ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • 悪性症候群



HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査







悪性疾患の漢方薬
小柴胡湯

遺伝の悪性病を治す:
「凡そ、悪疾を患うものは、多くは傳継(先祖から代々うけついで病気になること)に由りて、その身に之を発して詬辱(侮辱)を、祖先に及ぼすものあり。江州の一賈人、之を患う。《吉益東洞》先生に謁して診治を求む
先生之を診視す。面色紫潤、身體処処爛れ、その腹を按ずるに、両脇拘急し、心下痞硬す。まず小柴胡湯を用い、胸腹を和解して後、七寶丸をつくりて、之を飲む。半歳ばかり。諸證全く退く。」《建珠録》




悪性症候群 
悪性症状群
  1. 障害性・致死性に向かう傾向が強い
  2. 悪性である性質
  3. ガン、特に死を来す可能性のある癌


かさぶたの有無で判定


すりむいて血管が傷つくと、血中を流れる血小板が傷口に集まる。


第一段階の止血だ。

その後、「フィブリノゲン」という血中のタンパク質が傷口で水に溶けない形に変わり、カサブタとなる。


固まったタンパク質を「フィブリン」という。


ガンの中でも、がん細胞が血管を破って出血し、フィブリンが塊を作って止血する。という一連の反応を繰り返す。


特に増殖速度が速かったり、周囲の正常な細胞に広がろうとする“たちが悪いガン”でこの現象が目立つ。


立て続けに出血と止血が起こり、ガンはフィブリンの塊だらけになる。

このことは、悪性度の高い脳腫瘍や膵臓がん、乳がんなどで知られる。


一方で、数十年かけてゆっくり増殖する腫瘍(悪性度が低い腫瘍)であれば、フィブリンの塊はできない。


フィブリンの塊の有無を調べれば、すぐに治療すべきか?経過観察でよいのかが分かるかもしれない。


血液に溶けているフィブリノゲンには無く、固まったフィブリンにだけ現れる小さな竅の構造を発見。穴にくっつく抗体(タンパク質)を開発した。







関連情報 ガン

血糖値が高い

ストレス













    dokutoruaun@gmail.com 
draun 
ツムラ番号
治るコム
よく使う漢方薬
ブログ
漢方薬(症状)
呼吸
針灸
自殺
音楽療法
突然死
栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved