ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


ずいまくえん
髄膜炎



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





無菌性髄膜炎

髄液
広告




髄膜炎の漢方薬
黄連解毒湯

犀角地黄湯

清営湯  

清瘟敗毒散

当帰四逆加呉茱萸生姜湯






髄膜炎
(脳脊髄膜炎)

⇒普通は、急性の軟髄膜の炎症を意味する

  • <1>化膿性髄膜炎
    <2>流行性髄膜炎
    <3>結核性髄膜炎
    <4>無菌性髄膜炎
    (aseptic meningitis)
    がある。


(要注意の医薬品)


髄膜炎菌
  • 髄膜炎は、脳や脊髄を覆う髄膜に細菌やウイルスが入り込んで、炎症が起きる。
    2011年、宮崎県で髄膜炎の集団感染が発生。死亡した高校生の血液から髄膜炎菌感染の目印となる抗原が検出され、菌が原因となった髄膜炎を発症したとみられる。
  • 侵襲性髄膜炎菌感染症(AMD)



髄膜炎になると
  • @ 発熱、頭痛、嘔吐などの症状が出る
    A 首のうしろが硬くなって曲がりにくくなる

  • 髄膜炎菌は人の鼻やノドでしか生存できない。

  • 髄膜炎菌やHib(ヘモフィルスインフルエンザ菌)、肺炎球菌などの細菌が原因の場合はウイルスによる髄膜炎にくらべて重症化しやすい。
    1. 菌が鼻・ノドに入る・・・・・・健康な保菌者
    2. 菌が血液中に入る・・・・・・発熱・全身がだるい
    3. 菌が血中で増える・・・・・・敗血症に
    4. 菌が髄膜に到る・・・・・・・・髄膜炎に

Hibによる髄膜炎・・・・・5歳未満の8人/10万人

肺炎球菌の髄膜炎・・・5歳未満の3人/10万人





細菌性髄膜炎
細菌性髄膜炎は
  • 脳と脊髄を覆っている髄膜に炎症が起きる感染症で、
  • 症状として発熱・頭痛などが現れる。
  • 他の感染症と見分けにくい。

  • 首筋が硬くなることがある。

  • 治療は抗生物質を約2週間投与する。
    髄膜炎にはウイルスが原因となるものもある



インフルエンザ菌b型(Hib)
・・・が細菌性髄膜炎の主要菌。


Hibは常在菌でノドや鼻の奥にいる。

通常は自然に抗体ができているため病気の原因にならない。
ところが、カゼを引いたりして、ノドに炎症が起きると血中の血漿がしみ出てくる。

インフルエンザウイルスとは異なる。
    • 細菌性髄膜炎
      (症状) 発熱
      嘔吐
      意識障害
      頭痛
      ケイレン
      首筋の硬直
      • クビの後ろが硬くなって曲がりにくくなる
      食欲低下
      (後遺症) 難聴
      手足がマヒする
      精神遅滞
      水頭症






病態/検査


蛋白 Cl







(病態)
一般細菌によって生じる髄膜炎




おもに好中球







(検査)
髄液細胞数・・・
  ・増加(著明)
  ・好中球優位
血液蛋白・・・・
  ・上昇(中等度〜著明)
髄液糖・・・・・・・著明な減少
髄液肉眼所見・・・白濁





(病態)
結核菌により生ずる髄膜炎





リンパ球

(検査)
髄液細胞数・・・
  ・増加(中等度)
  ・好中球またはリンパ球優位
髄液蛋白・・・・
  ・上昇(軽度〜中等度)
髄液糖・・・・・・減少(中等度)
髄液肉眼所見・・フィブリン析出





(病態)
真菌により生ずる髄膜炎




主にリンパ球

(検査)
髄液細胞数・・・
  ・増加(中等度)
  ・リンパ球優位
血液蛋白・・・・
  ・上昇(中等度〜著明)
髄液糖・・・減少(中等度)







(病態)
ウイルスが原因で生ずる髄膜炎






リンパ球






正常
(検査)
髄液細胞数・・・
  ・増加(中等度)
  ・リンパ球優位
髄液蛋白・・・
  ・上昇(軽度〜中等度)
血清ウイルス抗体・・・・陽性
髄液ウイルス・・・・・・・陽性




化膿性髄膜炎の抗菌薬




原因
  • アレナウイルス
    インフルエンザ菌
    エーリシア・チャフネス
    エンテロウイルス
    リケッチア
    リステリア菌
    レプトスピラ病




ワクチン・・「ヒブワクチン」
ワクチンを定期接種した国では、発症率はゼロに近い。 

Hibは学名をヘモフィルス・インフルエンザと呼ぶ細菌でインフルエンザとは全く別のものです。インフルエンザはウイルスが原因 

2007年4月、患者の親らが作る市民団体「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」は厚生労働省を訪れ、ワクチンの早期実現や定期接種化を求めた署名を提出した。→2008年、国が承認した。
フランスのメーカー1社が製造している
 

2011年、兵庫県宝塚市で細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けた2歳の男児が死亡した。 






ミドリガメで感染症
2005年3月と10月、千葉県内でミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)のサルモネラ菌によって女児が重症の感染症に罹患した事例が報告されていた。
女児2人は一時重篤な状態になったが、すでに回復している。
文部科学省は2006年3/9までに、飼育に当たる児童・生徒に注意を徹底するように都道府県教育委員会などに緊急の指示を出した。

幼稚園と小学校については「飼育を控えるべきだ」としている。
手軽で買いやすいミドリガメを育てている学校は多いとみられる。

国立感染症研究所の病原微生物検出情報によると、1人は家でミドリガメを飼育していた1歳3ヵ月の女児で、
  • 熱性ケイレンで入院。
  • 39.6℃の高熱が出て、
  • 足の硬直を起こした。
検査でサルモネラ髄膜炎と分かった。
もう1人は5歳2ヵ月の女児で、急性腸炎と敗血症を起こした。飼っていた家の水槽の水から多量の菌が検出された



ナイジェリアで流行

髄膜炎はセネガル〜エチオピアまでアフリカ大陸を横切る「髄膜炎ベルト」と呼ばれる一帯で流行が多発する。
ナイジェリアの隣国ニジェールで2015年、約1100人が死亡し、1万人が感染した。
2017年にはナイジェリアで4/17までに745人が死亡。
C型髄膜炎

2017年4月に西アフリカのリベリアで発生した正体不明の病気について、WHOは患者4人からC型髄膜炎の陽性反応があったと発表。
リベリアの保健当局が病気にかかったのは31人でうち13人が死亡したと報告。




関連情報 髄液

無菌性髄膜炎

侵襲性髄膜炎菌感染症(AMD)

感染症






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査