり、長時間座るのが難しい状態です。
    ▽どんな病気ですか?
    前立腺はクリの実のような形と大きさで、精子に栄養を与える体液を分泌します。男性の膀胱の出口のところに、尿道を包み込むようにくっついています。年を取ると大きくなり、尿道を圧迫する場合があります。その刺激で、最初はトイレが近くなったり下腹部に不快感を覚えたりします。症状が進むと尿のキレが悪くなり、力まないと出し切ることが出来ません。さらに肥大すると尿道がふさがって尿が出なくなります。
    ▽なぜ起こるのですか?
    前立腺は男性ホルモンと強い関係がある器官です。年を取るにつれ、男性ホルモンや女性ホルモンなどの作用で肥大が起こると言われています。ある程度大きくなって止まる場合や、大きくなり続ける場合があります。症状が現れるのは、50代〜60代です。
    ▽前立腺が炎症を起こすこともあるのですか?
    前立腺肥大症になると、出にくくなった尿が膀胱や尿道に残るため、前立腺が病原体に感染しやすくなり、急性前立腺炎を起こすことがあります。
    ▽手術は可能ですか?
    肥大の程度が小さいときは薬で症状を和らげます。腫れを引かせる薬、尿道を締める役割をしている筋肉をゆるめる薬や、抗男性ホルモン剤などが使われます。薬で肥大そのものが治る訳ではないので、手術は前立腺の内部をくりぬいて尿の通りを良くします。大きければ下腹部を切開して手術しますが、小さければ尿道から内視鏡と電気メスを入れて内側から削る作業だけですみます。いずれも、前立腺の外側を走る神経は傷つけないので、性機能は保たれます。
    ▽レーザー治療はどうですか?
    レーザーで内側の組織を部分的に焼く方法です。焼かれた部分はかさぶたになってはがれ、尿とともに出てきます。切除手術に比べ入院期間が短く体の負担は軽いのですが、症状の改善に時間がかかります。前立腺内側の粘膜の再生に時間がかかり、感染の原因になることがあります。
    ▽手術後に注意することは?
    前立腺に負担がかからないように、術後1〜2ヶ月は、重いものを持って力まない、自転車やバイクに乗らない。長時間座った姿勢をとらないことなどを心がけることが必要です。」(宇佐美道之・大阪府立成人病センター泌尿器科部長)2000/5.14《朝日新聞》




前立腺肥大症の症状は3期に分けられる(病期)
1期 <1>尿の出が悪くなったり、尿線が細くなったりして、少しおかしいと気づく時期。
<2>トイレに行く回数が増え、夜間の頻尿にも悩まされるようになる。
<3>ただ、排尿はまだ正常に近い状態なので、残尿感はない
2期 <1>排尿の困難度が増して、腹部に力を入れないとうまく尿を出せない。
<2>残尿も増え、排尿してもスッキリしない。
<3>風邪や花粉症で抗ヒスタミン剤を飲んだりすると、狭くなっていた尿道が薬の影響で完全に閉鎖して、急性尿閉が起こることもある
3期 <1>肥大による尿道の圧迫が進み、排尿量が極端に減る。普通、膀胱内に300ccほど尿が溜まると排尿するが、それ以上になっても尿が出ない。
<2>こうなると、満杯状態になった膀胱から無意識に尿が漏れる尿失禁をきたしやすい。
<3>膀胱内圧が上昇して、水腎、水尿管の状態を招き、腎不全に発展する恐れもある
前立腺肥大症では、こうした病期を正確に診断し、それに応じた治療法を選択することが欠かせない。そのための診断法として広く用いられいるのが国際前立腺症状スコア(I-PSS)である


