抗ヒスタミン剤



抗ヒスタミン剤
一般名 メキタジン
(持続型抗アレルギー薬)
商品名: 「アリマン」「キタゼミン」「シークナロン」「ゼスラン」「ニポラジン」「ネオスランント」「ハレムニン」「ヒスポラン」「ベナンザール」「メキタール」「メキタジン」「メキタゼノン」「メキタミン
作用機序 ★以下の化学物質と拮抗し、かつ遊離を抑える。
(ヒスタミン・ロイコトリエン・アセチルコリン・セロトニン・ブラジキニン)
★持続的な抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用が特徴。
★中枢抑制作用は弱い。
効能・用途
気管支喘息
ジンマシン
湿疹・皮膚炎
アレルギー性鼻炎



使ってはダメな者
禁忌
フェノチアジン化合物に過敏歴ある者。
緑内障。
下部尿路閉塞疾患
慎重な投与が必要 高齢者
腎障害がある者。
相互作用 ★以下の薬物との併用で相互に作用が増強する。
中枢神経抑制薬
抗ウツ薬
MAO阻害薬
アトロピン系薬
★アルコール摂取で相互に作用が増強する。
★メトキサレンとの併用で光線過敏症が起きる。



妊婦への影響 ★投与しないことが望ましい。
★授乳を中止する
服薬指導 眠気→自動車の運転などを避ける。





ゼスランの副作用(五十音順)
  1. 胃痛
  2. 胃部不快感
  3. 咽頭痛
  4. 黄疸
  5. 嘔吐
  6. 顔面紅潮
  7. 胸部苦悶感
  8. 月経異常
  9. 血小板減少
  10. 下痢
  11. 倦怠感
  12. 口渇
  13. 口内シビレ感
  14. 光線過敏症
  15. 視調節障害
  16. 食欲不振
  17. GOTが上昇
  18. GPTが上昇
  19. 心悸亢進
  20. 頭痛
  21. ねむけ
  22. 排尿困難
  23. 腹痛
  24. 浮腫
  25. ふらつき
  26. 便秘
  27. 発疹
  28. 味覚異常
  29. めまい




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス