コンザイムQ10・キューテン・CoQ10にも3パターンがあります
(4の3)
ドクトルアウンの気になる健康情報 会員登録
トップへ戻る     «1|2|3|4»次へ
パラサイクル10のコンザイムは活性型で水溶性
補酵素 コエンザイムQ10は人の細胞中のミトコンドリアに存在する補酵素で、細胞を活性化させ人体のエネルギー生産に不可欠な成分です。
=人の身体のすべての細胞は、コエンザイムQ10を含んでいます。コエンザイムQ10は、細胞の中の発電所であるミトコンドリアに多く含まれ、エネルギーの生産に重要な役割を果たしています。しかも、加齢とともに減少していくことが知られており、栄養補給の上で最も大切な栄養素のひとつです。さらに、抗酸化物質としては、体内に存在する他の抗酸化物質とともに機能しています。
=「ユビキノン」「ユビデカレノン」
CoQ10 1957年:「米国ウィスコンシンン大学のフレデリック・クレイン教授のグループが牛の心筋のミトコンドリアから橙黄色の結晶を単離し「CoQ10」と命名しました。」
1950年代:「英国リバプール大のR・A・モートン氏らがビタミンA欠乏ラットの肝臓から新規のキノン化合物を見出して「ユビキノン」と命名。その後、CoQ10とユビキノンが同一のものと分かりました。」

1974年:日本で心筋代謝改善薬(ユビデカレノン)として製造承認されました」
→「心臓病
【作用機序】
心疾患時に低下したコエンザイムQ10を補うことで、虚血下の酸素利用効率が改善されて、低下したATP合成能が改善される。
【用法用量】1日30mgを3回に分服。
【効能効果】
基礎治療施行中の軽度〜中等度のうっ血性心不全症状。
ビタミンEの抗酸化の働きを分担する
「CoQ10が存在しないとビタミンEは100%の力を発揮できない」
老化に伴う多くの病気の治療に使われる薬が毒性を出すのを防ぐ
歯根膜の病気治療の助けとなる
歯周病の治癒にも大量のエネルギー生産が必要です。そのため、何人かの研究者は歯周病に対するコエンザイムQ10の効果について研究しています。その結果、コエンザイムQ10を補給した場合、そうでない場合と比較して良い結果が得られていますと報告されています。」
糖尿
エネルギー生産におけるコエンザイムQ10の役割は、体内の炭水化物の利用にも関係しています。ある基礎的な研究報告では、コエンザイムQ10が、糖尿病患者における血糖値の低下に密接に関係していますこと示唆しています。」
コンザイムQ10の構造式
CoQ10は細胞中のミトコンドリアに存在する補酵素。人体のエネルギー生産に不可欠な成分で、老化防止などの効果があると言われている。
CoQの主な消費地は米国だが、ほぼ全量を日本の4社が製造している。
トップへ戻ることばコンザイムQ10(その3)      <1234      次へ
トップページ病気病院ランキング検査naorunaoru.com会員サービス