西洋薬
塩酸タムスロシン
(排尿障害)
(アムスロシン塩酸塩)
ハルナール
アリルエストレノール 「アランダール」「エルモラン」「パーセリン
オキセンドリン 「プロステチン」
ゲストノロンカプロン酸エステル 「テボスタット」
ナフトピジル 「アビショットA」「フリパス」
シロドシン 「ユリーフ」
エビプロスタット
(前立腺肥大症)
「エピカルス」「エピプロスタット」「エルサメット」「エルサメットS」「コスモベック」「スクタパン」「トリピシッド」「ナーセット」「ハルーリン」
塩酸プロピベリン
(頻尿・尿失禁)
バップフォー
酢酸クロルマジノン
(黄体ホルモン)
(クロルマジノン酢酸エステル)
「アプタコール」「ヴェロニカ」「エフミン」「キシリノン」「クロキナン」「クロキナンL」「ゲシン」「「ゲシンL」「サエテラス」「サキオジール」「酢酸クロルマジノン」「ジルスタンL」「パパコール」「ブラクサン」「プレストロン」「プレストロンL」「プレニバール」「プロコサイド」「プロスタール」「プロスタールL」「プロスタット」「プロターゲンDS」「メドンサン」「ルメラール」「レコルク」「ロンステロン」
塩酸フラボキサート
(頻尿)
「アポラキート」「ウロステート」「ウロタイロン」「ウロロダン」「サワダロン」「ジステリング」「ナデスミン」「パトリシン」「ハルニン」「ハルパール」「ヒスデカン」「ブラダロン」「フラボサート」「フラボネート」「フラボロン」「ブリメラール」「フレキシン」「プログッド」「ボラボラン」「メナンタール」「ユリナロン」「ラトボレール」「ルアダン」「ロラーム」
塩酸オキシブチニン
(排尿障害)
「イノベース」「ウルゲント」「エスオーミン」「カパーソン」「コッポラス」「コバポラス」「デライブ」「ネルオス」「ハートン」「ハラレース」「パルナキソール」「ハルブラッセ」「ファンデヒーデ」「ブロセル」「ポスチニン」「ポラキス」「ポラチール」「ポラプチン」「ポランタ」「ユリキサート」「レテクリン」「ロフレオン」
セルニチンポーレンエキス
(前立腺疾患)
「アピポーレ」「セルニルトン
2009年「アボルブカプセル」が承認された。前立腺肥大症は男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が過剰に分泌されて起こる。アボルブカプセルは男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える酵素に結合して、DHTへの変換を妨げる。



前立腺構成細胞のうち、上皮及び間質細胞の過形成により生じる排尿障害。ただし、前立腺腺腫の腫大による尿路の閉塞が存在せずに、頻尿や肺葉困難をきたすことがあり、現在では広く下部尿路症(LUTS)と呼ばれる

国際前立腺症状スコア(I-PSS)
尿流量測定
直腸診
超音波
逆行性尿道造影
経静脈性腎盂造影
残尿測定
前立腺特異抗原(PSA)
PSAD・・・・・・・・・0.05以下
前立腺を直腸内から超音波で調べる
・・・経直腸エコー検査「TRUSトーラス」

肥大は加齢現象の1つ
加齢と共に、なぜ前立腺が肥大するのかは、よく分かっていない。ただ、ホルモンが関係していることは、間違いなさそうだ。女性は経閉後、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、更年期障害や骨粗鬆症などが起こりやすくなる。男性も50歳を過ぎる頃から男性ホルモン(テストステロン)が低下。女性ホルモンとのバランスが微妙に変わることが、肥大の誘因になると見られている。
食生活が欧米化して、動物性タンパク質や脂肪を多く摂取するようになったことも、前立腺肥大症が増えた原因の1つだ。事実、アメリカの患者数は日本の10倍以上にものぼる。また、非常に若いときから性交渉を開始し、高齢になっても旺盛な性活動を持続している人が、前立腺肥大症になりやすいというデータもある。
和食より洋食を好み、性生活が活発・・・・。前立腺肥大症にはこんな男性がかかりやすい。→ED(勃起障害)
●客観的検査で病期確定
「一方、排尿状態を客観的に観察する方法として尿流量測定がある。尿の出方を連続的に測定し、そのパターンから異常があるかどうかを調べるものである。
健康な人なら、1秒間に20〜25ccの尿が一気に出て、30秒ぐらいで終わる。
ところが、前立腺肥大があると出るまでに時間がかかり、量も1秒間に5ccと少なく、同じ量が出るのに2〜3分かかる。そうした違いがコンピューターによってグラフ(尿量曲線)として表示される。この検査で排尿異常に初めて気づく人も多い。
又、最もオーソドックスな検査法として直腸診がある。患者の肛門から指を挿入し、前立腺を触診する方法だ。医師の経験に頼る部分もあり、それほど正確とは言えないが、直接触ることで、肥大の様子や形、硬さなどが分かる。前立腺の硬さやシコリから肥大と前立腺ガンとの鑑別も出来る。
前立腺の大きさや重量を知るには、超音波検査が広く用いられている。膀胱に尿を溜た状態で、下腹部に超音波を当て、前立腺を見るもので、画像から前立腺の大きさや重さが割り出せる。
超音波を発疹するプローブを腹部に当てるだけなので、患者は痛くもかゆくもない。さらに詳しく調べるため、直腸にプローブを挿入する方法もある。
こうした客観的な検査と前述した自覚症状スコアによって、前立腺肥大症と診断され、病期が確定すれば、直ちにそれに応じた治療を開始する。
前立腺肥大症の治療方法は、薬物療法などの保存的療法と手術療法に大別される。軽症(1〜2期)のうちは薬物療法が行われ、症状が重く(2〜3期)なると内視鏡手術などで肥大した前立腺を削り取るというのが期トン的な流れだ。いずれも排尿困難などの自覚症状を改善し、QOL(生活の質)を高めるために行われる

