ぜんそく
の漢方薬



  ブログ 3000処方 病院のくすり 病院ランキング



気管支炎・ぜんそく
①激しい咳嗽。
②発作時には頭部に汗をかく。
③喘鳴口渇を伴う


まきょうかんせきとう
麻杏甘石湯
①喘鳴を伴う
②喀痰が多い咳嗽


しょうせいりゅうとう
小青竜湯
①喘鳴を伴う
②喀痰が多い咳嗽
③虚弱体質


りょうかんきょうみしんげとう
苓甘姜味辛夏仁湯
①切れにくいタン(少量・軟調)。
②気管支拡張症
③肺炎。
④こみ上げる咳嗽。


ばくもんどうとう
麦門冬湯
①胸痛・背痛を伴う粘稠な喀痰 さいかんとう
柴陥湯
①精神不安がある。
②のどに異物感


はんげこうぼくとう
半夏厚朴湯
①慢性に経過する。
②呼吸困難
③咳嗽発作


しんぴとう
神秘湯
①体力虚弱。
②足冷え
のぼせ
④息苦しい。
⑤慢性気管支炎
⑥気管支ぜんそく
そしこうきとう
蘇子降気湯
①発作時で無く、平素より併用 しょうさいことう
小柴胡湯
①発作時で無く、平素より併用
②体力あり、
便秘する
だいさいことう
大柴胡湯


喘息の漢方薬
  温清飲

越婢加朮湯
  1. およそ浮腫の状況や脈状は分消湯のようで、喘咳が甚だしく呼吸が促迫する者に良い《導水瑣言》

葛根湯

葛根黄芩黄連湯

芎帰調血飲

桂枝茯苓丸

香蘇散
  1. 紫蘇を多量に用いれば即効あり。《勿誤薬室方函口訣》

柴陥湯
  1. 胸痛や背痛、あるいは胸水があって、胸元や胃部がつかえ、尿量減少する者。あるいは咳嗽して粘稠なタンが出る者

柴胡桂枝乾姜湯
  1. 此方は微結が目的にて、津液胸脇に結聚して五内に滋さず、乾咳出ずる者に宜し。《勿誤薬室方函口訣》
  2. 此方は小青竜湯などの心下水飲に因って痰咳頻りに出る者に非らず。ただ表症より来たって身体疼痛無く、熱ありといえども脈浮ならず、或いは頭汗、盗汗出で、乾咳する者に用いる。

柴胡桂枝湯


柴朴湯

三黄瀉心湯
  1. 欬逆して、大便軟利する者を治す《医林集要》
  2. 喘息は至って強く来る者によし。《梧竹楼方函口訣》

滋陰降火湯

四逆散

四君子湯

芍薬甘草湯

小建中湯
  1. 気管支喘息に有効なことがある

小柴胡湯
  1. 緩解期に飲むことで体質改善する:「半夏厚朴湯」or「麦門冬湯」
  2. 灸火を被り、発熱、喘息する者:「黒豆、牡蛎」《先哲医話》

小青竜湯
  1. 色のうすい水様のタン・鼻汁、クシャミ、喘鳴、咳嗽、流涙のある者

小青竜湯麻杏甘石湯
  1. 激しいせきに

神秘湯
  1. やや慢性に経過し、咳嗽発作とともに、呼吸困難を訴える者

大柴胡湯半夏厚朴湯

大承気湯

通導散

桃核承気湯

当帰建中湯

当帰芍薬散

人参湯


麦味地黄丸

麦門冬湯
  1. こみ上げてくるような咳で、顔が真っ赤になる咳。タンは少量でねばく出しにくい。時にはタンに血が混じることもある者。あるいはのぼせて咽喉が渇き、咽喉に異物感があるもの

八味地黄丸
  1. 三陰、寒を受け、湿脚上に著き、枯痩色淡なり。小腹不仁、腹急疼痛し、上気喘急す:「沈香」《張氏医通》
  2. 少年哮喘、その性、善く怒り、病、寒天に発す:「生鉄落」