排尿状態を客観的に観察する方法として尿流量測定がある。尿の出方を連続的に測定し、そのパターンから異常があるかどうかを調べるものである。
健康な人なら、1秒間に20〜25ccの尿が一気に出て、30秒ぐらいで終わる。
ところが、前立腺肥大があると出るまでに時間がかかり、量も1秒間に5ccと少なく、同じ量が出るのに2〜3分かかる。そうした違いがコンピューターによってグラフ(尿量曲線)として表示される。この検査で排尿異常に初めて気づく人も多い。
又、最もオーソドックスな検査法として直腸診がある。患者の肛門から指を挿入し、前立腺を触診する方法だ。医師の経験に頼る部分もあり、それほど正確とは言えないが、直接触ることで、肥大の様子や形、硬さなどが分かる。前立腺の硬さやシコリから肥大と前立腺ガンとの鑑別も出来る。
前立腺の大きさや重量を知るには、超音波検査が広く用いられている。膀胱に尿を溜た状態で、下腹部に超音波を当て、前立腺を見るもので、画像から前立腺の大きさや重さが割り出せる。
超音波を発疹するプローブを腹部に当てるだけなので、患者は痛くもかゆくもない。さらに詳しく調べるため、直腸にプローブを挿入する方法もある。
こうした客観的な検査と前述した自覚症状スコアによって、前立腺肥大症と診断され、病期が確定すれば、直ちにそれに応じた治療を開始する。
前立腺肥大症の治療方法は、薬物療法などの保存的療法と手術療法に大別される。軽症(1〜2期)のうちは薬物療法が行われ、症状が重く(2〜3期)なると内視鏡手術などで肥大した前立腺を削り取るというのが期トン的な流れだ。いずれも排尿困難などの自覚症状を改善し、QOL(生活の質)を高めるために行われる


薬や切除治療法多彩
治療法としてはまず、薬剤療法が挙げられる。具体的には、膀胱の出口に存在する受容体をブロックすることで排尿抵抗をとり、スムーズな排尿を可能にするためのα1-ブロッカーや、前立腺細胞の受容体と拮抗して前立腺重量を減少させることで、尿道の前立腺による圧迫を軽減する抗アンドロゲン剤などを使う。ただ、服用を中断すると自覚症状が悪化することがある。また、抗アンドロゲン剤の場合には副作用として性能力の低下が見られることがある。
薬物療法には
<1>ホルモン療法:抗男性ホルモンを用いる。
「ホルモン療法は男性ホルモンの働きを抑える抗アンドロゲン剤を投与して、肥大した前立腺を小さくしようとするもの。」
「数ヶ月投与しないと効果が出ない、止めるとすぐ元に戻る」
「性機能障害や女性化乳房などの副作用がある」
<2>非ホルモン療法:α1遮断薬などを用いる。
「α1遮断薬は前立腺肥大の治療薬として最も普及している」
「尿道の緊張を解いて排尿障害を軽減する」
「即効性があり、1日1回飲むだけでその日の尿の出が良くなる」
<3>そのほかに、八味地黄丸などの生薬も、ある程度の臨床効果が認められている。
薬物療法以外の保存療法としては、前立腺を加熱し、肥大組織を小さくする温熱療法が試みられており、保健の適用にもなっている
患者への負担の少ない外科的治療としては、特殊なバルーンで尿道を一定時間拡張させるバルーン拡張術、特殊な器具を尿道に留置することで、排尿をスムーズにさせる
尿走ステント留置術や、前立腺を尿道を通したバルーンを介して43℃以上に暖めて、前立腺を熱変性させる高温度治療などがある
経尿道的前立腺切除術は現在でも最も一般的な外科的治療法であるが、出血、逆行性射精など合併症が見られるため、Cさんのように心疾患を有する方に適切な手術でないかもしれない。最近では、特殊な切除用の刄を用いて出血を少なく抑える蒸散法や、レーザーを使用する経尿道的レーザー前立腺切除術が導入されるようになった。




尿道カテーテルと同じような形をした治療用カテーテルを尿道に挿入する。カテーテルの前立腺に位置するところからマイクロ波などの電磁波を発振する。前立腺内部を熱して前立腺組織や尿道の神経組織を破壊する。これによって、尿道を広げたり、尿道の抵抗を弱めたりして排尿状態を改善する。
この治療の最大の利点は、治療用カテーテルが挿入可能であれば基本的に誰でも治療が受けられること。心疾患や重度の糖尿病であっても可能なほか、何らかの原因で出血する傾向があり手術が受けられない患者にも実施出来ること

●薬物療法
<1>ホルモン療法:抗男性ホルモンを用いる。
「ホルモン療法は男性ホルモンの働きを抑える抗アンドロゲン剤を投与して、肥大した前立腺を小さくしようとするもの。」
「数ヶ月投与しないと効果が出ない、止めるとすぐ元に戻る」
「性機能障害や女性化乳房などの副作用がある」
<2>非ホルモン療法:α1遮断薬などを用いる。
「α1遮断薬は前立腺肥大の治療薬として最も普及している」
「尿道の緊張を解いて排尿障害を軽減する」
「即効性があり、1日1回飲むだけでその日の尿の出が良くなる」
<3>そのほかに、八味地黄丸などの生薬も、ある程度の臨床効果が認められている。
薬物療法以外の保存療法としては、前立腺を加熱し、肥大組織を小さくする温熱療法が試みられており、保健の適用にもなっている。
●新しい手術法
薬物療法が効果不十分だったり、前立腺症状スコアが高く、日常生活に支障が出るような場合には、手術療法が選択される。中でも広く行われているのは経尿道的前立腺切除術(TURP)と呼ばれる方法だ。尿道の先端から内視鏡を挿入し、先端に付いている電気カンナで肥大した前立腺組織を削り取り、尿道を広げる。
TURPは根本的な治療法で症状は改善する。ただ手術手技が難しいため、訓練を積んだエキスパートのいる施設で行うのが望ましい。TURPで前立腺を削ると性機能障害が起こると心配する人がいるが、それは誤解。ただ手術後、精液が膀胱の方へ逆流する逆行性射精という後遺症が残ることがある。
新しい手術法としてレーザーを用いた方法も普及し始めている。TURPで用いる電気カンナの代わりにレーザー光を用いるもので、肥大した組織を高熱で焼き切る。治療は30分程度で終わり、安全性が高く、入院期間も短くて済む。保健も適用されており、今後、手術療法の柱になっていくと思われる。
(松島正浩・東邦大学医学部付属大橋病院院長)


「腹腔鏡下前立腺摘除術」で高度先進医療の認定を受けている病院
北里大学病院
名古屋大学医学部附属病院
岡山大学医学部・歯学部附属病院
慶應義塾大学病院
関西医科大学附属病院
神戸大学医学部附属病院
京都大学医学部附属病院
北海道大学病院
徳島大学病院
滋賀医科大学医学部附属病院
名古屋市立大学病院
秋田大学医学部附属病院
日本医科大学附属病院
杏林大学医学部附属病院
東海大学医学部附属病院
浜松医科大学医学部附属病院
千葉大学医学部附属病院


【芳香療法】 ◎膀胱の上に以下の精油で温湿布する。
カミルレ
ジュパニー
【色彩療法】 <1>レモン色
<2>オレンジ色
<3>藍色
針灸のつぼ [三陰交][気海][関元][曲骨]
[カボチャ][ノコギリヤシ]


前立腺肥大の漢方薬
漢方薬
  1. 桂枝加竜骨牡蛎湯
  2. 桂枝茯苓丸
  3. 牛車腎気丸
  4. 小建中湯
  5. 大黄牡丹皮湯
  6. 桃核承気湯
  7. 当帰芍薬散
  8. 八味地黄丸
  9. 八味地黄丸ノコギリヤシ
  10. 八味地黄丸カボチャ
  11. 八味地黄丸+大黄牡丹皮湯
  12. 八味地黄丸+桂枝茯苓丸
  13. 八味地黄丸+当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  14. 八味地黄丸+猪苓湯
  15. 補中益気湯
  16. 苓姜朮甘湯
  17. 六味丸
健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴



WI-PSS(国際前立腺症状スコア)
自覚症状 まった
くなし
5回に
1回未満
2回に
1回未満
2回に
1回
2回に
1回以上
ほとんど
常に
@最近1ヶ月間、排尿後にまだ尿が残っている感じがありましたか? 0点 1点 2点 3点 4点 5点
A最近1ヶ月間。排尿後2時間以内にもう一度行かなければならないことがありましたか? 0
B最近1ヶ月間。排尿途中に尿が途切れることがありましたか? 0
C最近1ヶ月間。排尿をガマンするのがつらいことがありましたか? 0
D最近1ヶ月間。尿の勢いが弱いことがありましたか? 0
E最近1ヶ月間。排尿開始時にいきむ必要がありましたか? 0
F最近1ヶ月間。床についてから朝起きるまで普通何回排尿に起きましたか? (0回)
(1回)
(2回)
(3回)
(4回)
(5回)
「最近1ヶ月間の排尿状態に該当する各自覚症状の点数を合計して重症度を診断します」
症状の程度:
0〜7点・・・・・・・・・軽い (1期)
8〜19点・・・・・・・・中程度(2期)
20〜35点・・・・・・・重い (3期)





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査