半夏厚朴湯
  1. 精神不安があり、咽喉から胸元にかけて閉塞感があり、胃部に停滞感や膨満感がある者

半夏瀉心湯

平胃散
  1. 気管支喘息
  2. 心臓喘息
  3. 食べ過ぎて起きる喘息。《龍野ー漢方処方集》

防風通聖散

麻黄附子細辛湯
  1. 小青竜湯を用いるような喘息で、気力が無く、脈が沈んで小さく、寒がる者に良い。《大塚敬節》

麻黄湯
  1. 高熱悪寒があるにもかかわらず、自然の発汗が無く、身体や関節が痛も者。あるいは咳嗽や喘鳴がある者
  2. 喘息には、証により半夏、生姜を加う。《奥田謙蔵》
  3. 哮喘、痰潮して声出でず、擡肩吐し、臥すこと得ず、悪寒、発熱し、冷汗油の如き者を治す。「生姜半夏湯」を合して之を用いれば、たちどころに効有り。《類聚方広義》

麻杏甘石湯
  1. 咳嗽激しく、発作時に頭部に発汗して喘鳴を伴い、咽喉がかわく者

麻杏薏甘湯
  1. 病者、一身黄腫して喘咳し、その人舌和して渇せざる者は、麻杏薏甘湯を与えるべし。《医聖方格》

木防已湯
  1. 心臓性喘息、呼吸困難、起座呼吸
  2. 緩解期に連用することで、発作を予防する。
  3. みずおち硬く、呼吸促迫してゼイゼイ、むくみがある者

六君子湯

苓桂朮甘湯
  1. 没食子」《華岡青州》
  2. 喘家、妄吐すべからず「苓桂朮甘湯+蘇子・杏仁・人参」《先哲医話》
  3. 哮喘、寒冷によるものは「柴胡鼈甲湯」《外台秘要方》、「延年半夏湯」を与え、その澼飲を駆除し、後、「苓桂朮甘湯没食子」を散服せしむれば、喘気大いに収む。《橘窓書影》

苓甘姜味辛夏仁湯
  1. 貧血冷え症で、喘鳴を伴う喀痰の多い者
  2. 痩せて血色悪く、発作のないときでも階段を昇ったりすると息が切 れ、腹部に力なく、冷え症で気力が衰えている者
  3. 41歳女性。
    患者は喘息の痼疾で、このため7年前より惨憺たる闘病の経験を有している。東京の承認の細君であるが、東京の有名な病院はほとんど片っ端から回って治療を受けたがどうしても治らない。鍼灸、加持祈祷など人の良いというものは何でもやってみたと云う。
    患者はやつれて、年中喘鳴がとれず、発作時には冷汗淋漓と流れ、ほとんど夢中になる位苦しむという。食欲は比較的あるが少し多食すると直ちに発作が起こるので食物は極端に少量にしている。従って栄養は頗る不良である。顔面、下腹部、上腿に軽度の浮腫がある。両便ともに不利、四肢端が自覚的に熱感ありて、為に衣服は気候に比して甚だしく薄着をしている。体温は36℃位で発熱はない。頗る渇あり。舌苔白色厚く臭気がある。唾液が常に口から出る。胸部は前後面共に広範囲に大小水疱音を多数に聴取する。左肩強ばり且つ左側腹直筋攣急あり、臍下及び左右両側下腹部に圧痛ある抵抗物を触れ、なお右側の肋骨弓下抵抗強く圧痛あり、心窩部膨満感強く且つ圧痛を訴える。ほとんど一日中跪坐したままで横臥することが出来ない。苦痛のため睡眠は充分とれず眠いので坐ったまま昼も夜もうとうとしているという。
    なお付記すべきは、分娩3回。3児ともに健康、月経は正調であったそうであるが、2年前閉止したという。またワッセルマン反応は陰性であった。
    そこで即効の現れるや否やを論ぜず必ず1ヶ月間服薬することを約して治療にかかった。
    先ず喘息の方面から第1に考えるのは麻杏甘石湯の証である。また腹証の方から大柴胡湯の証もあるし、大黄牡丹皮湯或いは桃核承気湯の証もあるように思われる。尚考えれば他にも今直ちに決しかねる疑問が多数存在するが、先ず当面の苦痛から手をつけ余はその治療的結果を待つほかはない。
    そこで第1に麻杏甘石湯に大柴胡湯を兼用せしむることにした。ところが喘息の方は非常に成績が良くて今までにない軽快を感ずると云ってきた。私も大いに乗り気になったが、然し尿利便通とも従 前とほとんど動揺に不利で、腹満および下腹部と上腿との浮腫は漸次増加してくるのである。その内に喘息の方は以前に比較すればほとんど全快したと云っても宜しい程だと患者が云う位になったが、浮腫の方は益々悪くなってきた。そこで麻杏甘石湯の方は一時中止にして、木防已湯+茯苓に桃核承気湯を兼用してみた。然し尿利も便通も以前としていささかの変化も見ない。患者は尿利の少ないことよりも便通が無く腹満することの苦痛を頻りに訴えるので、腹証から大黄牡丹皮湯も使って見た。然し尿利便通は少しの変化も無く浮腫は増加する一方である。この間、喘息の発作は軽度であるが時々起こるので、その時は麻黄甘草湯の如きを投ずると短時間に軽快するのであった。患者はこの頃では喘息より浮腫の方に苦しんできた。尿は濃褐色に混濁しタンパクが多量にあり、腹囲は一時95cmを算するに至った。私の方は往診する毎に患者以上の苦痛を感ずる様になったのである。そこで沈思黙考の末、苓甘姜味辛夏仁湯に大黄を加えて苓甘姜味辛夏仁黄湯として投与した。之が初診より丁度満1ヶ月であった。結果は如何と待ちかねていると2日目に使いが来て、今後の薬は大変具合が良い様だと伝えた。そこで投薬4日目に往診してみると、患者は欣々然としている。今まで一昼夜2、3回それも極めて少量であった尿が昼間7、8回、夜間少なくとも3回は便所に起きるようになり、しかも1回の排泄量が非常に多くなり、浮腫が減少したので身体が軽くなったという。計ってみると腹囲は急に78cmに減少し且つ仰臥出来るようになった。大便の回数及び量は以前とほとんど同じであるが、食事が進み以前1椀のものが2椀摂れるようになった。舌苔も消失し睡眠出来るようになった。且つ喘息発作の方も起こらないという。確かに非常に良いのである
    そこで前方を持続させるに6日後には腹囲は71cmに減じ、臍下及び左側下腹部の圧痛及び抵抗物消失、それより1週間後には腹囲さらに69cmに減少し諸症益々消退した。尿中のタンパクも消失した。患者はほとんど全快したる心地だと云ったが腹証にはなお病的なるものあり、且つ喘息の方も未だ全く安堵の域に至ったのではないので、目下根治に向け邁進しつつある。
    (和田正系「漢方と漢薬」)

苓姜朮甘湯





哮喘】(こうぜん)
  • 漢方の病証名。
  • 哮証と証が合併したもの
  • 「哮」=呼吸が気急し、痰鳴声があるもの。
  • 咳の発作時には哮と喘が一緒に現れるので哮喘と言われる《丹渓心法》
【喘家】(ぜんか)
  • =喘息の持病のある人。







<1>ベルガモット:肺の感染症
<2>カミルレ:アレルギー
<3>クラリセージ
<4>ラベンダー:肺の感染症
<5>ネロリ
<6>バラ
<7>乳香:
  1.気管支炎・カタルを併発しているとき。
  2.呼吸を深くする



<1>紫色(発作中)
<2>緋色(発作中)
<3>オレンジ色(発作中)(緩解期)
<4>レモン色(緩解期)
<5>赤紫色(緩解期)



アンバー




サバ



アカザ
アロエ:痰の切れをよくする。
ザクロ:実の皮甘草
センブリ:胸が詰まるような発作に
ヨモギ
カルシウム」「ローヤルゼリー」「スクアレン」「有機ゲルマニウムコウジン」「霊芝」
針灸のつぼ 「肺兪穴」《沢田流聞書鍼灸眞髄》
ぜんそくや百日咳に悩むとき中府、上脘、肺兪、尺沢

(特効穴)中府・霊台・尺沢
○「中脘」「巨闕」「水分」「彧中」「身柱」「風門」「膈兪」「脾兪」「腎兪」「太谿」



せき
小児喘息
気管支喘息
喘息(ぜんそく)
心臓性喘息
咳喘息
ケイレン性咳嗽

非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作










通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査